AutoCAD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

AutoCADオートキャド)は、オートデスク株式会社が開発する汎用のCADソフトウェア。1982年、最初のバージョンである1.0が発売された。建築・土木・機械分野をはじめとして、汎用CADとして多く利用されている。

概要[編集]

米国製の汎用の2D/3D CADでAutoCAD及びAutoCAD LTを中心に各種専用機能を備えたAutoCAD Mechaniacalなど業界向け製品がある。 データフォーマットのDWG(非公開)と中間フォーマットDXF(公開)は、多くのCADでデータ交換に利用されいてる。カスタマイズするためのAPIがAutoLISP,ObjectARX(C++),VB,.netなどと充実している。十数か国の言語に翻訳され世界中で利用されている。

AutoCADは、1982年に2D/3Dの汎用CADとして発売される。他のCADメーカーと差別化するためデータフォーマットとAPIを公開し、AutoCADをベースに専用アプリケーションの開発をサードパーティー(開発会社)に呼びかける。その結果、AutoCADをベースに様々なアプリケーションが開発され、そのアプリケーションの普及と同時にAutoCADが一緒に普及するビジネスモデルを構築。そのオープン戦略に徹したことが市場で受け入れられ1990年半ばまでには世界中で大きなマーケットシェアを獲得することになった。このCADのプラットフォームの提供に徹するという方針を、1997年のSoftdesk買収を切っ掛けに戦略を転換する。その後、多くのサードパーティーを買収することにより、業種向けの専用CADを提供するようになる。そして、現在(2015)、クラウドに向けまたその戦略を大きく転換しようとしている。

関連製品 (代表的な製品)[編集]

AutoCAD /LT 汎用 (2D)
AutoCAD Architecture 建築設計 (2D)
AutoCAD Civil 3D 土木設計 (CIM・3D)
AutoCAD Electrical 電気制御設計 (2D)
AutoCAD Map 3D GISおよびマッピング(3D)
AutoCAD Mechanical 機械設計 (2D)

互換製品[編集]

AutoCADの互換製品では、1998年にVisio社(米国)が販売したIntelliCAD98が初期の製品としては有名。その後、Visio社がマイクロソフトに買収されることによりIntelliCADがオープンソースとなる。そのオープンソースを管理する団体の会員になった企業がIntelliCADのプログラムをベースにした互換CADの製品を開発し、それが世界各国で販売されるようになる。日本では、インテリジャパン(名古屋)が2001年にIJ IntelliCADとして国産初の互換CADを発売。その後、コストエレクトロニクス(横浜)が、Cosmo IntelliCADを、サイバーデザインラボ(名古屋)が、XcellicCADというブランドで互換CADを販売した。AutoCAD互換CADは、IntelliCADをベースにしたものが主流となってきたが、IntelliCADとは異なる製品としてドイツのARES(旧FlexCAD)がある。これは、IntelliCADのプログラムを利用しないで開発された製品である。ただ、AutoCADのデータにアクセスするツールは、共にOpen Design Alliance(米国の非営利団体)が提供するTeighaを採用している。このTeighaは、AutoCADのデータを読み書きすることができるもので、AutoCAD以外のほとんどのCADメーカーに採用されている。以前は、AutoCADのデータを読み書きできるだけで互換CADという言い方をされたこともあったが、現在は、データの読み書きだけでなく、コマンドや操作性の互換性も高くないと互換CADとして言われなくなっている。2010年代になると市場の拡大と伴って各互換CAD間の競争も激しくなり、製品力も向上する。2015年現在、日本ではインテリジャパンのIJCAD、GSA(東京)のJDRAF、BricsCAD(ベルギー)、ZWCAD(中国)、Draftsight(フランス)などが入手できるが、2次元CADへの投資を抑えたい企業や個人のニーズと合い、これらの互換CADの利用も増加傾向にあるようだ。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]