attitude (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
attitude
監督 DYNAMITE TOMMY
脚本 DYNAMITE TOMMY
製作 ATTITUDE製作委員会
出演者 JOE
井上篤
仲野茂
RYO
GEORGE
DEN
屍忌蛇
大矢侑史
音楽 沢田泰司(TAIJI)
TATSU
配給 ATTITUDE製作委員会
公開 東京:2008年7月19日
大阪:2008年10月4日
名古屋:2008年11月1日
上映時間 108分
製作国 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

attitude』(アティテュード)は、2008年公開の日本映画。

概要[編集]

アナーキー、スターリン、ARB、X、BY-SEXUAL、アンジー、ニューロティカ、かまいたち、GDフリッカーズ等、日本ロック界の重要アーティストが多数実名にて出演した。監督はヴィジュアル系バンドCOLORのヴォーカルDYNAMITE TOMMY。音楽監督は元X沢田泰司(TAIJI)、音楽プロデューサーをGastunkTATSUが務める。劇中音楽ではHIDEの「ever free」がカバーされている。

撮影中に監督のDYNAMITE TOMMYが3億2000万円の詐欺容疑で逮捕されるという事件が起きている(後日嫌疑なしとして不起訴処分になる)。

ストーリー[編集]

日々の生活に行き詰まったかつてのロックスター達が、生活のために選んだ手段は「映画制作」。出演・脚本・監督・プロデュース・編集・制作……全てミュージシャンによる、ロック版・新撰組をつくることになる。映画を作った結果、彼らが見出した「ロック」とは?

ロックミュージシャン役には、本人たちが出演している。本作品のスタッフもミュージシャンであり、フィクションとノン・フィクションが入り乱れた展開となる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督・シナリオ:DYNAMITE TOMMY(COLOR)
  • プロデューサー:藤原靖弘 / THOGO / 飯嶋秀之
  • 助監督:二股満 / 吉良山健一 / 金本雅宏
  • 音楽:TAIJI(元X)
  • カメラ:大峰耕太 / SONE / 藤田秀紀 / 船本賢悟
  • 音声:小林武士 / 古茂田耕吉 / 斉藤冬彦

外部リンク[編集]