Annals of the Association of American Geographers

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Annals of the Association of American Geographers 
略称 (ISO) Ann. Assoc. Am. Geogr.
学術分野 地理学
言語 英語
詳細
出版社 ラウトレッジアメリカ地理学会(AAG)
出版歴 1911年 - 現在
出版間隔 隔月刊
インパクトファクター 2.088(2013年)
分類
ISSN 0004-5608 (印刷物用)
1467-8306 (ウェブ用)
OCLC 1514553
外部リンク
プロジェクト:出版Portal:書物
テンプレートを表示

Annals of the Association of American Geographers(アナールズ・オブ・ザ・アソシエーション・オブ・アメリカン・ジオグラファーズ、アメリカ地理学会年報)は、査読のある隔月刊の地理学学術雑誌。略称はAnn. Assoc. Am. Geogr.またはAAAGアメリカ地理学会(AAG)発足から7年後の1911年[1]ラウトレッジがAAGに代わって創刊した。AAGはこのほかにThe Professional Geographer英語版を公式に刊行している[2]The Professional Geographerは、AAAGに掲載されるような重厚な論文の前段階となるような短報やディスカッションなどを掲載する[3]

アメリカ合衆国を代表する地理学の学術雑誌であり、アメリカ地理学協会(AGS)の刊行するGeographical Reviewと双璧を成す[4]Geograpical Reviewが比較的自由な編集方針を取るのに対して、AAAGは「正統派」の雑誌である[1]Journal Citation Reportsによれば、2013年のインパクトファクターは2.088であり、カテゴリー「地理学」に含まれる76誌のうち第9位であった[5]2005年 - 2009年の平均インパクトファクターは5.02で地理学の雑誌としては第5位であった[6]。人文地理学系主要8誌からの1論文あたりの平均引用数は8.08であり、主要雑誌間で相互に活発に引用されている[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b 野澤(1999):667ページ
  2. ^ 野澤(1999):667 - 668ページ
  3. ^ 野澤(1999):668ページ
  4. ^ 野澤(1999):663 - 664ページ
  5. ^ “Journals Ranked by Impact: Geography”. 2013 Journal Citation Reports. Web of Science (Science ed.). Thomson Reuters. (2014). 
  6. ^ 梶田(2014):439ページ
  7. ^ 梶田(2014):432 - 433ページ

参考文献[編集]

  • 梶田真(2014)"地理学において「純粋理論」と「実践・応用」とは乖離しているのだろうか―1970年代以降のアメリカを中心とする応用地理学の展開を糸口として―"人文地理(人文地理学会).66(5):423-442.
  • 野澤秀樹(1999)"地理学発展の鏡としての地理学雑誌"地學雜誌(東京地学協会108(6):663-672.

外部リンク[編集]