BEAT BALL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
BEAT BALL
DA PUMPスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル avex tune
プロデュース 富樫明生
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 登場回数9回(オリコン)
DA PUMP 年表
Higher and Higher!
1999年
BEAT BALL
(2000年)
Da Best of Da Pump
2001年
テンプレートを表示

BEAT BALL』(ビート・ボール)は、日本のダンス・ボーカルグループDA PUMPの3枚目のオリジナルアルバムである。

内容[編集]

  • グループとして、シングル・アルバムを通じて初のオリコン1位を獲得。非ジャニーズの男性のみのダンス・ボーカルグループによるアルバムチャート1位は90年代以降初のことであった。
  • これまでのアルバムのようにインタールードを多く配置する形態から脱し、最初と最後のみにインスト楽曲が配置されている。
  • 初回盤はクリアボックスケース仕様。
  • タイトル中のballとはダンスパーティーのこと。

収録曲[編集]

  1. intro "BEAT BALL"
    インスト。
  2. Com'on! Be My Girl!
    11thシングル。
  3. Let's get back your love (album version)
    10thシングルのカップリングの別バージョン。
  4. Nice Vibe! (feat. BETCHIN' with m.c. A・T)
    タイトルの通りA・TJINTOMMY(富永TOMMY弘明)の3人組からなるブラックボーカルグループBETCHIN'とm.c.A・Tをフィーチャーしたダンスチューン。ライブでも人気が高い。
  5. We can't stop the music
    9thシングル。
  6. Back To Your Heart
    バックストリート・ボーイズの同名曲の日本語カバー。実質ISSAのソロ楽曲。
  7. One and Only (album version)
    11thシングルのカップリングの別バージョン。
  8. SOUL ALIVE
  9. Little Loneliness 〜しあわせの隙間〜
  10. Joy My Life
  11. TRIBE OF LOVE
  12. No Cry, No More Cry 〜What is Freedom?〜
  13. I wonder...
    10thシングル。
  14. Mo' Fight! Mo' Bright!
  15. outro "BEAT BALL"
    インスト。