AccessTV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

AccessTV(アクセステレビ)は、国際通信・メディア・人材派遣事業を行っている株式会社アイ・ピー・エスが運営する、東経144度CSデジタル電気通信役務利用放送衛星役務利用放送)事業。いずれも日本語以外の放送で、フィリピンチャンネル、タイチャンネル、インドネシアチャンネルの3サービスがある。

概要[編集]

  • 東経144度の対地静止軌道に位置するスカパーJSAT保有の通信衛星SUPERBIRD Cの電気通信サービスを利用した放送。
  • アンテナは東経144度専用アンテナのほか、東経124・128度CS放送のスカパー!用アンテナの方向を変え流用することも可能。また、同種放送を行うHOP TVにも同じ設定で使用できる。但し、チューナはAccessTV専用のものが必要。
  • チューナは共通であるが、視聴契約はサービスごとにそれぞれ独立している。問い合わせ先は各サービスごとに異なり、チャンネル供給元所在地域の公用語、及び日本語での対応をしている。
  • アイ・ピー・エスは国際電話などを扱う電気通信事業者でもあり、受信料等にクレジットカード (日本)や銀行引落といった一般的な決済方法のほか、自社発行の国際電話カード「AccessPlus(アクセスプラス)」を使用した決済も可能となっている。

チャンネル供給元[編集]

フィリピンチャンネル[編集]

2005年2月に開始した、フィリピン語タガログ語)及び英語主体の放送(テレビ・ラジオ各3チャンネル)。

テレビ放送
ラジオ放送
  • DZBB
  • ラジオ・ミンダナオ・ネットワーク
  • ドリームFM

以上6チャンネルのセット契約のみ。

タイチャンネル[編集]

タイ語による放送(テレビ1チャンネル)。2005年10月開始。

インドネシアチャンネル[編集]

インドネシア語による放送(テレビ1チャンネル)。2007年4月開始。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]