ケンタウルス座V886星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
BPM 37093から転送)
移動先: 案内検索
ケンタウルス座V886星
V886 Centauri
星座 ケンタウルス座
視等級 (V) +14.0[1]
変光星型 DAVくじら座ZZ型)[2]
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 12h 38m 49.93s[1]
赤緯 (Dec, δ) 49° 48′ 01.2″[1]
視線速度 (Rv) -12 km/s[2]
固有運動 (μ) 赤経: -557 ± 24 ミリ秒/
赤緯: -94 ± 22 ミリ秒/年
年周視差 (π) 61.0 ± 9.4 ミリ秒[3]
距離 約53 光年
(約16 パーセク
物理的性質
質量 1.10 M[4]
光度 0.001 L[3]
表面温度 11730 ± 350 K[5]
色指数 (B-V) +0.18
別名称
別名称
WG 22, BPM 37093, WD 1236-495
Template (ノート 解説) ■Project

ケンタウルス座V886星は、白色矮星変光星で、水素の大気を持ち、質量は太陽の約1.1倍と非常に大きい。地球からは、ケンタウルス座の方向に約50光年離れている。脈動しており、そのため地球から見た明るさが変化する[4][1]。他の白色矮星のように、この星は主にヘリウムからトリプルアルファ反応で形成された炭素酸素から構成されていると考えられている[6]

1960年代に、白色矮星の温度が下がると、中心部から結晶化を始めることが予想された[7]。この時恒星が脈動していると、脈動を観測することで構造についての情報が得られる。この星の脈動は1992年に初めて観測され[8]、1995年に結晶化理論の検証に使えることが指摘された[9]。そして2004年にハーバード・スミソニアン天体物理学センターのトラヴィス・メトカーフらのチームが観測結果に基づいて、この星の質量の90%が結晶化していると推測した[7][10][11][4]。他の研究では32%から82%と推測しているものもある[5]。これらの推測は全て5×1029kg以上の結晶化物質があることを示している。

白色矮星の結晶構造は、体心立方格子状に結晶化した炭素と酸素が自由電子の海に囲まれている状態と考えられる[12]ダイヤモンドも炭素の結晶構造であるため、この星はビートルズの曲『ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ』にちなんで「ルーシー」というニックネームで呼ばれている[10]

出典[編集]

  1. ^ a b c d BPM 37093, query result in SIMBAD. Accessed on line April 1, 2008.
  2. ^ a b A Catalog of Spectroscopically Identified White Dwarfs, George P. McCook and Edward M. Sion, Astrophysical Journal Supplement 121, #1 (March 1999), pp. 1–130. CDS ID III/210.
  3. ^ a b Photometric and Spectroscopic Analysis of Cool White Dwarfs with Trigonometric Parallax Measurements, P. Bergeron, S. K. Leggett, María Teresa Ruiz, Astrophysical Journal Supplement 133, #2 (April 2001), pp. 413–449. Bibcode2001ApJS..133..413B
  4. ^ a b c Whole Earth Telescope observations of BPM 37093: a seismological test of crystallization theory in white dwarfs, A. Kanaan, A. Nitta, D. E. Winget, S. O. Kepler, M. H. Montgomery, T. S. Metcalfe, et al., Astronomy and Astrophysics 432, #1 (March 2005), pp. 219–224. Bibcode2005A&A...432..219K doi:10.1051/0004-6361:20041125.
  5. ^ a b P. Brassard, G. Fontaine, Asteroseismology of the Crystallized ZZ Ceti Star BPM 37093: A Different View, Astrophysical Journal 622, #1, pp. 572–576. Bibcode2005ApJ...622..572B
  6. ^ Late stages of evolution for low-mass stars, Michael Richmond, lecture notes, Physics 230, Rochester Institute of Technology, accessed online May 3, 2007.
  7. ^ a b Testing White Dwarf Crystallization Theory with Asteroseismology of the Massive Pulsating DA Star BPM 37093, T. S. Metcalfe, M. H. Montgomery, and A. Kanaan, Astrophysical Journal 605, #2 (April 2004), pp. L133–L136. Bibcode2004ApJ...605L.133M
  8. ^ The discovery of a new DAV star using IUE temperature determination, A. Kanaan, S. O. Kepler, O. Giovannini, and M. Diaz, Astrophysical Journal Letters 390, #2 (May 10, 1992), pp. L89–L91. Bibcode1992ApJ...390L..89K
  9. ^ The Status of White Dwarf Asteroseismology and a Glimpse of the Road Ahead, D. E. Winget, Baltic Astronomy 4 (1995), pp. 129–136. Bibcode1995BaltA...4..129W
  10. ^ a b BBC News: Diamond star thrills astronomers
  11. ^ This Valentine's Day, Give The Woman Who Has Everything The Galaxy's Largest Diamond”. Harvard-Smithsonian Center for Astrophysics (2004年2月13日). 2016年12月9日閲覧。
  12. ^ Crystallization of carbon-oxygen mixtures in white dwarfs, J. L. Barrat, J. P. Hansen, and R. Mochkovitch, Astronomy and Astrophysics 199, #1–2 (June 1988), pp. L15–L18. Bibcode1988A&A...199L..15B

外部リンク[編集]