BAKU (アーティスト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
BAKU
別名 BATSU
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
活動期間 1989年 - 1992年
共同作業者 太田守(サポートベース
メンバー 車谷浩司ギター
谷口宗一ボーカル
加藤英幸(ドラムス
旧メンバー 阿部浩之(ベース)

BAKU(バク)は、日本ロックバンド1989年に結成され[1]1992年に解散[2]原宿におけるホコ天での活動を中心として人気を集め、3年という活動期間の中で当時のバンドブーム全盛期の主要バンドとなった[2]。代表曲は「ぞうきん」「ピーターパン」など[2]

10代の素朴な感性に満ちた歌詞と、軽快なビート、やんちゃなルックスが、同世代の女性を中心に支持されるが、同業者たちからは好まれず[独自研究?]1992年8月のメジャー・デビューから約2年で解散した。キャッチフレーズは『歌える歌』。

来歴[編集]

栃木県の高校3年生だった車谷浩司ギター)、谷口宗一ボーカル、一時期ベースも弾いていた)、加藤英幸(ドラムス)、阿部浩之(ベース)の4人によって1989年に結成。車谷・阿部と谷口・加藤のコンビが合体する形で結成された。初名はBATSUであり、アマチュアバンドコンテストの会場で改名してBAKUを名乗る。ロゴマークは胴体にハートマークが描かれたバクが用いられた。同年夏に原宿歩行者天国(いわゆる「ホコ天」)に姿を現すと同時に人気を集め、同年12月にはインディーズからミニアルバム『ぼくたちだけの天国』をリリースする。

ところがメジャーデビューが決定した矢先の1990年1月26日、ベースの阿部が交通事故で急死(享年18)。雑誌の取材を受けて帰った後の出来事だった。バンドは一時活動停止に追い込まれるが、高校卒業後の同年6月にポリスターからミニアルバム『不思議なマジック』をリリース。歌詞カード裏面には阿部への感謝と弔いの言葉が記載された(ちなみにこのアルバムのレコーディングは阿部の存命中に行われている)。またその後、追悼曲「天までとどけ」、復活の意をこめた楽曲「復活のうた」などが作成され、ポリスターよりのセカンドアルバム『ふたつめのはじまり』に収録された。メジャーデビューすると同時にライブ活動を再開。翌1991年2月にリリースしたシングル「ぞうきん」がヒットし、一躍人気バンドの仲間入りを果たす。この曲はドラマ仕立てのミュージックビデオも製作された。

このほか、シングル「ピーターパン」でミュージックステーションへの出演も果たしている。ベースは元A-JARIの太田守がサポートメンバーとして参加した。「新メンバーを入れるぐらいなら解散する」とのメンバーの意向で、最後までベースは彼が務めた。

同年には『聞こえる 〜Power of Dreams〜』『DAY AFTER』と立て続けに2枚のアルバムをリリースするなど活発な活動を見せたが、軽いノリで女の子ウケするビートポップバンドを続けていくことにメンバーが不満を感じ始め、事務所やレコード会社との軋轢もあり解散が決定する。『DAY AFTER』の発表時の音楽雑誌にはそれをにおわせる記述がある。解散発表ライブ(予定外に発表してしまった)で車谷が「キレた!」のは有名な話。また、谷口は後談で「俺もやりたい音楽がみつかって、それが他のメンバーやスタッフと違っていた」と話している。この発言を反映するように、解散後の彼らはそのキャラクターを大きく変貌させていた。1992年夏に「バクは夢を食べ続けなければならない」とのメッセージを残し解散した。解散に際してはラジオで特番も組まれファンからメッセージが寄せられた。最後のアルバム『DAY AFTER』では、ひたすら軽快だった当初と全く音楽性が変わって、政治的なメッセージを含んだとも取れる歌詞の楽曲や破滅・死をも題材にした重い楽曲もあった。ジャケットで着用した衣装も初期とはまるで異なるものであった。唯一のインスト曲も、同アルバムには収録されている。解散決定後、ベストアルバムもリリースしている。

メンバー[編集]

解散後はSpiral Life、AIRを経て、Laika Came Backとして活動。
解散後、ソロ活動を開始、また写真家としても活動。
解散後、アメリカに音楽留学。帰国後はバンド、ユニット、サポートドラマーとして活動。

旧メンバー[編集]

  • 阿部浩之 (ベース)

サポートメンバー[編集]

  • 太田守 (ベース)

作品[編集]

シングル[編集]

  • ピーターパン (1990年9月1日)
  • ぞうきん(1991年2月1日)
  • O.K!(1991年6月25日)
  • On and On(1991年11月)
  • 僕たちだけの天国(アコースティックバージョン)(1992年7月)

アルバム[編集]

  • ぼくたちだけの天国 (1989年12月5日)
  • 不思議なマジック (1990年6月1日)
  • ふたつめのはじまり (1990年10月10日)
  • 聞こえる 〜Power of Dreams〜 (1991年5月10日)オリコン3位
  • DAY AFTER (1991年12月5日)オリコン10位
  • LIVE AT BUDOKAN JUNP THE STREET 1992(1992年4月25日)
1992年1月4日、念願の武道館ライヴを完全収録した2枚組ライヴアルバム。
  • BAKU (1992年)
メンバー3人が各2曲ずつ書き下ろした3枚組ソロミニアルバム。

車谷浩司は後に一緒に組む石田小吉(現:石田ショーキチ)とのコラボレート

  • TIME AND TIDE -BAKU BEST SELECTION- (1992年9月26日)
    • 初回盤のみ写真集付属、三方背ケース。

出演[編集]

出典[編集]

  1. ^ BAKU”. BounDee by SSNW. スペースシャワーネットワーク. 2013年2月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年11月19日閲覧。
  2. ^ a b c 車谷浩司の原点、BAKUの名作10タイトル一斉配信リリース”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2011年2月18日). 2015年11月19日閲覧。