AZUMA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
AZUMA
基本情報
本名 永島 梢
通称 アズマっち
階級 フェザー級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1987-10-29) 1987年10月29日(30歳)
出身地 東京都
身長 167cm
体重 60kg
スタイル オーソドックス
テンプレートを表示

AZUMA(あずま、1987年10月29日 - )は、日本の女子キックボクサー。本名は永島 梢(ながしま こずえ)。東京都出身。y-park所属。元極真会館千葉県北支部所属。現NJKF BONITA・BOXEOフェザー級王者。

女子選手としては破格のパワーを持っており、ほとんどの試合でダウンを量産。2007年12月22日には当時、1階級上のチャンピオン佐々木仁子からもダウンを奪っている(この試合は判定負け)。

来歴[編集]

2005年11月18日、極真会館千葉県北支部所属として「天空」第2回大会で18歳でデビュー。この時のリングネームは本名の永島梢であった。

2006年3月4日、「天空」第3回大会でせりと対戦し、判定負け。

2006年9月3日、y-park所属としてアマチュア大会KAMINARIMON CLIMAX '06・52kg超級でバンタムの体格ながら3戦全勝で優勝を果たした。

2006年10月29日、J-NETWORK「女祭り」で正木純子と対戦し、判定負け。この試合からリングネームを本名からAZUMAに改名した。

2007年3月7日、W.M.F. World Championship 2007に日本代表として出場しインドネシア代表に勝ち、銅メダルを獲得[1][2]

2007年12月22日、チームドラゴン主催興行「燃えろドラゴン! その壱」で1階級上のJ-GIRLSフェザー級王者佐々木仁子と対戦。1Rに右ストレートで先制のダウンを奪ったものの、ダウンを奪い返され、0-2の判定負けを喫した[3]

2008年4月25日、スマックガール最終興行で総合初挑戦もWINDY智美の猛攻の前にKO負けを喫し、試合後ダメージの大きさからリング上で嘔吐した[4]

2008年6月1日付けで所属先であるy-parkがニュージャパンキックボクシング連盟(以下NJKF)に加入した[5]

2009年3月8日、NAGOYAKICKで現J-GIRLSフェザー級王者大石綾乃と対戦し、1ラウンドにダウンを奪い3-0の判定勝ち[6]

2009年5月16日、JEWELS 3rd RING富田美里とシュートボクシングルールで対戦し、2-1の判定勝ち[7]

2009年9月27日、J-NETWORK「J-GIRLS Catch The stone〜4」で減量苦のために階級をフェザー級に上げ、WAKO・PROムエタイ世界バンタム級王者のヌシアン・ポー・プラムックと対戦し、1-1の判定ドローとなった[8][9]

2010年1月24日、初代NJKF女子フェザー級王座決定戦で成沢紀予と対戦し、二段蹴りからの左フックでKO勝ちを収め王座を獲得した。同王座はNJKF初の女子王座となった[10]

2010年8月29日、Girls S-cup 2010超弁慶とワンマッチで対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[11]

2010年11月7日、NJKF興行でメリッサ・ノートンWBCムエタイ豪州王者)とWBCムエタイルールで対戦し、3-0の判定勝ち[12]。試合後、リング上でDynamite!!出場と佐々木仁子との再戦をアピールした。

2011年1月23日、NJKF興行で行なわれたWBCムエタイ日本女子フェザー級王座決定戦で大石綾乃と対戦し、1-2の判定負けで王座獲得はならなかった[13]

2011年7月17日、NJKF興行でBONITA・BOXEOルールで大石綾乃との三度目の対戦を判定3-0で下す[14]

2011年9月11日、JEWELS興行で韓国の二冠王キム・ソンウンを2ラウンド、膝蹴りによりKO勝ち[15]

2012年3月25日、M-1興行でタイのWMC世界女子フェザー級王者サーオシン・ソー・ソピットと空位のWPMF世界女子フェザー級王座決定戦を戦い、2ラウンドにパンチでダウンを奪うも、4ラウンドに肘で切られて出血TKO敗[16]

2012年4月29日、NJKF興行でJ-girls初代フェザー級王者佐々木仁子とのリベンジ・マッチに強行出場。3-0の判定勝ちでリベンジとBONITA・BOXEOフェザー級王座の初防衛に成功する[17]

2012年9月22日、JEWELS興行で韓国のMMA王者チャン・ミジョンとの試合後にリング上で同年11月にサーオシン・ソー・ソピットとの再戦が発表された[18]

2013年11月に世界三冠王のリンジーボールからダウンを奪い判定勝ち

その後姿をみなくなる 会長からの暴力が原因で格闘技を辞めたらしい

戦績[編集]

プロキックボクシング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
チャン・ミジョン 3分3R終了 判定3-0 JEWELS 21st RING 2012年9月22日
キム・ジヨン 3分3R終了 判定3-0 JEWELS 20th RING 2012年7月21日
佐々木仁子 3分3R終了 判定3-0 ニュージャパンキックボクシング連盟「KICK TO THE FUTURE 2」【BONITA BOXEOフェザー級タイトルマッチ】 2012年4月29日
× サーオシン・ソー・ソピット 4R 0:35 TKO(肘による出血) M-1 2012年3月25日
キム・ソンヒ 1R 0:44 KO(膝蹴り) REBELS.9 2011年10月23日
キム・ソンウン 2R 0:34 KO(膝蹴り) JEWELS 16th RING 2011年9月11日
大石綾乃 3分3R終了 判定3-0 ニュージャパンキックボクシング連盟「15周年記念シリーズ NEW JAPAN BLOOD 7」 2011年7月17日
神風萸暉美 3分3R終了 判定3-0 JEWELS 13th RING 2011年5月14日
× 大石綾乃 2分5R終了 判定1-2 ニュージャパンキックボクシング連盟「15周年記念シリーズ NEW JAPAN BLOOD 1」連盟WBCムエタイ日本女子フェザー級王座決定戦】 2011年1月23日
メリッサ・ノートン 2分5R終了 判定3-0 ニュージャパンキックボクシング連盟「熱風 拾 2010年11月7日
藪下めぐみ 3分3R終了 判定3-0 ニュージャパンキックボクシング連盟「熱風 零参」 2010年3月28日
成沢紀予 2R 0:30 KO(左フック) ニュージャパンキックボクシング連盟「熱風 零壱」
【初代NJKF女子フェザー級王座決定戦】
2010年1月24日
ヌシアン・ポー・プラムック 2分3R終了 判定1-1 J-NETWORK「J-GIRLS Catch The stone〜4」 2009年9月27日
× 水野志保 2分3R+延長R終了 判定0-3 J-NETWORK「J-GIRLS Champion Festival 2009連盟J-GIRLSバンタム級王座決定1DAYトーナメント 準決勝】 2009年7月26日
大石綾乃 3分3R終了 判定3-0 NAGOYAKICK 〜BoogieFight07 Black Sunday〜 2009年3月8日
× 柏晶 2分3R終了 判定3-0 武林風 中国対世界選抜
【K-1ルール】
2009年1月17日
佐竹のぞみ 2分3R終了 判定3-0 「仙台青葉ジム創設40周年記念興行」 2008年11月24日
MANA 2分3R終了 判定3-0 ニュージャパンキックボクシング連盟「BRAVE HEART 〜START OF NEW LEGEND VIII 新しい伝説の始まり〜」 2008年7月13日
佐竹のぞみ 2分3R終了 判定3-0 J-NETWORK「J-GIRLS 白雪祭り」 2008年1月12日
× 佐々木仁子 2分3R終了 判定0-2 燃えろドラゴン! その壱 2007年12月22日
成沢紀予 1R 1:10 TKO(タオル投入) J-NETWORK「J-GIRLS 風花祭り」 2007年11月4日
三上麗子 2分3R終了 判定1-1 J-NETWORK「J-GIRLS 七夕祭り 〜NEW HEROINE COMING!!〜」 2007年7月1日
HARUMI 3R 0:52 KO(ローキック) ニュージャパンキックボクシング連盟「戦勇士」 2007年6月3日
× せり 2分3R終了 判定0-2 J-NETWORK「J-GIRLS 女祭り 2nd round」
【J-GIRLS認定初代バンタム級王座決定トーナメント 準決勝】
2007年3月31日
石井美希子 1R 0:22 KO(左フック) J-NETWORK「J-GIRLS 女祭り 開幕戦」
【J-GIRLS認定初代バンタム級王座決定トーナメント 1回戦】
2007年2月4日
× 杉貴美子 3分3R終了 判定0-3 R.I.S.E. XXXI 2006年11月26日
× 正木純子 2分3R終了 判定1-2 J-NETWORK&日本女子ボクシング協会合同興行「女祭り」 2006年10月29日
× せり 2分3R終了 判定0-2 女子キックボクシング「天空」 New Beginning 〜女の夢 全て託して舞い上がれ〜 2006年3月4日
REIKO 2分3R終了 判定3-0 天空・大和撫子の闘い 女子キックボクシング第2回大会 2005年11月18日

アマチュアキックボクシング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
青木真由美 判定2-0 KAMINARIMON CLIMAX '06【女子52kg超級】 2006年9月3日
小澤聡子 判定3-0 KAMINARIMON CLIMAX '06【女子52kg超級】 2006年9月3日
犬山智香子 判定3-0 KAMINARIMON CLIMAX '06【女子52kg超級】 2006年9月3日

シュートボクシング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
超弁慶 3分3R終了 判定3-0 SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT Girls S-cup 2010
【SBレディースマッチ】
2010年8月29日
富田美里 2分3R終了 判定2-1 JEWELS 3rd RING 2009年5月16日

散打[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 毛寧 2分3R終了 判定 武林風 第3回中日対抗戦 2009年6月27日

総合格闘技[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× WINDY智美 2R 2:08 KO(スタンドパンチ) SMACKGIRL WORLD ReMix TOURNAMENT 2008 準決勝 2008年4月25日

エピソード[編集]

  • 中学生(白帯)で出場した新極真会主催KARATE JAPAN CUP 2回戦で、西山道場小林由佳と対戦。下腹部への攻撃で減点・判定負け。
  • 女子総合選手と交流が深く、特に禅道会石岡沙織杉山しずかとは互いの試合の応援に駆け付けている[19]
  • ジムであるy-parkが距離的に通えないこともあり高校卒業後、住み込みの内弟子となる。

女子では珍しいボディーブローでダウンを奪ったり男子選手の様な動きをする選手である。 戦っているかっこいい姿と普段の彼女の姿はギャップがある選手である。(特に勝利者インタビューの時の声が可愛らしかった) 2013年11月のリンジー・ボール戦後姿を消した。 噂では会長からの暴力に耐えられずジム生と共にジムを去った。

入場テーマ曲[編集]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ W.M.F. World Championship 2007の結果 日本ムエタイ協会(WMF-J)公式サイト 2007年5月8日
  2. ^ メダルの歴史 日本ムエタイ協会(WMF-J)公式サイト 2007年4月25日
  3. ^ 【チームドラゴン】強太郎レンジャーがK-1JAPANベテランの中迫にKO勝ち!佐々木も逆転勝利 格闘技ウェブマガジンGBR 2007年12月22日
  4. ^ [スマック] 4.25 後楽園:藤井・赤野、揃って決勝へ BoutReview 2008年4月25日
  5. ^ 三好純ら所属のy-parkが6月1日付けでNJKF加入 BoutReview 2008年6月2日
  6. ^ K-1甲子園3位の日下部がKO勝利!メインの大石VSDAIはドロー 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年3月8日
  7. ^ 石岡沙織、SBルールで勝利。藤井惠と夏に対戦へ BoutReview 2009年5月20日
  8. ^ 9・27ブアカーオ妹分とAZUMAが決戦を前に意気込み 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年9月25日
  9. ^ AZUMAが女ムエタイ戦士とドロー、アトム級決勝はリトルタイガーVS山田純琴 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年9月27日
  10. ^ 【NJKF】羅紗陀が終了間際の逆転劇で前田に激勝!“俺だけの長渕剛”対決は心が勝利 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年1月24日
  11. ^ 【シュートボクシング】5Rの死闘の末、RENAが高橋藍を破りGirls S-cup二連覇を達成! 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年8月29日
  12. ^ 活性化する女子格闘技、AZUMAも「Dynamite!!出たい!」=NJKF スポーツナビ 2010年11月7日
  13. ^ 【NJKF】ムエタイの壁は高し!羅紗陀がカノンスックに3度のダウンを奪われて判定負け 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年1月23日
  14. ^ 【NJKF】大流血戦の激闘!石川直生敗れる…中須賀初防衛、大和侑也が二冠王に 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年7月17日
  15. ^ 【ジュエルス】女王・浜崎、魅津希から勝利!AZUMAは韓国王者を一蹴 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年9月11日
  16. ^ [1] 格闘技ウェブマガジンGBR 2012年3月25日
  17. ^ [2] 格闘技ウェブマガジンGBR 2012年4月29日
  18. ^ [3] 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年9月22日
  19. ^ ☆チャンピオンッ☆ 沙織のココロ☆ 2010年1月24日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
王座新設
初代NJKF BONITA・BOXEOフェザー級王者

2010年1月24日 - 現在

次王者
N/A