AFCカップ2013

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
AFCカップ2013
AFC Cup 2013
大会概要
日程 2013年2月12日 - 11月2日
チーム数 34 (17連盟)
大会結果
優勝 クウェートの旗 アル・クウェートSC (3回目)
準優勝 クウェートの旗 アル・カーディシーヤ
大会統計
得点王 チュニジアの旗 イサーム・ジェマア
最優秀選手 クウェートの旗 バドル・アル=ムタウワ
 < 20122014

AFCカップ2013 (英語: AFC Cup 2013) は2004年に第一回大会が開催されて以来、10回目のAFCカップである。優勝はアル・クウェートSC

各国出場枠[編集]

AFCカップ2013の各国の出場枠が2012年11月に発表された[1]前回大会からの変更点は以下のとおりである。

  • 現在AFCカップに出場資格を持つクラブはAFCチャンピオンズリーグ2013の出場権を持ちうる。ただし、AFCチャンピオンズリーグ (ACL) とAFCカップの両方の参加資格を持つのはACLの出場規定を満たしている協会のみである。
  • 現在AFCプレジデンツカップに出場資格を持つ協会はAFCカップ2013の出場権を持ちうる。
西アジア
順位 協会 ポイント 出場枠
本戦 プレーオフ
バーレーンの旗 バーレーン 2 0
イラクの旗 イラク 2 0
ヨルダンの旗 ヨルダン 2 0
クウェートの旗 クウェート 2 0
レバノンの旗 レバノン 2 0
オマーンの旗 オマーン 2 0
シリアの旗 シリア 1 1
タジキスタンの旗 タジキスタン[A] 1 1
イエメンの旗 イエメン 1 1
合計 15 3
東アジア
順位 協会 ポイント 出場枠
本戦 プレーオフ
香港の旗 香港 2 0
インドの旗 インド 2 0
インドネシアの旗 インドネシア 2 0
マレーシアの旗 マレーシア 2 0
モルディブの旗 モルディブ 2 0
ミャンマーの旗 ミャンマー 2 0
シンガポールの旗 シンガポール 2 0
ベトナムの旗 ベトナム 2 0
合計 16 0

出場クラブ[編集]

以下のクラブがAFCカップ2013に参加する[1]

  • 各国協会は2つの出場枠を持つが、AFCチャンピオンズリーグに出場枠 (プレーオフ枠を含む) を持つ協会は1つの出場枠しか持つことができない。
  • 各国リーグ優勝クラブはグループリーグ自動出場枠を獲得する。
  • 各国カップ戦優勝クラブ、もしくはリーグ準優勝クラブはAFCの出場規定により、自動出場枠またはプレーオフ枠を獲得する。
  • 2013年大会より、前年度のAFCカップ決勝戦出場クラブに与えられていたAFCチャンピオンズリーグプレーオフ出場資格を得たクラブがAFCチャンピオンズリーグ出場規定を満たさなかった場合、国内リーグ、国内カップ戦の成績により翌年度のAFCカップの出場資格を得ない限り翌年のAFCカップには出場できなくなった。
  • 本年度よりタジキスタンが新たに参加したためインドとモルディブのクラブは東地区に回り、東西両方共4つのグループで構成される。
西アジア
本戦出場チーム: 西アジア (グループA–D)
クラブ 出場資格 出場回数 前回出場
バーレーンの旗 アル・リファー バーレーン・プレミアリーグ2011–12 優勝 2回目 2010
バーレーンの旗 アル・ムハッラク バーレーン・キングスカップ2012 優勝 5回目 2009
イラクの旗 アルビール イラク・プレミアリーグ2011–12 優勝 4回目 2012
イラクの旗 ドホークSC イラク・プレミアリーグ2011–12 準優勝 2回目 2011
ヨルダンの旗 アル・ファイサリー ヨルダンリーグ2011–12 優勝
ヨルダンFAカップ2011–12 優勝
7回目 2012
ヨルダンの旗 アル・ラムサ ヨルダンリーグ2011–12 2位 1回目
クウェートの旗 アル・カーディシーヤ クウェート・プレミアリーグ2011–12 優勝
アミールカップ2011–12 優勝
4回目 2012
クウェートの旗 アル・クウェート クウェート・プレミアリーグ2011–12 2位 5回目 2012
レバノンの旗 サファ・ベイルート レバノン・プレミアリーグ2011–12 優勝 4回目 2012
レバノンの旗 アル・アンサール レバノンFAカップ2011–12 優勝 4回目 2011
オマーンの旗 ファンジャ オマーンリーグ2011–12 優勝 1回目
オマーンの旗 ドファール スルタン・カーブース・カップ2012 優勝
シリアの旗 アル・ショルタ シリア・プレミアリーグ2011–12 優勝 2回目 2012
タジキスタンの旗 ラフシャン・クリャーブ タジク・リーグ2012 優勝 1回目
イエメンの旗 アル・シャアブ・イッブ イエメンリーグ2011–12 優勝 2回目 2004
プレーオフ出場クラブ: 西アジア
シリアの旗 アル・ワフダ シリア・カップ2012 優勝 2回目 2004
タジキスタンの旗 レガール・タダズ タジク・カップ2012 優勝 1回目
イエメンの旗 アル・アハリ・タイズ イエメン・プレジデントカップ2012 優勝 1回目
東アジア
本戦出場クラブ: 東アジア (グループE–H)
クラブ 出場資格 出場回数 前回出場
香港の旗 傑志 香港ファーストディビジョンリーグ2011–12 優勝 3回目 2012
香港の旗 晨曦 香港シニアシールド2011–12 優勝 4回目 2007
インドの旗 イースト・ベンガル Iリーグ2011-12 2位
フェデレーションカップ2012 優勝
7回目 2012
インドの旗 チャーチル・ブラザーズ Iリーグ2011-12 3位Note IND 2回目 2010
インドネシアの旗 セメン・パダン インドネシア・プレミアリーグ2011–12 優勝 1回目
インドネシアの旗 ペルシボ・ボジョネゴロ ピアラ・インドネシア2012 優勝 1回目
マレーシアの旗 ケランタンFA マレーシア・スーパーリーグ2012 優勝
マレーシアFAカップ2012 優勝
2回目 2012
マレーシアの旗 セランゴールFA マレーシア・スーパーリーグ2012 3位マレーシア 3回目 2010
モルディブの旗 ニュー・ラディアント ディヴェヒリーグ2012 優勝 5回目 2008
モルディブの旗 マジヤ モルディブFAカップ2012 優勝 1回目
ミャンマーの旗 ヤンゴン・ユナイテッド ミャンマー・ナショナルリーグ2012 優勝 2回目 2012
ミャンマーの旗 エーヤワディー・ユナイテッド MFFカップ2012 優勝 2回目 2012
シンガポールの旗 タンピネス・ローバース Sリーグ2012 優勝 6回目 2012
シンガポールの旗 ウォリアーズFC
(旧SAF FC)[4]
シンガポール・カップ2012 優勝 3回目 2008
ベトナムの旗 ダナン ベトナムサッカーリーグ2012 優勝 2回目 2010
ベトナムの旗 スアンタン・サイゴン ベトナムカップ2012 優勝 1回目

日程[編集]

2013年大会の日程は以下のとおりである[6]。当初は2013年大会より決勝トーナメント一回戦 (ラウンド16) は前年度の1回戦制ではなく、ホーム・アンド・アウェー方式の2回戦制とする予定だったが、本年も1回戦制を維持することが後に決定された[7]

区分 抽選日 第一戦 第二戦
プレーオフ 決勝 2012年12月6日
(クアラルンプール)[8]
2月9日
グループリーグ 第一節 3月5-6日
第二節 3月12-13日
第三節 4月2-3日
第四節 4月9-10日
第五節 4月23-24日
第六節 4月30日-5月1日
決勝トーナメント ラウンド16 5月14-15日
準々決勝 2013年6月20日
(クアラルンプール)
9月17日 9月24日
準決勝 10月1日 10月22日
決勝 11月2日

プレーオフ[編集]

プレーオフの抽選会は2012年12月6日に行われた[9]アル・ムハッラクは抽選後に出場を辞退したため、レガール・タダズはプレーオフを免除されグループリーグから出場することになった。決勝ラウンドの勝者がグループステージの出場権を獲得する。レガール・タダズはグループAに、プレーオフ勝者はグループBに振り分けられる[10]。プレーオフは2013年2月9日に開催される。試合は1試合制で、90分以内に決着がつかない場合は延長戦PK戦が行われる[11]

チーム #1 スコア チーム #2
決勝ラウンド
アル・ワフダ シリア 3 - 5 イエメン アル・アハリ・タイズ

2013年2月9日
14:00 UTC+3
アル・ワフダ シリアの旗 3 - 5 イエメンの旗 アル・アハリ・タイズ
Kherbin 18分にゴール 18分90+1分
Al Haj 86分にゴール 86分
レポート Aref 7分にゴール 7分
Al Hubaishi 31分にゴール 31分 (pen.)78分
Mahdi 55分にゴール 55分 (pen.)
Dongue 81分にゴール 81分
プリンス・モハメド・スタジアム, ザルカ (ヨルダン)0
観客数: 150
主審: イランの旗 Saeid Mozaffarizadeh
  • 註0: シリアのクラブは安全面の問題によりホームの試合の国内における開催権を剥奪されている。

グループステージ[編集]

グループステージの抽選会は2012年12月6日に行われた[9]。同じ協会に属するクラブは同じグループには振り分けられない。各グループ2位までが決勝トーナメントに進出する。

グループA[編集]

チーム







クウェートの旗 アル・クウェート 6 4 0 2 15 6 +9 12
バーレーンの旗 アル・リファー 6 3 1 2 9 6 +3 10
レバノンの旗 サファ 6 3 1 2 7 8 −1 10
タジキスタンの旗 レガール・タダズ 6 0 2 4 5 16 −11 2





グループB[編集]

チーム







イラクの旗 アルビール 6 6 0 0 17 0 +17 18
オマーンの旗 ファンジャ 6 3 1 2 9 6 +3 10
レバノンの旗 アル・アンサール 6 2 1 3 7 9 −2 7
イエメンの旗 アル・アハリ・タイズ 6 0 0 6 2 20 −18 0





  • 註 1: シリアとイエメンのクラブは安全面の問題によりホームの試合の国内における開催権を剥奪されている。

グループC[編集]

チーム







ヨルダンの旗 アル・ファイサリー 6 4 1 1 9 5 +4 13
イラクの旗 ドホーク 6 4 0 2 14 6 +8 12
オマーンの旗 ドファール 6 3 1 2 8 12 −4 10
イエメンの旗 アル・シャアブ・イッブ 6 0 0 6 3 11 −8 0





  • 註2: イエメンのクラブは安全面の問題によりホームの試合の国内における開催権を剥奪されている。

グループD[編集]

チーム







クウェートの旗 アル・カーディシーヤ 6 4 1 1 13 4 +9 13
シリアの旗 アル・ショルタ 6 4 0 2 8 5 +3 12
ヨルダンの旗 アル・ラムサ 6 3 1 2 10 7 +3 10
タジキスタンの旗 ラフシャン・クリャーブ 6 0 0 6 2 17 −15 0





  • 註3: シリアのクラブは安全面の問題によりホームの試合の国内における開催権を剥奪されている。

グループE[編集]

チーム







インドネシアの旗 セメン・パダン 6 5 1 0 15 6 +9 16
香港の旗 傑志 6 4 0 2 18 7 +11 12
インドの旗 チャーチル・ブラザーズ 6 1 1 4 6 13 −7 4
シンガポールの旗 ウォリアーズ 6 1 0 5 4 17 −13 3





2013年5月1日
17:00 UTC+8
傑志 香港の旗 5 - 0 シンガポールの旗 ウォリアーズ
ジョルディ 18分にゴール 18分53分88分
鄭少偉 62分にゴール 62分
会錦濤 72分にゴール 72分
レポート
将軍澳運動場, 香港
観客数: 1,097
主審: 韓国の旗 コ・ヒュンジン
  • 註4: 傑志対チャーチル・ブラザーズの試合は元の日程から変更された。これはインドがAFCチャレンジカップ2014予選の日程を3月3日から3月7日へと変更したためである[12]

グループF[編集]

チーム







モルディブの旗 ニュー・ラディアント 6 5 0 1 20 4 +16 15
ミャンマーの旗 ヤンゴン・ユナイテッド 6 5 0 1 18 5 +13 15
香港の旗 晨曦 6 1 1 4 12 12 0 4
インドネシアの旗 ペルシボ・ボジョネゴロ 6 0 1 5 5 34 −29 1



^ 晨曦対ペルシボ・ボジョネゴロの試合は65分まで進んだ段階でペルシボ・ボジョネゴロのフィールド上の選手が6人となったため、試合が中断、そのまま終了した[13]



  • 註5: ヤンゴン・ユナイテッド対ペルシボ・ボジョネゴロの試合は元の日程から変更された。これはミャンマーがAFCチャレンジカップ2014予選の試合を3月3日から3月7日に変更したためである[12]

グループG[編集]

チーム







マレーシアの旗 ケランタン 6 4 1 1 14 9 +5 13
ベトナムの旗 ダナン 6 4 0 2 11 12 −1 12
モルディブの旗 マジヤ 6 2 1 3 13 12 +1 7
ミャンマーの旗 エーヤワディー・ユナイテッド 6 1 0 5 9 14 −5 3



2013年4月10日
16:30 UTC+7:00
ダナン ベトナムの旗 0 - 1 マレーシアの旗 ケランタン
レポート ワカエメ 73分にゴール 73分
チーラン・スタジアム, ダナン
観客数: 12,700
主審: 韓国の旗 キム・サンウ


2013年4月30日
19:00 UTC+7:00
ダナン ベトナムの旗 3 - 1 モルディブの旗 マジヤ
メルロー 14分にゴール 14分34分67分 レポート アドゥーハム 44分にゴール 44分
  • 註6: ダナン対エーヤワディー・ユナイテッドの試合は元の日程から変更された。これはミャンマーがAFCチャレンジカップ2014予選の試合を3月3日から3月7日に変更したためである[12]

グループH[編集]

チーム







インドの旗 イースト・ベンガル 6 4 2 0 13 6 +7 14
マレーシアの旗 セランゴール 6 2 2 2 12 11 +1 8
ベトナムの旗 スアンタン・サイゴン 6 2 2 2 9 12 −3 8
シンガポールの旗 タンピネス・ローバース 6 0 2 4 12 17 −5 2
  • セランゴールとスアンタン・サイゴンは勝ち点で並んだため、直接対決の成績により順位が決定された。
チーム







マレーシアの旗 セランゴール 2 1 0 1 4 3 +1 3
ベトナムの旗 スアンタン・サイゴン 2 1 0 1 3 4 −1 3





  • 註7: イースト・ベンガル対セランゴールFAの試合は元の日程から変更された。これはインドがAFCチャレンジカップ2014予選の試合を3月3日から3月7日に変更したためである[12]

決勝トーナメント[編集]

決勝トーナメントでは、ラウンド16と決勝戦は1試合制で開催し、準々決勝と準決勝はホーム・アンド・アウェーの2試合制で開催される。また、準々決勝と準決勝にはアウェーゴールルール延長戦 (延長戦にはアウェーゴールルールは適用されない) 、PK戦が導入される[11]

ラウンド16[編集]

ラウンド16の対戦相手はグループリーグが始まる前に決定されており、各グループの1位のホームスタジアムにて、同地区の他グループ2位のチームと対戦する[11]

チーム #1 スコア チーム #2
アル・クウェート クウェート 1 - 1 (延長)
(4 - 1 p)
イラク ドホーク
アル・ファイサリ ヨルダン 3 - 1 バーレーン アル・リファー
アルビール イラク 3 - 4 (延長) シリア アル・ショルタ
アル・カーディシーヤ クウェート 4 - 0 オマーン ファンジャ
セメン・パダン インドネシア 2 - 1 ベトナム ダナン
ケランタン マレーシア 0 - 2 香港 傑志
ニュー・ラディアント モルディブ 2 - 0 (延長) マレーシア セランゴール
イースト・ベンガル インド 5 - 1 ミャンマー ヤンゴン・ユナイテッド









準々決勝[編集]

準々決勝以降の組み合わせ抽選 (ホーム開催チームも決定する) はラウンド16終了後の6月20日に開催された[14]。この抽選では、異なるゾーンのチームの対戦が解禁される。また、カントリー・プロテクションが適用され、同じ協会に属する2チームは準々決勝では対戦しない。

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
アル・カーディシーヤ クウェート 2(a) - 2 シリア アル・ショルタ 0 - 0 2 - 2
傑志 香港 2 - 4 ヨルダン アル・ファイサリー 1 - 2 1 - 2
ニュー・ラディアント モルディブ 2 - 12 クウェート アル・クウェート 2 - 7 0 - 5
イースト・ベンガル インド 2 - 1 インドネシア セメン・パダン 1 - 0 1 - 1

準決勝[編集]

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
アル・カーディシーヤ クウェート 3 - 1 ヨルダン アル・ファイサリ 2 - 1 1 - 0
アル・クウェート クウェート 7 - 2 インド イースト・ベンガル 4 - 2 3 - 0

第1戦[編集]



第2戦[編集]


イースト・ベンガル インドの旗 0 - 3 クウェートの旗 アル・クウェート
レポート Rogério de Assis Silva Coutinho 43分にゴール 43分
ハミース44分にゴール 44分
Abhishek Das87分にゴール 87分 (o.g.)
ソルトレイク・スタジアム, コルカタ
観客数: 50,000
主審: オーストラリアの旗 Strebre Delovski

決勝[編集]

チーム #1 スコア チーム #2
アル・カーディシーヤ クウェート 0 - 2 クウェート アル・クウェート

最終結果[編集]

AFCカップ2013優勝チーム
Flag of Kuwait.svg
アル・クウェート
2大会連続3回目

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Decision by Competitions Committee & Executive Committee for AFC Club Competitions (PDF)”. AFC. 2012年11月29日閲覧。
  2. ^ Maldives to host 2014 AFC Challenge Cup”. AFC (2012年11月28日). 2012年12月6日閲覧。
  3. ^ ACL 2013 Slot Allocation (PDF)”. AFC (2012年12月4日). 2012年12月6日閲覧。
  4. ^ SAFFC renamed as Warriors FC”. foxsportsasia.com. 2013年2月10日閲覧。
  5. ^ AIFF to approach Churchill Brothers to participate in the AFC Cup”. goal.com (2012年11月30日). 2012年12月6日閲覧。
  6. ^ AFC Calendar of Competitions 2013 (PDF)”. AFC. 2012年11月29日閲覧。
  7. ^ Solidarity marks AFC ExCo meeting”. AFC.com (2012年11月28日). 2012年12月6日閲覧。
  8. ^ Clubs await Thursday’s ACL draw”. AFC (2012年12月4日). 2012年12月6日閲覧。
  9. ^ a b AFC Cup 2013 – Group Stage Draw”. AFC (2012年12月6日). 2012年12月6日閲覧。
  10. ^ «Регар-ТадАЗ» попал в групповой этап Кубка АФК-2013” ["Regar-TadAZ" is in the group stage of the AFC Cup 2013] (ロシア語). Tajikistan Football Federation (2012年12月8日). 2013年1月15日閲覧。
  11. ^ a b c AFC Cup 2013 Competition Regulations (PDF)”. AFC. 2013年4月12日閲覧。
  12. ^ a b c d Fixture changes for AFC Cup”. AFC (2013-1-01-04). 2013年1月15日閲覧。
  13. ^ “Sun Hei, Persibo match abandoned”. AFC. (2013年4月9日). http://www.the-afc.com/en/tournaments/clubs/afc-cup/25651-sunray-persibo-090413.html 2013年4月12日閲覧。 
  14. ^ Kuwait SC resume title defence against New Radiant”. AFC (2013年6月20日). 2013年6月21日閲覧。

外部リンク[編集]