AT&Tパーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
AT&Tパーク
AT&T Park
AT&Tパーク
施設データ
所在地 24 Willie Mays Plaza
San Francisco, CA
94107
座標 北緯37度46分42秒
西経122度23分22秒
座標: 北緯37度46分42秒 西経122度23分22秒
起工 1997年12月11日
開場 2000年3月31日
所有者 China Basin Ballpark Corp.
グラウンド 天然芝(Sports Turf)
ダグアウト ホーム - 三塁側
ビジター - 一塁側
建設費 3億5700万ドル
設計者 Populous[1]
建設者 Huber, Hunt & Nichols, Inc.
Kajima Construction Services
旧称 パシフィック・ベル・パーク(2000年 - 2003年)
SBCパーク(2004年 - 2006年)
使用チーム • 開催試合
サンフランシスコ・ジャイアンツMLB)(2000年 - 現在)
サンフランシスコ・デイモンズ(XFL)(2001年)
エメラルドボウル(2002年 - 現在)
収容能力
41,503人
グラウンドデータ
球場規模 左翼 - 339 ft (約103.3 m)
左中間 - 364 ft (約110.9 m)
中堅 - 399 ft (約121.6 m)
右中間 - 421 ft (約128.3 m)
右翼 - 309 ft (約94.2 m)
バックネット - 48 ft (約14.6 m)
フェンス 右翼 - 25 ft (約7.6 m)
その他 - 8 ft (約2.4 m)
右翼フェンスの高さは25フィート(約7.6メートル)。下の遊歩道からフィールドを覗き込む人の姿も
巨大グラブとコーラ瓶

AT&TパークAT&T Park)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコにある野球場。旧称パシフィック・ベル・パークPacific Bell Park)、SBCパークSBC Park)。MLBサンフランシスコ・ジャイアンツが本拠地球場としている。

概要[編集]

野球専用球場として建設されたが、開場から2年目の2001年からはアメリカンフットボールサッカーなどの他競技の会場としても使用されている。特にアメリカンフットボールでは、2001年にはXFLサンフランシスコ・デーモンズの本拠地として使用され、2002年からはNCAAカレッジフットボールボウル・ゲームエメラルド・ボウル」が毎年末に開催されている。(2013年まで。2014年からはサンタクララで開催予定。)

MLBの球場では初めて、日系企業(カジマ・インターナショナル)が球場建設に本格参入した。また、住民投票の結果税金の投入が認められなかったこともあって、総工費約3億5700万ドルは地方自治体の援助なし。これはロサンゼルス・ドジャースの本拠地ドジャー・スタジアム以来38年ぶりのことだった。

フィールドの特徴[編集]

本塁から左翼まで339フィート(約103.3メートル)あるのに対し、右翼までが309フィート(約94.2メートル)しかない。そのため右翼方向のフェンスは高さ25フィート(約7.6メートル)もある。さらに右中間は最深部が420フィート(約128メートル)もあり、これは本塁から中堅までより長い。この独特の構造と高いフェンス、そして海からの向かい風が相まって、打者不利な球場であり、特に左打者には非常に不利である。ただ開場当初の文献には左のパワーヒッターには有利と紹介されたこともあり、それを裏付けるものとして、ジャイアンツの往年の左の強打者ウィリー・マッコビーは「右翼フェンスまでの距離を見たら、思わず現役復帰を考えたくなった」と発言している[2]

ジャイアンツ所属選手で、この球場が本拠地となった2000年以降、シーズン30本塁打以上を記録した選手はバリー・ボンズ(2000年〜2004年)、ジェフ・ケント(2000年、2002年)、リッチ・オーリリア(2001年)のわずか3人である(しかも40本塁打以上はボンズのみ)。左打者に至ってはボンズを除くと2010年にオーブリー・ハフが26本塁打を記録するまで2000年のJ.T.スノーが記録した19本塁打が最多であり、スイッチヒッターを含めても2006年のレイ・ダーラムが記録した26本塁打が最多である(2012年シーズン終了時点)。

本塁打パークファクターが1を超えた年は無く、打者不利であることが統計指標からも裏付けられている。

投手が投球練習をするブルペンは、ファウルゾーンに設置されている。

設備、アトラクション、演出[編集]

右翼フェンス後方がサンフランシスコ湾の入り江になっている。この入り江は、前出のウィリー・マッコビーの名を取って「マッコビー・コーブ」と名付けられた。右翼席も小さいため、場外ホームランが出るとそのほとんどが海に飛び込む。海に飛び込む特大アーチはスプラッシュ・ヒットと呼ばれており、中にはこのスプラッシュ・ヒットボール目当てに、入り江で舟に乗って待ち構えているファンもいる(特にバリー・ボンズが大リーグ新記録のシーズン73本塁打を記録した2001年には、新記録ボール目当てに多くのファンが集まった)。このスプラッシュヒットが記録されると、ライトスタンド最前列に開場時からの合計本数が電光掲示で表示されるとともに、スタンドと海の中間にある噴水が吹き出る仕組みになっている。

ボンズがスプラッシュ・ヒットを多く打っているため、他の打者でも簡単に海へ打てるように思えるが、実際には前述のとおり極めて打者不利な球場であり、右中間方向は深いため130メートル以上飛ばさないとスプラッシュ・ヒットとはならない。したがって並みの打者ではそうそう打てるものではない。ジャイアンツ公式サイトでは、スプラッシュ・ヒットを放った選手のリストが掲載され、ジャイアンツ所属選手に関してはその映像を見ることができる[3]。日本人初のスプラッシュ・ヒット達成者は福留孝介(ただし福留のスプラッシュ・ヒットは公式サイトにおいてはカウントされていない)。

右翼立ち見席兼通路の下には「ナットホール」という遊歩道があり、アーチ状のところから試合を無料観戦できる。「3回、5回、7回に他の人と交代しましょう」と書かれた看板があり、交代観戦を呼びかけている。

対する左翼席後方には、巨大なグラブコカ・コーラの瓶がある。グラブはビンテージ・スタイルで、世界最大級の大きさを誇る。サンフランシスコの対岸にある学園都市バークレーに在住の芸術家が製作した。ホームから500フィート(約152.4メートル)も離れたところにあり、未だこのグローブに収まる大ホームランを放った選手はいない。隣にあるコカ・コーラの瓶は長さ約24メートル。中は4つの滑り台になっている。

主要な出来事[編集]

脚注[編集]

  1. ^ AT&T Park architect: Populous
  2. ^ 「大リーグ夢球場への招待【32】パシフィックベル・パーク[サンフランシスコ]」『月刊メジャーリーグ』(2000年7月号)、ベースボール・マガジン社、30頁
  3. ^ The Official Site of The San Francisco Giants: Ballpark: Splash Hits(英語)
  4. ^ 宇都宮徹壱のサンフランシスコ日記 スポーツナビブログ 2006年2月9日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前本拠地:
キャンドルスティック・パーク
1960年 - 1999年
サンフランシスコ・ジャイアンツの本拠地
2000 - 現在
次本拠地:
n/a
-
先代:
PNCパーク
MLBオールスターゲーム開催場
第78回(2007年
次代:
ヤンキー・スタジアム
先代:
ドジャー・スタジアム
ワールド・ベースボール・クラシック
決勝戦開催場

第3回(2013年
次代: