Automotrice à Grande Vitesse

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
AGV
イノトランス2008で展示されたAGV
イノトランス2008で展示されたAGV
基本情報
製造所 アルストム
製造年 2008年 -
主要諸元
軌間 1,435 mm
電気方式 交流25,000V 50Hz
(架空電車線方式)
最高運転速度 300 km/h[1]
設計最高速度 360 km/h[1]
編成重量 272 t
長さ 22,800 mm(先頭車)
17,300 mm(中間車)
2,985 mm
床面高さ 1,155 mm
主電動機 永久磁石同期電動機
制御方式 VVVFインバータIGBT
テンプレートを表示
試験走行中のAGV

AGV(アジェヴェ、フランス語: Automotrice à Grande Vitesse 『高速自走車両→高速鉄道車両』の略)はフランスアルストム社による高速電車である。TGVの次世代車両として開発され、従来のTGVの動力集中方式に対して動力分散方式を採用した。2008年に試作車が完成、2012年にイタリアのNTV社が営業運転に初投入した。

なお、AGVはアルストム社の登録商標(国際登録第740834号)である。

技術上の主眼点[編集]

TGVと同様に連接台車を採用するが、AGVはICE 3新幹線と同様の動力分散方式が採用された[1]。主電動機は2007年に鉄路走行車両の速度記録を更新したTGVのV150編成で実験された永久磁石同期電動機が採用されている[2]

設計上の最高速度は360km/hであるが、営業運転では信号設備の関係で当面250 - 300km/hに抑えられる予定である[2]

編成の最高出力は7,500kWとTGVより少ないが、動力分散方式の採用と機器類の軽量化により、出力重量比は22.6kW/トンと向上した[2]。TGVと比較して1席あたりのエネルギー消費量は30%削減、前後の動力車がないことで編成長に対する乗車人数は20%増加した[2]

採用例[編集]

NTV[編集]

NTV社のAGV

AGVの営業運転投入は、TGVを運用するフランス国鉄ではなく、イタリアのNTV社が最初の事例となった[1]

NTVは2008年1月にAGV25編成とオプション10編成の購入契約をアルストム社と締結、契約額は約7億ユーロ(約1120億円)と推定されている[3][4]。試作編成は2008年に落成し、2008年夏よりチェコヴェリム(Velim)の試験線で試運転が行われた[5]

編成は11車体12台車で、このうち5台車が動力台車、編成長は202mとなる[1]。座席はスマート、プリマ、クラブの3等級で構成される。車体色のワインレッドがイタリアの自動車フェラーリを彷彿させることから、「フェラーリ特急」とも呼ばれている[6][7]。車両形式はETR575形で、この数字はTGVのV150編成で記録された最高速度574.8km/hにちなんだものとされる[2]

「イタロ」(italo)のブランド名が採用され、トリノ - ミラノ - フィレンツェ - ローマ - ナポリ間などで2012年4月28日に営業運転を開始した[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『世界の高速列車II』240頁
  2. ^ a b c d e 『世界の高速列車II』241頁
  3. ^ 仏アルストム、次世代高速列車AGVの大型契約を受注 2008年1月15日 AFP
  4. ^ フランス:次世代高速鉄道AGVの試作車公開 2008年2月6日
  5. ^ AGV begins dynamic testing レールウェイ・ガゼット・インターナショナル 2008年6月
  6. ^ フェラーリ特急「Italo」 写真特集 時事通信社
  7. ^ 『世界の高速列車II』242頁

参考文献[編集]

  • 『世界の高速列車II』 地球の歩き方、ダイヤモンド社、2012年、240頁-245頁。ISBN 978-4-478-04279-3

関連項目[編集]

外部リンク[編集]