All Nippon Entertainment Works

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
All Nippon Entertainment Works
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 ANEW
本社所在地 日本の旗 日本
105-0001
東京都港区虎ノ門4-1-17
神谷町プライムプレイス8F
設立 2011年
業種 情報通信業
代表者 サンフォード・R・クライマン、清水 久裕
資本金 11億円
外部リンク http://www.an-ew.com/
テンプレートを表示

All Nippon Entertainment Worksは、日本の映画、テレビ番組、ゲーム、玩具、キャラクター等のコンテンツをリメイクし、グローバル市場をターゲットとしたエンタテインメント作品を企画開発する会社[1]

産業革新機構が60億円を上限として出資を行うことを発表[2]

主な実写化計画作品[編集]

創立以後、何度か日本発のコンテンツ(主にマンガ・アニメ原作)のハリウッド系実写映画化を発表している。(なお、下記3作品で実際に映画化に漕ぎ着けた作品は、今のところ無い)

2012年12月 - 「ガイキング」(原典:『大空魔竜ガイキング』)

設立後初の共同開発案件として、原典を制作した東映アニメーションと、実際の映画制作に着手する(予定の)ヴァルハラ・エンタテインメントと共にハリウッド実写映画化に向け共同開発を発表した[3]

2014年7月 - 「ソウルリヴァイヴァー

同名の原典マンガを連載する雑誌『月刊ヒーローズ』を出版する会社のスポンサーである企業・フィールズ、The Bedford Falls Companyと共に、本作のハリウッド実写映画化に向けた脚本開発に着手[4]

2015年10月 - 「TIGER & BUNNY

原典の同名アニメを制作したサンライズから2015年4月に作品IPが移管されたバンダイナムコピクチャーズと共に、『アポロ13』などを監督したロン・ハワードなどが創設した映像制作会社・イマジン・エンターテインメントの共同制作によるハリウッド実写映画化を発表[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]