BMC (自転車メーカー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
BMC チーム・エリート29

BMCとはスイスに本拠地を置く自転車メーカー・ブランドである。角型のチューブを多用するなど特徴的なデザインを持つ。

BMCの名称は Bigelow Mounting Company が正式名称であるが、Bicycle Manufacturing Company の名称がよく用いられる[1]

沿革[編集]

  • 1986年 - ボブ・ビゲローがラレーの代理店を設立する。
  • 1994年 - BMCの製造会社を立ち上げる。
  • 2001年 - フォナック(補聴器メーカー)のオーナー経営者のアンディ・リースが完全買収し、スイスに拠点を移す。
  • 2002年 - フォナック・ヒアリングシステムズにバイクを供給する。
  • 2007年 - BMC・レーシングチームにバイクを供給。同時にチームのメインスポンサーとなる。
  • 2011年 - BMC・レーシングチームのカデル・エヴァンスツール・ド・フランス総合優勝を果たす。
  • 2018年 - 同年を以て、BMC・レーシングチームのメインスポンサーから撤退することを発表。
  • 2019年 - チーム・ディメンションデータにバイクを供給。

技術[編集]

特徴的なデザインの1つとしてiSCと命名されているフレームが挙げられる。これは、トップチューブシートチューブの接合部よりも下にシートステーとシートチューブの接合部の位置をずらした形状をしている。これにより、シートチューブのしなりが生まれ乗り心地が良くなり、シートステーの位置が下がったことでペダリング時の反応性が良くなるとしている。

多くのメーカーが台湾企業への委託製造が進む中、ハイエンドモデルはスイスの自社工場で生産していたが、コスト面などの事情でコンセプトモデル以外は台湾工場での生産になる。

サイクルロードレース[編集]

BMCは、2002年よりサイクルロードレースチームのフォナック・ヒアリングシステムズに機材を提供していたが、2006年にエースライダーのフロイド・ランディスのドーピング違反が発覚したことでチームが解散。2007年からは、新たに創設されたBMC・レーシングチームへ機材供給をするとともに、メインスポンサーとして長きにわたりチームを支えたが、2018年を最後にBMCはチームのメインスポンサーを降板。2019年からはチーム・ディメンションデータに機材を提供している。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ What’s in a name? The story behind BMC the company, and its name.”. 2014年4月閲覧。