an (雑誌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

an(アン)は、パーソルキャリア(旧・学生援護会→インテリジェンス)発行のアルバイト求人情報誌1986年に「日刊アルバイトニュース」から改題した。

概要[編集]

1967年に学生援護会が首都圏で『日刊アルバイトニュース速報』の題号で創刊した。のちに『日刊アルバイトニュース』と題号を改めて「求められる人を求める人に」のキャッチコピーによるCMなどで知名度を上げ、関西中京九州など日本全国に進出し、1986年に題号を『an』に改題する。

1990年から「デイリーan」と表記して土日を除く日刊の時期もあったが、不況と共に求人広告数が減り1994年に月曜日と木曜日の週2日発売に減少した。

インターネットの普及と共に、雑誌媒体に並行して「Web an」サイトで情報提供を開始した。

のちに雑誌媒体は、毎週月曜日に定価100円で発売する「anウィークリー」と毎週木曜日に無料配布する「anエリア」となる。2013年から有料版とフリーペーパー版を統合して誌名を「an」に改題し、2015年上半期までは東海・首都圏・関西・札幌はフリーペーパーのみ、九州はフリーペーパーと有料版の両方、をそれぞれ月曜日に発行した。2015年の9月14日に関西圏の2版、11月23日に首都圏の4版、を休刊し[1][2]、九州の福岡エリアは有料版を廃止してフリーペーパーのみとなる。2016年秋期に女性向け「Salida」を統合した。

別冊an[編集]

夏と冬に年2回発行する。夏季と冬季のリゾートバイトを中心に、農業などの求人情報も掲載する臨時号で、主に夏季はマリンリゾートや山間部を中心とした避暑地、冬季は発刊当時スキーブーム期であったため、スキーリゾート関連業種の求人を特集して掲載した。

テレビCM[編集]

1982年に蟹江敬三斉藤慶子牛の吉田君が出演したCMで、コピーライター糸井重里が手掛けた蟹江のフレーズ人間だったら良かったんだけどね~」が耳目を集め、渡辺えりが大学生の母親役で出演したドラマCM「安西クン」も好評を得た。

「デイリーan」に改題後は赤塚不二夫の代表作『天才バカボン』をCMキャラクターに起用し、バカボンパパを富田耕生、おまわりさんを千葉繁がそれぞれ声を充てた。

1990年代後半は鈴木蘭々篠原ともえなど、2012年きゃりーぱみゅぱみゅとお笑いコンビの2700バイク川崎バイク2015年はきゃりーと村上信五2016年4月は漫画ももくり、をそれぞれ起用した。

スポンサー活動[編集]

鈴鹿8時間耐久ロードレースにチームスポンサーとして参加した。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ アルバイト情報誌「an」が休刊 首都圏と関西圏の一部 - J-CASTニュース、2015年9月10日
  2. ^ 「an」フリーペーパー 一部休刊について - インテリジェンス「お知らせ」、2015年9月10日

外部リンク[編集]