B90 (核爆弾)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
B90
タイプ 核爆弾
開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配備先 アメリカ海軍(計画)
開発・生産
開発期間 1980年代-1991年9月(開発中止)
生産数 なし
要目
核出力 最大200kt
弾頭 熱核弾頭
直径 13.3インチ
長さ 118インチ
重量 780ポンド
テンプレートを表示

B90アメリカ合衆国が開発していた核爆弾。1980年代後半に開発が行われたが、1991年に開発中止となった。

アメリカ海軍向けの核兵器であり、B57核爆弾の更新用として、航空機搭載向けに開発されていた。地上標的攻撃のみならず、核爆雷としても使用可能なものであった。そのため、信管も空中爆発、触発、遅延爆発のほか水圧にも対応したものの採用を予定していた。B90の大きさは直径13.3インチ、長さ118インチで重量は780ポンドである。核出力は最大200キロトンを計画していた。

冷戦の終結に伴い、1991年9月に他の核兵器開発計画であるW89およびW91核弾頭、AGM-131 SRAM IIおよびSRAM-T空対地ミサイルの開発中止と同時にB90の開発も中止された。B90は試作も含めて、一発も製造されていない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]