コンテンツにスキップ

AFC U-23選手権2020

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
AFC U-23選手権2020
AFC U-23 CHAMPIONSHIP THAILAND 2020
大会概要
開催国 タイ王国の旗 タイ
日程 2020年1月8日 - 1月26日
チーム数 16 (1連盟)
開催地数(4都市)
大会結果
優勝  韓国 (1回目)
準優勝  サウジアラビア
3位  オーストラリア
4位  ウズベキスタン
大会統計
試合数 32試合
ゴール数 69点
(1試合平均 2.16点)
総入場者数 93,872人
(1試合平均 2,934人)
得点王 タイ王国の旗 ジャルーンサック・ウォンゴーン(3点)
最優秀選手 大韓民国の旗 元斗才
 < 20182022

AFC U-23選手権2020(AFCアンダー23せんしゅけん2020、: AFC U-23 Championship 2020)は、2020年1月8日から1月26日にかけて、タイで開催された第4回目のAFC U-23選手権である。

概要[編集]

開催地にはオーストラリア、マレーシア、タイ、ベトナムなどが開催地候補に意欲していたが、2018年8月にタイに決定した[1]

2020年東京五輪男子サッカー競技のアジア予選を兼ねており、五輪開催国として自動的に出場できる日本を除いた上位3チームが五輪出場権を得る。

なおAFC U-23選手権としては初めてビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が導入され、全32試合で利用される[2]

会場[編集]

大会は4つの都市・県の4つの会場で行われる。

バンコク ブリーラム
ラジャマンガラ競技場 ブリーラム・スタジアム
Capacity: 51,522 Capacity: 32,600
ソンクラー パトゥムターニー
ティンスラーノン・スタジアム タンマサート・スタジアム
Capacity: 45,000 Capacity: 25,000

予選[編集]

出場国を11のグループ(西地区6、東地区5)に分け、各組1位と2位の成績上位4チームに開催国のタイを加えた16チームが本大会の出場権を得る[3]

出場国[編集]

出場国・地域 予選 出場回数
 タイ王国 開催国 2大会連続3回目
 カタール 予選A組1位 3大会連続3回目
 バーレーン 予選B組1位 初出場
 イラク 予選C組1位 4大会連続4回目
 アラブ首長国連邦 予選D組1位 2大会ぶり3回目
 ヨルダン 予選E組1位 4大会連続4回目
 ウズベキスタン 予選F組1位 4大会連続4回目
 北朝鮮 予選G組1位 4大会連続4回目
 韓国 予選H組1位 4大会連続4回目
 日本 予選I組1位 4大会連続4回目
 中華人民共和国 予選J組1位 4大会連続4回目
 ベトナム 予選K組1位 3大会連続3回目
 オーストラリア 各2位チーム1位 4大会連続4回目
 イラン 各2位チーム2位 2大会ぶり3回目
 シリア 各2位チーム3位 4大会連続4回目
 サウジアラビア 各2位チーム4位 4大会連続4回目

結果[編集]

グループリーグ[編集]

グループA[編集]

チーム
1  オーストラリア 3 1 2 0 4 3 +1 5
2  タイ王国 3 1 1 1 7 3 +4 4
3  イラク 3 0 3 0 4 4 0 3
4  バーレーン 3 0 2 1 3 8 −5 2

出典=AFC

イラク 1 - 1 オーストラリア
ナシフ 77分にゴール 77分 レポート ピスコポ 62分にゴール 62分
タイ王国 5 - 0 バーレーン
スパナット 12分にゴール 12分79分
スパチョーク 47分にゴール 47分
ジャルンサック 89分にゴール 89分90+2分
レポート

バーレーン 2 - 2 イラク
イサ 44分にゴール 44分
マルフーン 86分にゴール 86分
レポート アル・アマリ 65分にゴール 65分
ナシフ 90+2分にゴール 90+2分
オーストラリア 2 - 1 タイ王国
 ダゴスティーノ 43分にゴール 43分76分 レポート  アノン 24分にゴール 24分
観客数: 22,352
主審: サウジアラビアの旗 ターキ・アル=クーデア

タイ王国 1 - 1 イラク
ジャルンサック 6分にゴール 6分 (pen.) レポート ナシフ 49分にゴール 49分

グループB[編集]

チーム
1  サウジアラビア 3 2 1 0 3 1 +2 7
2  シリア 3 1 1 1 4 4 0 4
3  カタール 3 0 3 0 3 3 0 3
4  日本 3 0 1 2 3 5 −2 1

出典=AFC



カタール 1 - 1 日本
アル=アフラク 79分にゴール 79分 (pen.) レポート 小川航基 73分にゴール 73分

グループC[編集]

チーム
1  韓国 3 3 0 0 5 2 +3 9
2  ウズベキスタン 3 1 1 1 4 3 +1 4
3  イラン 3 1 1 1 3 3 0 4
4  中華人民共和国 3 0 0 3 0 4 −4 0

出典=AFC

ウズベキスタン 1 - 1 イラン
コビロフ 40分にゴール 40分 (pen.) レポート デガニ 58分にゴール 58分
観客数: 4,180
主審: カタールの旗 ハミス・アル=マッリ

イラン 1 - 2 韓国
シェカリ 54分にゴール 54分 レポート 李東俊 22分にゴール 22分
趙圭誠 35分にゴール 35分

ウズベキスタン 1 - 2 韓国
アブディコリコフ 21分にゴール 21分 レポート 呉世勲 5分にゴール 5分71分
中華人民共和国 0 - 1 イラン
レポート ノールラフカン 87分にゴール 87分 (pen.)
観客数: 3,567
主審: シリアの旗 ハンナ・ハッタブ

グループD[編集]

チーム
1  アラブ首長国連邦 3 1 2 0 3 1 +2 5
2  ヨルダン 3 1 2 0 3 2 +1 5
3  北朝鮮 3 1 0 2 3 5 −2 3
4  ベトナム 3 0 2 1 1 2 −1 2

出典=goal.com, AFC

北朝鮮 1 - 2 ヨルダン
梁賢柱 90+1分にゴール 90+1分 レポート バニ・アティ 45+1分にゴール 45+1分 (pen.)
ハーニー 74分にゴール 74分

ヨルダン 0 - 0 ベトナム
レポート

決勝トーナメント[編集]

 
準々決勝準決勝決勝
 
          
 
1月18日 - バンコク
 
 
 オーストラリア (aet)1
 
1月22日 - ランシット
 
 シリア0
 
 オーストラリア0
 
1月19日 - ランシット
 
 韓国2
 
 韓国2
 
1月26日 - バンコク
 
 ヨルダン1
 
 韓国 (aet)1
 
1月18日 - ランシット
 
 サウジアラビア0
 
 サウジアラビア1
 
1月22日 - バンコク
 
 タイ王国0
 
 サウジアラビア1
 
1月19日 - バンコク
 
 ウズベキスタン0 3位決定戦
 
 アラブ首長国連邦1
 
1月25日 - バンコク
 
 ウズベキスタン5
 
 オーストラリア1
 
 
 ウズベキスタン0
 

準々決勝[編集]






準決勝[編集]




3位決定戦[編集]



決勝[編集]



優勝国[編集]

 AFC U-23選手権2020優勝国 

韓国
初優勝


表彰[編集]

以下の通りに表彰された[4]

大会最優秀選手 得点王 ベストゴールキーパー フェアプレー賞
大韓民国の旗 元斗才 タイ王国の旗 ジャルンサック・ウォンコーン(3得点) 大韓民国の旗 宋範根  サウジアラビア

2020年東京オリンピック出場国[編集]

脚注[編集]

  1. ^ FA Thailand proposed as 2020 AFC U-23 Championship host”. AFC. 2018年8月30日閲覧。
  2. ^ VAR set for historic full debut at Thailand 2020”. アジアサッカー連盟 (2019年12月23日). 2019年12月26日閲覧。
  3. ^ 日程・結果 AFC U-23選手権タイ2020予選”. 日本サッカー協会. 2019年9月11日閲覧。
  4. ^ Korea Republic's Song named Best Goalkeeper, Thailand's Wonggorn wins Top Scorer Award”. AFC (2020年1月26日). 2021年10月30日閲覧。

外部リンク[編集]