Alfresco

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Alfresco
開発元 Alfresco Software Inc.
最新版 商用版:Alfresco One 4.2、コミュニティ版:Alfresco Community Edition 4.2e / 2013年10月17日
プラットフォーム クロスプラットフォーム
種別 ECM
ライセンス Alfresco Oneは商用ライセンス、Alfrescoコミュニティ版はLGPL[1]
公式サイト http://www.alfresco.com/
テンプレートを表示

Alfrescoは、フリーソフトウェアかつオープンソースで、オープン標準の企業レベルの規模のコンテンツ管理システムであり、Microsoft WindowsUnix系オペレーティングシステムで動作する。高度なモジュール性とスケーラブルな性能を特徴とする。コンテンツ・リポジトリ、ポータルサイトフレームワーク、CIFSインタフェース、ウェブアプリケーションを仮想化するWebコンテンツ管理機能、Apache Tomcatによる統計サイト、Luceneによる索引、jBPMワークフローといった機能がある。AlfrescoはJavaテクノロジを使って開発されている。

歴史[編集]

Alfrescoは2005年、Documentumの創設者の一人John NewtonとBusiness Objectsの前COOであるJohn Powellが創設した。出資者としては、投資ファームSAP、Accel Partners、Mayfield Fundがある。初期スタッフとしてはDocumentumやオラクルの技術者が参加している。Alfrescoの最初の製品は文書管理を中心としたもので、2006年5月に発表された[2]。その後、Webコンテンツ管理へと発展させるために、ソフトウェア企業InterwovenからWebコンテンツ管理担当のVP、2名の技術者、ユーザインタフェースチームのメンバーを引き抜いた。2007年、Alfrescoは別のソフトウェア企業Vignetteから主任セールスエンジニアを引き抜いている。

2009年10月、2009年のオープンソースCMSマーケットシェアーレポートで、AlfrescoはJavaベースのオープンソースのウェブコンテンツ管理システムのリーダーと記された[3]

2013年、Alfrescoは新たに、Activitiという オープンソースBPM製品のスポンサーとなった。

2011年7月、AlfrescoとEphesoftはテクノロジーパートナーシップを締結したことを発表。ドキュメントキャプチャコンテンツ管理とのインターオペラビリティサービスによって、優れたPDFキャプチャー、検索および ワークフロー 開発が提供できるようになった[4]

2012年1月、Alfresco 4.0がリリースされ、ユーザインタフェースが著しく改良された。Alfrescoの新たな目的は、Alfresco ExplorerからAlfresco Shareに更なる機能を移行することであった。

2013年1月、AlfrescoはSuccessFactorsの社長、Salesforce.comの営業担当上級副社長、WebExのCEOを歴任した、Doug Dennerlineを新しいCEOに任命した。

公式サイト[5]によると、AlfrescoのソフトウェアはSourceForgeからもダウンロード可能である。

用途[編集]

文書、ウェブ、記録、画像などのエンタープライズコンテンツ管理と協調型コンテンツ開発。

機能[編集]

Alfrescoには次のような機能がある。

受賞歴[編集]

  • 2007年
  • 2006年
    • Red Herring: Red Herring 100 Europe
    • EContent: EContent 100
    • KM World: Trend-Setting Product Award
  • 2005年
    • OSBC: Emerging Elite Award

脚注[編集]

類似製品[編集]

外部リンク[編集]