コンテンツにスキップ

Adaptive Multi-Rate

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。2400:7800:8305:f300:48a6:2843:efe8:18f (会話) による 2020年5月5日 (火) 06:26個人設定で未設定ならUTC)時点の版であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

Adaptive Multi-Rate Narrow Band (AMR-NB)
拡張子.amr
MIMEタイプaudio/amr
種別Audio

Adaptive Multi-Rate(直訳では『適応多重レート』)、略称AMR (エーエムアール) は、ノキアエリクソンシーメンスが共同で開発した音声コーデック

MP3AACなどは音楽の圧縮を目的としている一方、AMRは音声に特化したもので、圧縮率は高いが音質は劣る。

1998年10月3GPPによって標準的な音声符号化方式として採用され、今ではGSMネットワークで広く利用されている。1999年には第三世代携帯電話方式の日欧標準であるW-CDMAの音声符号化方式としても採用された。

NTTドコモの携帯電話「FOMA 900i」シリーズで「着うた」として採用されているファイル形式でもある。

AMRを発展させたAMR-WB(Wideband)やAMR-WB+というコーデックが登場したことにより、呼び分けの為にAMRをAMR-NB(Narrowband)と呼ぶことがある。

関連項目

外部リンク