BMW 132

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BMW 132E

BMW 132ナチス・ドイツBMW社で1933年から製造されていた航空機用9シリンダー空冷星型エンジンである。アメリカプラット&ホイットニー社からライセンスを買い取ったR-1690 ホーネットエンジンの発展型として開発された。

概要[編集]

1928年1月にBMWはプラット&ホイットニーからR-1690 ホーネットのライセンスを買い取り、短い間それをBMW ホーネットとして設計変更なしに生産していた。しかしすぐにホーネットの改良を開始し、1933年にはその発展型としてBMW 132をリリースした。同エンジンには様々な派生型が生まれ、例えば民間向けにはキャブレターを装備したものが、ドイツ軍向けには燃料噴射装置を装備したものが生産された。派生型によってスペックは異なるが、排気量は27.7Lで出力は最大のものが1200hpまで発揮できた。

本エンジンは輸送機によく搭載され、特にJu 52ではほぼ全ての派生型を通じて本エンジンが採用されていた。また、1930年代の民間航空機用エンジンとして重要な役割を果たし、いくつかの試作機・記録機のエンジンとしても活躍した。特に1938年8月10日に24時間57分でベルリンニューヨーク間の無着陸飛行に初めて成功したFw 200 S-1に搭載されていたことで知られている。

諸元 (BMW 132N)[編集]

航空機星型9気筒エンジン
BMW 132コンロッドセット。星型エンジンではこの写真の例に見られるように、一本のマスターコンロッドとリンクロッドからなるセットが一般的である。
  • タイプ:空冷星型9シリンダー
  • ボア×ストローク:155.5 mm × 162 mm
  • 排気量:27.7 L
  • 全長:1,256 mm
  • 直径:1,372 mm
  • 重量:525 kg
  • 過給機:機械式1速
  • 燃料供給方式:直接噴射 (*派生型によってはキャブレター)
  • 圧縮比:6.93
  • 出力:
865 hp @ 0 m
960 hp / 2,450 rpm @ 3000 m
  • 出力重量比:1.83 hp/kg
  • 燃費:0.24 kg/(hp·h)

主な搭載機[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • en:BMW 132 本頁は左記頁の日本語訳である。

外部リンク[編集]