arch

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

arch(アーク)は、バージョン管理システムである。ただし、archと書いた場合には、特定のコマンドを指すものではなく、archのプロトコルに沿ったリポジトリ(アーカイブ)操作を行えるツールの総称として扱われている。設計および主な実装はTom Lordが行った。

archの種類[編集]

現在使われている主なarchの実装としては、

などがある。

archの動作[編集]

archはCVSSubversionと同様にバージョンを管理する場所(リポジトリ)を持ち、それをアーカイブと呼ぶが、CVSやSubversionと異なり、集中させる必要がない。必要であれば、他人のアーカイブを分岐させたローカルのアーカイブを作成し、開発に利用することができる。後になって、分岐したアーカイブでの成果を取り込む(マージ)必要があれば、それを行うための補助機能が用意されている。

archでの主な操作[編集]

GNU arch(tlaコマンド)での操作例を以下にあげる。

アーカイブの作成[編集]

$ tla make-archive foo@bar.net--2004 /home/foo/{archives}/2004

これにより、アーカイブfoo@bar.net--2004が作成され、データの実体が/home/foo/{archives}/2004に配置される。例はローカルファイルであるが、それ以外にWebDAVSSH (SFTP)、FTP越しに置くことも可能となっている。

アーカイブに置かれたデータの参照[編集]

$ tla categories -A foo@bar.net--2004
$ tla branches -A foo@bar.net--2004 libA
$ tla versions -A foo@bar.net--2004 libA--main
$ tla revisions -A foo@bar.net--2004 libA--main--X.Y.Z

データにはカテゴリ名、ブランチ名、バージョン名、リビジョン名の4つが通常要求されるため、それぞれを確認するためのコマンドが用意されている。

アーカイブからデータを取得する[編集]

libA--mainブランチの最新版を取得

$ tla get -A foo@bar.net--2004 libA--main

libA--main--X.Y.Zの最新リビジョンを取得

$ tla get -A foo@bar.net--2004 libA--main--X.Y.Z

libA--main--X.Y.Z--patch-nリビジョンを取得

$ tla get -A foo@bar.net--2004 libA--main--X.Y.Z--patch-n

編集したアーカイブを登録する[編集]

ログを作成

$ tla make-log

登録

$ tla commit

ローカルコピーを最新版に更新する[編集]

ローカルの修正を考慮して試みる

$ tla update

ローカルの修正を無視して更新

$ tla replay

変更記録 (ChangeLog) を作成[編集]

$ tla changelog