U1 (携帯電話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
BRAVIA Phone U1から転送)
移動先: 案内検索
au BRAVIA Phone U1
(SOY02)
キャリア au
製造 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ
発売日 2009年12月1日
概要
OS KCP+(統括用OS)
CPU Qualcomm MSM7500
600MHz
音声通信方式 CDMA 1X WIN
(CDMA2000 1xMC)
(3G:800MHz/2GHz/新800MHz)
データ通信方式 CDMA 1X WIN
(EV-DO Rev.A)
(Packet WIN)
形状 2軸折りたたみ式
サイズ 111 × 50 × 16.7[1] mm
質量 141 g
連続通話時間 国内:約240分
連続待受時間 国内:約260時間
(移動と静止の組合せ)
充電時間 約150分
(ACアダプタ使用時)
外部メモリ microSD
(2GB・KDDI公表)
microSDHC
(16GB・KDDI公表)
日本語入力 POBox Pro 3.0E
iWnn
FeliCa 対応
赤外線通信機能 あり
(IrDA)
Bluetooth 対応
放送受信機能 ワンセグ対応
備考 1. USBケーブル(試供品)および充電用卓上ホルダ、2GBのmicroSDカード(試供品)が付属
2. LISMO Playerは2009年モデル以降の一部のBluetoothに対応したトヨタ純正カーナビとの連携機能にも対応
3. ワンセグ受信用アンテナは端末本体に内蔵
4. 電池パックはW64S用と共通
5. SAR値:0.402W/Kg
メインディスプレイ
方式 透過型微反射TFT液晶ディスプレイ
解像度 ワイドVGA+
(480×854ドット
サイズ 3.0インチ
表示色数 約26万色
サブディスプレイ
方式 有機EL
解像度
サイズ 1.1インチ
表示色数 1色
メインカメラ
画素数・方式 514万画素CMOS
機能 AF
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
サファイアブラック
レッド
ゴールド
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

BRAVIA Phone U1(ブラビアフォン ユーワン)は、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(現:ソニーモバイルコミュニケーションズ)が日本国内向けに開発した、auブランドを展開するKDDIおよび沖縄セルラー電話CDMA 1X WIN対応携帯電話である。製造型番はSOY02(エスオーワイ ゼロニー)。


概要[編集]

  • 同キャリア向けの携帯電話としては初めて、また、同社製端末としては2008年NTTドコモ向けに発売した「SO906i」以来の「BRAVIA」の名を冠した機種にあたる。
  • なお、同キャリア向けの携帯電話としては初めて、更に同社製端末としては2006年NTTドコモ向けに発売した「SO902iWP+」以来の防水性能(IPX5/IPX7等級)を備えた端末になる。


沿革[編集]

主な機能・対応サービス[編集]

  • 防水機能(IPX5/IPX7等級)
  • 「お出かけ転送」対応(一部のソニーBlu-ray Discレコーダーで録画した番組を本機に転送できる機能)
主な対応サービス
au LISTEN MOBILE SERVICE
(EZ「着うたフル」)
(EZ「着うたフルプラス」)
(LISMOビデオクリップ)
(LISMO Video)
(LISMO Book)
EZケータイアレンジ バーコードリーダー&メーカー PCサイトビューアー
au BOX ワイヤレスミュージック
(端末本体からのボリュームコントロールおよびカーナビ×LISMO![2]に対応)
au Smart Sports
Run & Walk
Karada Manager
カロリーカウンター
EZナビウォーク
EZ助手席ナビ 安心ナビ 災害時ナビ ナカチェン
EZアプリ FullGame!
Bluetooth対戦
(複数対戦モード対応)
EZアプリ (BREW) オープンアプリプレイヤー PCドキュメントビューアー
アレンジメニュー au oneガジェット
マルチプレイウィンドウ[3]
クイックアクセスメニュー
じぶん銀行アプリ EZ・FM
EZチャンネル
EZチャンネルプラス
EZニュースフラッシュ
EZニュースEX
Touch Message EZFeliCa ケータイ de PCメール
デコレーションメール デコレーションアニメ au one メール 緊急通報位置通知
EZテレビ(ワンセグ) グローバルパスポート
(CDMA)
赤外線通信
(IrDA)
無線LAN機能
(Wi-Fi WIN)
Bluetooth
auフェムトセル
(別途、ケータイアップデートにて対応)

不具合および新機能の追加[編集]

2010年1月8日に以下の不具合の修正がケータイアップデートにより行われた。[4]

  • 本体を開いた際、ディスプレイが正しく表示されない場合がある。

2010年6月24日に以下の新機能の追加がケータイアップデートにより行われた。[5]

  • 宅内用小型基地局「auフェムトセル」に対応した。

関連項目[編集]

  • BRAVIA
  • BRAVIA Phone
  • S004 - 後継のBRAVIA Phone
  • S007 - 後継の二軸型機種。
  • URBANO BARONE(SOY03) - 実質的な兄弟機種
  • W64S - BRAVIA Phone U1のデザインコンセプトの手本となった機種
  • 小栗旬 - CMイメージキャラクター。また彼が出演しているドラマ「東京DOGS」でもこの携帯が使われている。
  • G-BOOK mX

外部リンク[編集]

[編集]

  1. ^ 最厚部は約19.9mm
  2. ^ Bluetoothに対応した2009年モデル以降の一部のトヨタ純正カーナビ(2009年モデルでの例・NHZA-W59G、NSDT-W59)が必要。
  3. ^ ただし2画面同時表示には非対応。
  4. ^ ケータイアップデートのお知らせ KDDI 2009年1月8日
  5. ^ ケータイアップデートのお知らせKDDI 2010年6月24日