AFCチャンピオンズリーグ 2013 決勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
AFCチャンピオンズリーグ2013 > AFCチャンピオンズリーグ 2013 決勝
AFCチャンピオンズリーグ 2013 決勝
大会名 AFCチャンピオンズリーグ2013
合計
広州恒大がアウェーゴール数 2 - 1で優勝
第1戦
開催日 2013年10月26日
会場 ソウルワールドカップ競技場(ソウル)
AFC選出最優秀選手 モンテネグロの旗 デヤン・ダミヤノヴィッチ (FCソウル)
ファン選出最優秀選手 日本の旗 エスクデロ・セルヒオ (FCソウル)
主審 ウズベキスタンの旗 ラフシャン・イルマトフ
観客数 55,501人
天気 晴れ
気温:9℃
湿度:66%
第2戦
開催日 2013年11月9日
会場 天河体育中心体育場(広州)
AFC選出最優秀選手 アルゼンチンの旗 ダリオ・コンカ (広州恒大)
ファン選出最優秀選手 中華人民共和国の旗 鄭智 (広州恒大)
主審 バーレーンの旗 ナワフ・シュクララ
観客数 55,847人
天気 曇り
気温:26℃
湿度:69%
2012
2014

AFCチャンピオンズリーグ2013 決勝(-けっしょう、英語: AFC Champions League 2013 Final)は、アジアサッカー連盟(AFC)により開催されるAFCチャンピオンズリーグ2013の決勝戦であり、11回目のAFCチャンピオンズリーグの決勝戦である(アジアクラブ選手権時代を含めると32回目)。試合は第1戦が2013年10月26日に、第2戦が2013年11月9日に開催された。

広州恒大(中国)が二試合合計スコア 3 - 3、アウェーゴール数 2 - 1で初優勝を果たし、AFCサッカー連盟を代表して2013年12月にモロッコで開催された2013 FIFAクラブワールドカップの出場権を獲得した。

試合前[編集]

FCソウル(韓国)は2度目の決勝進出。アジアクラブ選手権時代に「安養LG」として2002年決勝に進出している。だがAFCチャンピオンズリーグとしてからは決勝に進出していなかった。一方の広州恒大(中国)は初の決勝進出となった。AFCのコンペティションでの両チームの対戦はない。

チーム 以前決勝に進出のある年度(太字は優勝)
大韓民国の旗 FCソウル 2002
中華人民共和国の旗 広州恒大 なし

試合会場[編集]

決勝戦は前回大会と異なり、ホーム・アンド・アウェーの2回戦制となった。第1戦が2013年10月26日FCソウル(韓国)のホームであるソウルソウルワールドカップ競技場、第2戦が2013年11月9日広州恒大(中国)のホームである広州市天河体育中心体育場で開催された。

決勝 第1戦が行われたソウルワールドカップ競技場(2013年10月26日に開催)
決勝 第2戦が行われた天河体育中心体育場(2013年11月9日に開催)

決勝戦までの道のり[編集]

註: 以下のすべての結果は、決勝戦進出2クラブの得点を前に表示している。

大韓民国の旗 FCソウル ラウンド 中華人民共和国の旗 広州恒大
なし プレーオフ なし
対戦相手 結果 グループリーグ 対戦相手 結果
中華人民共和国の旗 江蘇舜天 5 - 1 (H) 第1節 日本の旗 浦和レッドダイヤモンズ 3 - 0 (H)
タイ王国の旗 ブリーラム・ユナイテッド 0 - 0 (A) 第2節 大韓民国の旗 全北現代モータース 1 - 1 (A)
日本の旗 ベガルタ仙台 2 - 1 (H) 第3節 タイ王国の旗 ムアントン・ユナイテッド 4 - 0 (H)
日本の旗 ベガルタ仙台 0 - 1 (A) 第4節 タイ王国の旗 ムアントン・ユナイテッド 4 - 1 (A)
中華人民共和国の旗 江蘇舜天 2 - 0 (A) 第5節 日本の旗 浦和レッドダイヤモンズ 2 - 3 (A)
タイ王国の旗 ブリーラム・ユナイテッド 2 - 2 (H) 第6節 大韓民国の旗 全北現代モータース 0 - 0 (H)
グループE1位
チーム
大韓民国の旗 FCソウル 6 3 2 1 11 5 +6 11
タイ王国の旗 ブリーラム・ユナイテッド 6 1 4 1 6 6 0 7
中華人民共和国の旗 江蘇舜天 6 2 1 3 5 10 -5 7
日本の旗 ベガルタ仙台 6 1 3 2 5 6 -1 6
最終結果 グループF1位
チーム
中華人民共和国の旗 広州恒大 6 3 2 1 14 5 +9 11
大韓民国の旗 全北現代モータース 6 2 4 0 10 6 +4 10
日本の旗 浦和レッドダイヤモンズ 6 3 1 2 11 11 0 10
タイ王国の旗 ムアントン・ユナイテッド 6 0 1 5 4 17 -13 1
対戦相手 結果 第1戦 第2戦 決勝トーナメント 対戦相手 結果 第1戦 第2戦
中華人民共和国の旗 北京国安 3 - 1 0 - 0 (A) 3 - 1 (H) ラウンド16 オーストラリアの旗 セントラルコースト・マリナーズ 5 - 1 2 - 1 (A) 3 - 0 (H)
サウジアラビアの旗 アル・アハリ 2 - 1 1 - 1 (A) 1 - 0 (H) 準々決勝 カタールの旗 レフウィヤ 6 - 1 2 - 0 (H) 4 - 1 (A)
イランの旗 エステグラル 4 - 2 2 - 0 (H) 2 - 2 (A) 準決勝 日本の旗 柏レイソル 8 - 1 4 - 1 (A) 4 - 0 (H)

試合[編集]

第1戦[編集]

概要[編集]

フォーメーション: 4–4–2
GK 1 大韓民国の旗 キム・ヨンデ
DF 2 大韓民国の旗 チェ・ヒョジン
DF 4 大韓民国の旗 キム・ジュヨン
DF 6 大韓民国の旗 キム・ジンギュ
DF 8 ブラジルの旗 アジウソン・ドス・サントス
MF 11 コロンビアの旗 マウリシオ・モリーナ
MF 16 大韓民国の旗 ハ・デソン キャプテン
MF 21 大韓民国の旗 コ・ヨハン 77分に交代退場 77分
MF 22 大韓民国の旗 コ・ミョンジン
FW 9 日本の旗 エスクデロ・セルヒオ 70分に警告 70分
FW 10 モンテネグロの旗 デヤン・ダミヤノヴィッチ
控え
GK 31 大韓民国の旗 ユ・サンフン
DF 7 大韓民国の旗 キム・チウ
MF 17 大韓民国の旗 チェ・ヒョンテ
MF 24 大韓民国の旗 ユン・イルロク 77分に交代出場 77分
MF 29 大韓民国の旗 イ・サンヒョプ
MF 33 大韓民国の旗 チェ・テウク
FW 18 大韓民国の旗 キム・ヒョンソン
監督
大韓民国の旗 チェ・ヨンス
フォーメーション: 4–2–3–1
GK 19 中華人民共和国の旗 曾誠
DF 5 中華人民共和国の旗 張琳芃
DF 6 中華人民共和国の旗 馮瀟霆 38分に警告 38分
DF 28 大韓民国の旗 キム・ヨングォン
DF 32 中華人民共和国の旗 孫祥 87分に交代退場 87分
MF 10 中華人民共和国の旗 鄭智 キャプテン
MF 11 ブラジルの旗 ムリキ
MF 15 アルゼンチンの旗 ダリオ・コンカ
MF 16 中華人民共和国の旗 黄博文
MF 29 中華人民共和国の旗 郜林 75分に交代退場 75分
FW 9 ブラジルの旗 エウケソン
控え
GK 22 中華人民共和国の旗 李帥
DF 4 中華人民共和国の旗 趙鵬
DF 33 中華人民共和国の旗 栄昊 75分に交代出場 75分
MF 7 中華人民共和国の旗 馮俊彦
MF 8 中華人民共和国の旗 秦昇
MF 37 中華人民共和国の旗 趙旭日 87分に交代出場 87分
FW 30 中華人民共和国の旗 楊超声
監督
イタリアの旗 マルチェロ・リッピ

AFC選出マン・オブ・ザ・マッチ:
モンテネグロの旗 デヤン・ダミヤノヴィッチ (FCソウル)
ファン選出マン・オブ・ザ・マッチ:
日本の旗 エスクデロ・セルヒオ (FCソウル)


副審:
ウズベキスタンの旗 アブドゥハミドゥロ・ラスロフ
キルギスの旗 Bakhadyr Kochkarov
第4審判:
ウズベキスタンの旗 ヴァレンティン・コヴァレンコ

試合ルール

  • 試合時間は90分。
  • 控えは7名。
  • 最大3人まで交代可能。

チーム別データ[編集]

前半
FCソウル 広州恒大
得点 1 1
シュート 3 5
枠内シュート 2 3
GKセーブ 2 1
ボール支配率 47% 53%
コーナーキック 1 2
ファール 11 11
オフサイド 0 1
イエローカード 0 1
レッドカード 0 0
後半
FCソウル 広州恒大
得点 1 1
シュート 11 3
枠内シュート 7 2
GKセーブ 1 6
ボール支配率 52% 48%
コーナーキック 6 4
ファール 10 3
オフサイド 1 0
イエローカード 1 0
レッドカード 0 0
合計
FCソウル 広州恒大
得点 2 2
シュート 14 8
枠内シュート 9 5
GKセーブ 3 7
ボール支配率 50% 50%
コーナーキック 7 6
ファール 21 14
オフサイド 1 1
イエローカード 1 1
レッドカード 0 0

試合後[編集]

広州恒大(中国)のマルチェロ・リッピ監督が前日会見でFCソウル(韓国)側の対応に不満を漏らすなど、試合前から不穏な空気が漂う対戦となったが、ゲームは一進一退の好ゲームとなった[1]

広州恒大(中国)は第2戦で勝利もしくは0-0、1-1の引き分けなら優勝、FCソウル(韓国)は勝利もしくは3-3以上の引き分けなら優勝が決定する。2-2のまま90分が終了した場合は延長戦に突入する。

第2戦[編集]

概要[編集]

フォーメーション: 4–3–3
GK 19 中華人民共和国の旗 曾誠 90+3分に警告 90+3分
DF 5 中華人民共和国の旗 張琳芃 33分に警告 33分
DF 6 中華人民共和国の旗 馮瀟霆
DF 28 大韓民国の旗 キム・ヨングォン
DF 32 中華人民共和国の旗 孫祥
MF 10 中華人民共和国の旗 鄭智 キャプテン
MF 16 中華人民共和国の旗 黄博文
MF 37 中華人民共和国の旗 趙旭日 67分に交代退場 67分
FW 9 ブラジルの旗 エウケソン
FW 11 ブラジルの旗 ムリキ 90分に交代退場 90分
FW 15 アルゼンチンの旗 ダリオ・コンカ
控え
GK 22 中華人民共和国の旗 李帥
DF 4 中華人民共和国の旗 趙鵬
DF 33 中華人民共和国の旗 栄昊
MF 7 中華人民共和国の旗 馮俊彦
MF 8 中華人民共和国の旗 秦昇 90分に交代出場 90分
MF 14 中華人民共和国の旗 馮仁亮
FW 29 中華人民共和国の旗 郜林 67分に交代出場 67分
監督
イタリアの旗 マルチェロ・リッピ
フォーメーション: 4-4-2
GK 1 大韓民国の旗 キム・ヨンデ
DF 4 大韓民国の旗 キム・ジュヨン
DF 5 大韓民国の旗 チャ・ドゥリ
DF 6 大韓民国の旗 キム・ジンギュ 65分に警告 65分
DF 8 ブラジルの旗 アジウソン・ドス・サントス
MF 11 コロンビアの旗 マウリシオ・モリーナ
MF 16 大韓民国の旗 ハ・デソン キャプテン 45+1分に警告 45+1分 84分に交代退場 84分
MF 21 大韓民国の旗 コ・ヨハン 46分に交代退場 46分
MF 22 大韓民国の旗 コ・ミョンジン
FW 9 日本の旗 エスクデロ・セルヒオ
FW 10 モンテネグロの旗 デヤン・ダミヤノヴィッチ
控え
GK 31 大韓民国の旗 ユ・サンフン
DF 2 大韓民国の旗 チェ・ヒョジン
DF 7 大韓民国の旗 キム・チウ
MF 17 大韓民国の旗 チェ・ヒョンテ 84分に交代出場 84分
MF 24 大韓民国の旗 ユン・イルロク 46分に交代出場 46分
MF 33 大韓民国の旗 チェ・テウク
FW 14 大韓民国の旗 パク・ヒソン
監督
大韓民国の旗 チェ・ヨンス

AFC選出マン・オブ・ザ・マッチ:
アルゼンチンの旗 ダリオ・コンカ (広州恒大)
ファン選出マン・オブ・ザ・マッチ:
中華人民共和国の旗 鄭智 (広州恒大)


副審:
バーレーンの旗 ヤーセル・トゥルファート
バーレーンの旗 Ebrahim Sabt Saleh
第4審判:
バーレーンの旗 Ali Abdulnabi

試合ルール

  • 試合時間は90分。
  • 90分終了後2戦合計とアウェーゴールも同点の場合、30分の延長戦が行われる。
  • 120分終了後同点の場合、PK戦で勝敗が決定される。
  • 控えは7名。
  • 最大3人まで交代可能。

チーム別データ[編集]

前半
広州恒大 FCソウル
得点 0 0
シュート 10 2
枠内シュート 3 0
GKセーブ 0 3
ボール支配率 52% 48%
コーナーキック 4 1
ファール 5 9
オフサイド 0 0
イエローカード 1 1
レッドカード 0 0
後半
広州恒大 FCソウル
得点 1 1
シュート 8 11
枠内シュート 5 5
GKセーブ 4 4
ボール支配率 48% 52%
コーナーキック 0 6
ファール 13 11
オフサイド 3 0
イエローカード 1 1
レッドカード 0 0
合計
広州恒大 FCソウル
得点 1 1
シュート 18 13
枠内シュート 8 5
GKセーブ 4 7
ボール支配率 50% 50%
コーナーキック 4 7
ファール 18 20
オフサイド 3 0
イエローカード 2 2
レッドカード 0 0

試合後[編集]

広州恒大(中国)が二試合合計スコア 3 - 3、アウェーゴール数 2 - 1で初優勝を果たした。中国勢のACL制覇は初。24年前に遼寧が前身のアジアクラブ選手権を制して以来のアジア制覇となった[2]

日本におけるテレビ中継[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]