AOMフランス航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
AOMフランス航空
AOM French Airlines
AOM French Airlines DC-10-30; F-BTDD@ZRH;01.10.1994 (6470809299).jpg
IATA
IW
ICAO
AOM
コールサイン
French Lines
設立 1988年
ハブ空港 パリ・オルリー空港
マイレージサービス クオリフライヤー
保有機材数 34機
就航地 24都市
親会社 スイス航空
本拠地 フランス共和国パリ 
代表者 Marc Rochet
テンプレートを表示

AOMフランス航空(AOMフランスこうくう、AOM French Airlines)はフランスにかつて存在した航空会社である。当時はエールフランスに次ぐフランス第二位の規模を誇る航空会社だった。

歴史[編集]

AOMフランス航空はAir Outre Mer (AOM)として1988年フランス海外県であるレユニオン島で設立され、1990年からマクドネル・ダグラスDC-10-30ドルニエDo-228による商業旅客サービスを始めた。


1991年10月に、パリのオルリー空港をハブとするミネルヴァ航空と合併することで、AOMフランス航空としてのサービスを開始した。なおこのミネルヴァ航空はパリ(オルリー)ニース線に参入しエールアンテールと最初に競合した航空会社であった。1992年、パリー東京線に就航した。

また1999年にはスイス航空が「ハンター戦略」の一環としてAOMフランス航空の株式の49%を取得し、その後同社が中心になって拡大していた航空アライアンスの「クオリフライヤー」に参画した。

しかしAOMフランス航空の国内線や海外領土への路線はフランス最大の航空会社であるエールフランスと競合する部分が多く、2001年に不健全な機材の管理や過剰な設備投資による莫大な負債が原因となり経営破綻し運航を停止した。

最終的な破産は数ヶ月後に及ぶストライキの後に行われたが、このAOMフランス航空の倒産に続けとばかりにエアリス、エール・リトラル、ユーラルエールといった主要なフランス航空会社が次々と倒産していき、結局この航空業界を襲った大不況では、大手としてエールフランスコルセールフライのみが生き残った。

就航都市[編集]

国内線・海外領土線

国際線

保有機材[編集]

B737-200 
ボーイング737-500 
エアバスA340-200 
マクドネル・ダグラスDC-10 
マクドネル・ダグラスMD-83 

関連項目[編集]