Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
BBB Most-Cited Paper Awardから転送)
移動先: 案内検索
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry 
過去名 Bulletin of the Agricultural Chemical Society of Japan, Agricultural and Biological Chemistry
略称 (ISO) Biosci. Biotechnol. Biochem.
学術分野 バイオサイエンスバイオテクノロジー
言語 英語
詳細
出版社 日本農芸化学会
出版国 日本
出版歴 1924年–現在
出版間隔 月刊
インパクトファクター 1.063(2014年)
分類
ISSN 0916-8451 (印刷物用)
1347-6947 (ウェブ用)
LCCN 92659654
CODEN BBBIEJ
OCLC 25516229
外部リンク
プロジェクト:出版Portal:書物
テンプレートを表示

Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry(バイオサイエンス, バイオテクノロジー, アンド バイオケミストリー)は、日本農芸化学会が発行する査読付き学術雑誌である。1924年に、Bulletin of the Agricultural Chemical Society of Japan(日本農芸化学会紀要)として創刊され、1961年にAgricultural and Biological Chemistryと改称された[1][2] 1992年に現在の雑誌名になった。[3]

領域[編集]

Bioscience, Biotechnology, and Biochemistryは、バイオサイエンスバイオテクノロジーバイオケミストリーに関わる全てのトピックおよび分野の、オリジナルの未発表研究結果を対象としている。加えて、微生物の生産や構造に関する基礎および応用科学をカバーしている[3][4]。また、有機化学生物有機化学物理化学動物科学植物科学食品科学環境科学といった幅広い対象分野をカバーしている[3][4]

研究利用は一般的に人類の幸福のために行われる。ゆえに、研究成果は発酵化学および生化学医薬および薬剤、食品および飼料、農業の産業への移転を目指している[4]

出版遅延問題[編集]

Bioscience, Biotechnology, and Biochemistryは、2014年1月発行号より、編集出版事業を英国企業のTaylor and Francis( テイラーアンドフランシス )社へ委託することとなっていたが、委託後初めてとなるVolume 78, No.1の発行準備において、微細にわたる最終的な摺合せに時間を要し発行が遅れた。2014年4月10日より、BBBの早期公開(オンライン閲覧)、4月30日より、Volume78 No1 issueのオンライン閲覧が開始された。また、冊子体BBB Volume78 No1 issue は、2014年5月19日にシンガポールから発送された。しかしながら、2014年5月19日現在も、Volume78はPubMedに収録されていない。

その後、制作・刊行の状態は飛躍的に改善され、2015年10月現在、論文の採択からオンライン掲載までは平均して5.8週間程度となっている。また、オンライン掲載された論文は24時間以内にPubMedを含め、様々なデータベースへ収録されている。これにより、本ジャーナルの論文は掲載後すぐに世界中で内容が確認され、他の研究者に引用されるような状態となっている。

収録されているデータベース[編集]

Bioscience, Biotechnology, and Biochemistryは以下のデータベースに収録されている。

2014年のインパクトファクターは1.063である。

脚注[編集]

  1. ^ Agricultural and Biological Chemistry”. Literature / Source Database. European Virtual Institute for Speciation Analysis. 2010年8月19日閲覧。
  2. ^ Agricultural and Biological Chemistry”. Library of Congress Online Catalog. Library of Congress. 2010年8月19日閲覧。
  3. ^ a b c Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry”. Literature/Source database. European Virtual Institute for Speciation Analysis. 2010年8月19日閲覧。
  4. ^ a b c An Introduction to the Japan Society for Bioscience, Biotechnology and Agrochemistry”. Academy of Science, Fields of Research, Contributions. JSBBA (2010年8月). 2010年8月19日閲覧。

外部リンク[編集]