ampmカウントダウンサンデー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ampmカウントダウンサンデーエーエムピーエム-)は、2000年4月9日 - 2002年3月24日まで文化放送で放送されていたラジオワイド番組である。放送時間は、毎週日曜日12時 - 16時。パーソナリティは、ラジオDJの土屋滋生と声優・ナレーターの沼尾ひろ子。コンビニエンスストアのam/pmの1社提供。

番組の概要[編集]

この番組は当時、東京都庁にあった文化放送のサテライトスタジオ「スタジオSOLA」からの公開生放送。1970年代後半から90年代前半に放送され、文化放送の人気音楽番組だった「決定!全日本歌謡選抜」の21世紀バージョンという位置づけであった。相違点は、リクエスト締め切り時間とランキング発表の時間が早い所だった。

番組は、放送中に受け付けるリスナーからの電話、FAX、メールでのリクエストを中心に、CD売上や有線放送のランキングを交え、決定した最新チャートのカウントダウンTOP30をメインに放送を進めていく。また、人気アーティストをゲストに迎えてのトークコーナーや、当時文化放送アナウンサーだった永野景子(現在は報道部記者)が、首都圏の様々なスポットから中継を行うコーナーを所々に挿んでいた。

サンデーSUPERキンキン時代から続く競馬中継のコーナーは「レースカウントダウン」と題していた。

また、年に1回、7月に「サマーソングリクエストスペシャル」と題し、スタジオSOLAからではなく、片瀬江ノ島から公開生放送を行う事もあった。

登場した主なゲスト[編集]

リスナーへのプレゼント[編集]

この番組では、番組に参加すると、リスナーにプレゼントが当たるチャンスがあった。

  • リクエストを紹介されたリスナー全員に、番組特製クリアファイル
  • 毎週指定された順位の曲にリクエストしたリスナーの中から、抽選で5名に賞金5000円
(後にampmのマスコットキャラの人形が併せてプレゼントされる様になる。また、偶数月に行われるスペシャルウィーク中の回には、当選者が10名に増えた)。
  • 偶数月に行われる文化放送スペシャルウィーク中の回では、リクエストした全てのリスナーの中から、抽選で10名に賞金1万円
  • リクエストした全てのリスナーの中から、抽選で1名にエステールのダイヤモンドリング(5万円相当)

他にも、番組にゲスト出演したアーティストのサイン入りグッズをプレゼントする事もあった。

補足[編集]

  • 2001年の秋頃、機械トラブルの為に、スタジオSOLAからの放送が、オープニングから約30分できなくなるというハプニングがあり、その間の繋ぎとして、文化放送アナウンサーの竹内靖夫が、文化放送本社スタジオから登場した事があった(これは土曜日の「くわまん・和歌子のサタ×サタ」でも起きていた)。
  • また、この番組は、スポーツ中継放送の為に放送時間が短縮されたり、放送自体が休止になる事もあった(また、当初からこの番組の休止が決まっていたにも関わらず、スポーツ中継が予定よりも早く終了した場合等は、「藤木千穂のサンデースマイル」や「太田英明のビューティフルサンデー」等の不定期特別番組を臨時で放送した事もあった)。
  • 番組末期はam/pmがスポンサーから撤退し、番組名が冠なしになり、サウンドステッカーがつぎはぎになっていた(「am/pm Countdown Sunday JOQR」の頭がカットされフェードインしていた)。

後番組[編集]

当番組終了後のこの時間帯に放送している(していた)番組

  1. 2002年4月 - 2005年3月:泉谷しげるのミュージックバトル!
  2. 2005年4月 - 2006年3月:大野勢太郎の日曜昼型ラジオ
  3. 2006年4月 - 2009年2月15日:キンキンのサンデー・ラジオ
  4. 2009年2月22日 - 2009年3月:竹内靖夫の電リク・ハローパーティー増刊号
  5. 2009年4月 - 2010年4月4日:三四六・吉井歌奈子 TOKYO CHEERS
  6. 2010年4月11日 - 2013年3月31日:グッチ裕三 日曜うまいぞぉ!
  7. 2013年4月7日 - 2014年3月30日:ピピッとサンデー Waku Waku Mix
  8. 2014年4月6日 - 2017年4月2日:押切もえのDOKI DOKI DISCOVERY
  9. 2017年4月9日 - 現在:ミスDJリクエストパレード〜8116サンデーアップ!
文化放送 日曜日昼12:00〜
前番組 番組名 次番組
ampmカウントダウンサンデー