Anker (エレクトロニクス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Anker
AnkerJapanLogo2018.png
種類 本社
設立 2011年 6月; 6 年前 (2011-07)
業種 エレクトロニクス
事業内容
関係する人物 スティーブン・ヤン
外部リンク anker.com
テンプレートを表示

Anker(アンカー)は、モバイルバッテリーや急速充電器などのスマートフォン・タブレット関連製品の開発、販売を行うハードウェア・ブランド。Google検索でエンジニアとして働いていたスティーブン・ヤンを中心に、Google出身の数名の若者達によって2011年に設立された[1]

Ankerの製品は主にAmazonマーケットプレイスや各国のECサイトを通じて、アメリカ・日本・イギリス・ドイツをはじめとした欧州各国・アジア各国で販売されている。ブランド名の「Anker」は、ドイツ語の「Anchor」に因んで名づけられた。

日本での製品販売、カスタマーサポ―トならびマーケティング等は、2013年1月に井戸義経によって設立された「アンカー・ジャパン株式会社(日本法人)」が担っている。姉妹ブランドとして、日本では家電ブランド「Eufy(ユーフィ)」とスマートオーディオ ブランド「Zolo(ゾロ)」も展開されている。

歴史[編集]

上級ソフトウェアエンジニアとして、Googleの検索エンジンで勤務していたスティーブン・ヤンは、高品質で手頃な価格のノートパソコンの交換用バッテリーを市場に提供するために、2011年にAnkerを創業した。当時スティーブン・ヤンはカリフォルニア州に居住していたが、その後信頼の置ける製造パートナーを見つけるため、中華人民共和国深セン市移住した。2012年の初めに当時のGoogleの中国販売責任者だったDongping Zhaoが加わり、サプライチェーンの構築に一役買った[2]

携帯充電デバイスの必要性を認識したことで、Ankerはモバイルバッテリーと急速充電器に焦点を移し、手の届きやすい価格で、優れた機能性・品質・サポートを備えたスマートフォン関連製品を次々に発表、現在では同社の売上の大半を占めている。

Ankerはアメリカ合衆国日本ドイツイギリス、及び中華人民共和国で現地法人を運営しており、大韓民国クウェートサウジアラビアルーマニア等でも委託販売している。

日本では、Amazon.co.jp楽天Yahoo!ショッピングのECサイトのほか、家電量販店のビックカメラの一部店舗で「Ankerコーナー」として販売を行っている。

製品[編集]

2017年12月に発売された、Anker独自の急速充電テクノロジー「PowerIQ 2.0」搭載のAnker 「Anker PowerCore II 10000」

Ankerの最初の製品はノートパソコンの交換用バッテリーだった。2012年に同社は焦点を携帯電話の充電デバイスに移した。Ankerの充電デバイスには接続されたデバイスを自動検知し、機器毎に適した最大のスピードで急速充電を行う「PowerIQ」を採用しているほか、USB Power DeliveryやQuick Charge等の最新充電規格も使用している。なお、「PowerIQ」はAnker独自の急速充電テクノロジーで、「PowerIQ」は最大出力12W、2017年に発表された「PowerIQ 2.0」は最大出力18Wまでのすべてのデジタル機器にフルスピードで急速ができる。2015年にAnkerはAmazon.comでのモバイル充電器のリーディングブランドとして言及された[3]

同社のコア・コンピタンス以外では、Ankerは2016年9月に日本でも家電ブランドの「Eufy(ユーフィ)」を姉妹ブランドとして立ち上げ、第一弾製品としてロボット掃除機「RoboVac 20」などを発売した[4][5]

また、2017年9月1日に新規事業戦略を発表し、スマートオーディオに特化した新ブランド「Zolo(ゾロ)」の日本における展開と、Ankerグループとしてのスマートスピーカー分野への参入を発表した。

スマートオーディオブランド「Zolo(ゾロ)」は、Ankerがこれまで培ってきたバッテリー技術やオーディオ機器のノウハウと、音声AIなどの最新テクノロジーを融合させ、こだわりの音の体験を手の届きやすい価格で提供する予定で、既に完全ワイヤレスイヤホン「Zolo Liberty」、「Zolo Liberty+」が発表されている[6]

日本法人[編集]

アンカー・ジャパン株式会社
AnkerJapanLogo2018.png
種類 株式会社
本社所在地 104-0033 東京都中央区新川2-22-1 いちご新川ビル4F
設立 2013年1月
業種 エレクトロニクス
代表者 井戸 義経(いど よしつね)
資本金 1億6,000万円
外部リンク https://www.anker.com/jp/
特記事項:スローガン: Charge Fast, Live More
テンプレートを表示

Anker製品の日本におけるマーケティング、販売、カスタマーサービスは、日本法人であるアンカー・ジャパン株式会社が行っている。同社の代表取締役は、2013年1月の設立以来、井戸義経が務めている。

井戸義経は2002年に東京大学卒業後、ゴールドマン・サックス証券において顧客企業のM&Aや資本市場での調達を支援する業務や、米投資会社・TPGキャピタルにてプライベート・エクイティ投資に携わっていたが、2012年にスティーブン・ヤンと出会い、日本事業の立ち上げを自ら提案、翌2013年に日本法人を設立した。

2017年9月に発表された同社の新事業戦略によると、【進化】と【挑戦】をキーワードに、今後はモバイルライフをサポートする「Mobile Charging Company(モバイルチャージング カンパニー)」から生活のより幅広いシーンでカスタマーに力を与える「Life Empowerment Company(ライフエンパワーメント カンパニー)」への成長を目指すとのこと。

日本での事業拡大の推進と財政基盤の強化のため、同社は2017年12月22日付で資本金等を1,600万円から1億6,000万に増資した。[7]

受賞履歴[編集]

Amazonランキング大賞2017(年間ランキング)」の各部門で1位獲得。

2017年12月1日発表の「Amazonランキング大賞 2017(年間ランキング)」にて、Anker製品が【携帯電話・スマートフォン総合】、【バッテリー・充電器】、【スマホアクセサリ】、【ポータブルスピーカー】の計4部門で1位を獲得。【ポータブルスピーカー】では初のTOP3、【バッテリー・充電器】部門では4期連続でTOP3を獲得している。[8]

参考文献[編集]

  1. ^ 关于海翼 | 湖南海翼电子商务股份有限公司”. oceanwing.com.cn. 2016年11月6日閲覧。
  2. ^ Staff, Nick (2017年5月22日). “How Anker is beating Apple and Samsung at their own accessory game”. The Verge. 2017年5月22日閲覧。
  3. ^ How a Chinese startup became a top seller on Amazon.com”. internetretailer.com. 2017年5月28日閲覧。
  4. ^ Kamps, Haje Jan. “Anker launches sister brand for home automation”. TechCrunch. 2017年5月24日閲覧。
  5. ^ Ankerの新家電ブランド「eufy(ユーフィ)」、新型ロボット掃除機など第1弾製品の販売がスタート
  6. ^ 【Zolo】途切れない高音質&最大24時間の長時間再生を実現した、完全ワイヤレスイヤホン「Zolo Liberty」販売開始”. PR TIMES. 2018年1月18日閲覧。
  7. ^ 【アンカー・ジャパン】日本市場での展開強化に向け、資本を20倍に増資”. PR TIMES. 2018年1月18日閲覧。
  8. ^ Amazonランキング大賞2017(年間ランキング)」の各部門で1位獲得

外部リンク[編集]