BLACK PACKAGE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
BLACK PACKAGE
ジャンル ゲーム
企業名 株式会社エッジ
審査 ソフ倫(1996年9月 - 2010年5月)→
CSA(2010年6月 - )
デビュー作 Get!
1996年9月13日
最新作 淫乱OL 沢渡登喜子 〜女たちの淫靡な素顔〜
2009年9月11日
公式サイト BLACK PACKAGE HOME PAGE
BLACK PACKAGE TRY
デビュー作 魔淫の宴
1998年10月23日
最新作 Gated Community
2015年6月26日
テンプレートを表示

BLACK PACKAGE(ブラックパッケージ)は、日本の企業・株式会社エッジのアダルトゲームブランドである。複数のサブブランドを持つ。

概要[編集]

ホビボックス株式会社に販売を委託しているが、2010年5月までの発売タイトルはコンテンツ・ソフト協同組合(CSA)でなくコンピューターソフトウェア倫理機構の審査を受けていた。2010年6月、CSAへ審査団体を変更すると共にCSAの審査基準に準拠した旧作のリニューアル版を順次、再発売している。

元々はゲーム業界に参入した頃の株式会社ゲオ販売のブランドで、代表作の1つである「魅惑の調書」は当時の作品である。その後、1996年に独立して有限会社エッジを設立した。製作のペースが早く、1年に複数の作品を発売することもある


事実上のKENJI氏の会社で、彼の代表作でDISCOVERYの一ブランドの時代のBLACK PACAGEから発売した「殻の中の小鳥」は秋葉原をメイドの街にしたと言われる。

KENJI氏は同時に複数の作品や会社に関与し、現在も活動中


なお、2015年以降の新作は無く、現在はBP-TRY-UNDER-COVERとして同人ベースで活動している。

開発ソフト[編集]

BLCKPACKAGEブランド
純愛系の作品が多い。
BLACK PACKAGE TRY
陵辱系専門ブランド。
ぴんく・ぽすと
Petit Pack
  • 2001年3月9日 - コンディション・ブルー
Dark Side
村上真が原画を手がけるブランド。
BP-5800
陵辱系低価格ブランド。正式なブランド名ではなく、「BLACK PACKAGE」ブランドで発売された。
BLACK PACKAGE XXX
BP-5800の後継ブランド。
  • 2007年2月9日 - 蹂躙 〜じゅうりん〜

主なスタッフ[編集]

プロデュース、メインプログラム
  • KENJI - 実質上の社長。
企画、CG
  • DONOVAN - 「BLACK PACKAGE TRY」で企画、CGをやっている。
原画
  • 大越秀武 - 「BLACK PACKAGE」のみで原画を手がけている。
  • 藤原秋久 - 「BLACK PACKAGE TRY」、「BP-5800」で原画を手がけている。
  • 村上真 - 主に「Dark Side」で原画を手がけているが、「ハーレムDAYS」では一部シナリオも手がけた。
  • 天野雨乃 - 「BLACK PACKAGE TRY」で原画を手がけている。
サブプログラム
シナリオ
  • なかぢ
  • 永沢壱朗
  • 有巻洋太
  • 楠ゆういち
  • K-TOK
  • ONE
  • 華肉ざくろ
  • 秋まさき

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]