ASYLUM (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ASYLUM
別名 THE CHORI3
ジャンル ポスト・パンクハードコア・パンクプログレッシブ・ロックオルタナティヴ・ロックエクスペリメンタル・ロックポジティヴ・パンク
活動期間 1985年-1988年インディーズ期)
1989年-1990年メジャー期)
1991年-1992年(再結成)
2000年-2001年(再々結成)
2006年~現在
レーベル ビクターレコード
トランスレコード
メンバー Gazelle(Voice)
HIROSHI(Guitar)
しゃあみん(Bass)
KANNO(Drum)
旧メンバー 元メンバーの項を参照。

ASYLUM(アサイラム)は、日本ロックバンド

概要[編集]

1985年にボーカルのGazelle(ガゼル)を中心に結成された。

1980年代アンダーグラウンド・シーンを駆け抜け、1989年ビクターレコードからメジャー・デビュー。数々の作品を残し、カリスマ的なポジションに位置付けられていた[1]。後のヴィジュアル系と呼ばれるバンドに影響を与えた[2]

現在のメンバー[編集]

元メンバー[編集]

バイオグラフィー[編集]

1985年
  • Gazelle(Vo.)、Chelsea(Gr.)、乱倫(Dr.)、KIBA(Ba.)というラインナップで結成された。
    直後にメンバーチェンジし、AKI(Gr.)、有賀正幸(b)、岸沢(dr)が加入した。
1986年
  • LOVELY CHAOS RECORDSより、1stソノシート『ASYLUM』をリリース。
    TRANS RECORDSから、EP『OUT IN THE STREETS』をリリース、V.A 『N.G』に参加。
1987年
  • TRANS RECORDSから、V.A 『N.G2』、『N.G LIVE』に参加。
    1stアルバム『CRYSTAL DAYS』をリリース。インディーズ・チャート1位を軒並み獲得した[1]
1988年
  • TRANS RECORDSから『NOTHIN' TO BE A FRIEND』をリリース。
    ヒロシ(Gr.)が加入し5人編成に。
1989年
1990年
  • VICTOR RECORDSより3rdアルバム 『THE PIECE OF THE FOOLS』をリリース。
    Gazelle以外のメンバーが全員脱退し、活動を休止する。
1991年
  • Gazelle(Vo.)、PILL(Dr.)、NOBORU(b.)、MIWA(Gr.)のラインナップで活動再開。
1992年
  • MIWAが脱退し、ゲストギターにZIGYAKU(JUDGEMENT)、HIROSHIを迎え、4thアルバム『BLIND EYES』リリース。
    Gazelleが脱退し、ASYLUM解散、Gazelleソロ活動がスタートする。V.A 『GALAX 4』(SSE COMMUNICATIONS)に参加。
1993年
1994年
  • Gazelleソロ活動。
1995年
  • V.A 『N.O.S』(SSE COMMUNICATIONS)参加
2000年
  • ASYLUM再結成
2001年
  • メンバー脱退に伴い、ASYLUM活動休止。
2002年
  • Gazelle(Vo.)、Ucchi(Gr.PSY-DOLL)、タチバナユウ(ex.WALT FALL)によるユニット『QUILLION SLEIGH』がデビュー。
    ゲストにリチャード・ドレイシー(Dr.)、砂漠の蘭(b.)を加え、ミニアルバム『キリオンスレイの挨拶』(千リラチラリ)をリリース。
    Gazelle初のソロアルバム『lost rabbit and clouds』リリース。
2006年
  • Gazelle(Vo.,ag,pf)、KOJI(Gr.)、Atsushi Hatta(Ba.)、KANNO(Dr.)のラインナップで復活。
2007年
  • 『CRYSTAL DAYS』『NOTHIN' TO BE A FRIEND』のリマスター盤が発売。
2008年
  • Hattaが脱退し、しゃあみん(Ba.)が加入。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  1. CRYSTAL DAYS
    1987年)- TRANS RECORDS(TRANS-21)
    1989年)- J.A.P. RECORDS(JPD-402)
    1993年)- SSE COMMUNICATIONS(SSE-8012)
    2007年)- STILL LIFE RECORDS(SL-1002)
  2. FAREWELL(to Lovely…)1992年)- SSE COMMUNICATIONS(SSE-8004)
  3. ASYLUM1989年)- VICTOR RECORDS(VDR-1605・VIH-28366)
  4. THE PIECE OF THE FOOLS(1989年)- VICTOR RECORDS(VICL-25)
  5. BLIND EYES(1992年)- UK PROJECT(UKCD-1037)

シングル[編集]

  1. ASYLUM1986年)- LOVELY CHAOS RECORD(LCR-002)
  2. OUT IN THE STREETS(1986年)- TRANS RECORDS(TRANS-14)
  3. Come Togather1987年)- TRANS RECORDS(TRANS-23)
  4. NOTHIN' TO BE A FRIEND
    1988年)TRANS RECORDS(TRANS-31)
    2007年)- STILL LIFE RECORDS(SL-1003)
  5. ASYLUM(2007年)- DISK UNION

参加作品[編集]

  1. 乱痴気Aidおむにばす11986年)- 胎内(T-008)
    Dead Line (Live)
  2. HALLO GALLO (1986年)- 修羅
  3. NG(1986年、1989年1993年
    - TRANS RECORDS(TRANS-09)、J.A.P. RECORDS(JPD-406)、SSE COMMUNICATIONS(SSE-8016)
    MU EN
  4. N.G21987年)- TRANS RECORDS(TRANS-18)
    Christmas N.G
  5. NG LIVE(1987年、1992年)- TRANS RECORDS(TRANS-28)、SSE COMMUNICATIONS(SSE-8007)
    Ain’t No Crime
    哀願
  6. THE GOLDEN DEATHVALLEY1988年)- VICTOR RECORDS(VIH-16、VDR-9064)
    Nothin’to be a friend
    Farewell
    In your dreams
  7. ROCKIN’DEX ’88(1988年)- VICTOR RECORDS(VTM-145)
    Ain’t No Crime
  8. VOS(1989年、2006年- 宝島社(VOS-0002)、SOLID RECORDS(DVSOL-1105)
    Nothin' To Be A Friend
  9. TRANS CRAZE (1989年)- WECHSELBALG(WCD-10)
    Out In The Streets
    White Dreamer
  10. RED NIGHT AFFAIR(1989年)- VICTOR RECORDS(VTM-147)
    Out In the Streets
    Nothin' to be a Friend
    Chasing Shadows
    Tight Rope
    White Dreamer
    Farewell
    In Your Dreams
    Ain’t No Crime
  11. 原始(1989年)- VICTOR RECORDS(VTM-200)
    Collectors(PV)
  12. GALAX 4 (1992年)- SSE COMMUNICATIONS(SSE-4013)Gazelleソロ
    Out In The Streets
    White Dreamer
  13. BRAINTRASH(1993年)- VICTOR RECORDS(BVCR-1402)Gazelleソロ
    Night Walk
  14. 半透明に替えて下さい~フジヤマ10周年記念ライブ1994年)- フジヤマ(VOID-18)Gazelleソロ+奇形児ユニット
  15. N.O.S1995年)- SSE COMMUNICATIONS(NO-001)Gazelleソロ
    Missing Pieces

その他[編集]

  1. a few happy days go by1997年)Gazelleソロ
  2. キリオン・スレイの挨拶2002年)QUILLION SLEIGH
  3. Gazelle(2002年)Gazelleソロ
  4. lost rabbit and clouds(2002年)- STILL LIFE RECORDS(SL-1001)Gazelleソロ

参照[編集]

  1. ^ a b c [1] BARKS 2010年4月24日
  2. ^ 黒夢#概説

関連項目[編集]