ANS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ANS
ANS backup flightarticle.jpg
スペア機
基本情報
NSSDC ID 1974-070A
所属 NISR / NASA[1]
打上げ日時 1974年8月30日
14:07:39 UTC [1]
打上げ場所 ヴァンデンバーグSLC-5[2]
ミッション期間 20ヶ月[1]
軌道高度 266 to 1176 km[2]
軌道周期 99.2 min[2]
観測波長 X線紫外線
観測装置
Hard X-Ray 1.5 - 30 KeV[3]
Ultraviolet

5チャンネル、150 - 330nm[4]

ANS英語Astronomical Netherlands Satellite、オランダ語Astronomische Nederlandse Satelliet、オランダ天文衛星)はオランダ紫外線X線観測衛星1974年8月30日アメリカ合衆国ヴァンデンバーグ空軍基地よりスカウトロケットによって打ち上げられた。オランダ宇宙研究機関英語版NASAの共同出資で行われた[1][2]

ANSはオランダ初の人工衛星で、小惑星9996 ANSはこの人工衛星にちなんで名づけられた[5]

初期の軌道は近地点266km、遠地点1176km、軌道傾斜角は98.0°、軌道離心率は0.064048、周期は99.2分だった[2]太陽同期軌道上で、姿勢制御リアクションホイールと地球の磁場を利用したマグネティックコイルによって行われた。2つの質量物体をミッション初期に放ち、衛星の角運動量のほとんどを取り除いた。衛星の姿勢は、太陽センサー水平感知機恒星センサー磁気センサーを含む、様々な方法で測定することができた[1]

ANSは60cm^2の検出器によって2-30KeVのエネルギー領域でX線光子を測定することができ、銀河系内外のX線源の位置を見つけることに使用された。また、それらのスペクトルも測定し、時間的変化を観測した[1]X線バーストを発見し、カペラからX線を検波した[5]

ANSは22 cm (260 cm^2)のカセグレイン望遠鏡によって紫外線も観測した。観測波長は150から330nm[4]。およそ400の天体に対し18,000回以上の測定を行った[1]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e f g NASA — NSSDC — Spacecraft — Details (ANS)”. NASA. 2008年2月27日閲覧。
  2. ^ a b c d e NASA — NSSD — Spacecraft — Trajectory Details (ANS)”. NASA. 2008年2月27日閲覧。
  3. ^ Gursky, H.; et al. (1 November 1975). “The Hard X-ray experiment on the Astronomical Netherlands Satellite”. Astrophysical Journal 201: L127–L131. doi:10.1086/181958. http://adsabs.harvard.edu/abs/1975ApJ...201L.127G. 
  4. ^ a b van Duinen, R. J; et al. (February 1975). “The ultraviolet experiment onboard the astronomical Netherlands satellite — ANS”. Astronomy and Astrophysics 39: 159–163. http://adsabs.harvard.edu/abs/1975A&A....39..159V. 
  5. ^ a b JPL Small-Body Database Browser”. JPL, NASA. 2008年3月3日閲覧。

関連図書[編集]

  • Bloemendal, W.; C. Kramer (1973). “The Netherlands astronomical satellite (ANS)”. Philips Tech. Rev. 33: 117. 

関連項目[編集]