BSD libc

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
BSD libc
初版 1994年6月
リポジトリ https://svn.freebsd.org/base/head/lib/libc/,
cvs://anoncvs@anoncvs.NetBSD.org:/cvsroot/src/lib/libc,
http://cvsweb.netbsd.org/bsdweb.cgi/src/lib/libc/?only_with_tag=MAIN,
cvs://anoncvs@anoncvs.ca.openbsd.org:/cvs/lib/libc/,
http://cvsweb.openbsd.org/cgi-bin/cvsweb/src/lib/libc/,
http://gitweb.dragonflybsd.org/dragonfly.git/tree/refs/heads/master:/lib/libc
プログラミング言語 C言語
対応OS Unix系
サポート状況 開発中
種別 標準Cライブラリ
ライセンス BSDライセンス
テンプレートを表示

BSD libcFreeBSDNetBSDOpenBSD などの BSDオペレーティングシステムで使われている標準Cライブラリの実装。1994年6月の4.4BSDで初めて登場した。ISOPOSIX では規定されていない拡張を含む。

拡張の一例:

参考文献[編集]

  1. ^ tree”. Man.freebsd.org (2007年12月27日). 2013年8月25日閲覧。
  2. ^ queue”. Man.freebsd.org (2011年5月13日). 2013年8月25日閲覧。
  3. ^ fgetln”. Man.freebsd.org (1994年4月19日). 2013年8月25日閲覧。
  4. ^ fts”. Man.freebsd.org (2012年3月18日). 2013年8月25日閲覧。
  5. ^ db”. Man.freebsd.org (2010年9月10日). 2013年8月25日閲覧。
  6. ^ strlcat”. Man.freebsd.org (1998年6月22日). 2013年8月25日閲覧。
  7. ^ strlcpy”. Man.freebsd.org (1998年6月22日). 2013年8月25日閲覧。
  8. ^ err”. Man.freebsd.org (2012年3月29日). 2013年8月25日閲覧。
  9. ^ vis(3)”. Man.FreeBSD.org. 2013年9月14日閲覧。

外部リンク[編集]