ADS (アサルトライフル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
KBP ADS
概要
種類 軍用アサルトライフル
製造国 ロシアの旗 ロシア
設計・製造 KBPトゥーラ器械製造設計局
性能
銃身長 415mm
使用弾薬 5.45x39mm 7N6/7N10/7N22
装弾数 30発(箱型弾倉)
作動方式 ガス圧利用ロータリング・ボルト
全長 660mm
重量 4.6kg
発射速度 600-800/秒

ADSとはロシア連邦が開発したブルパップアサルトライフルである。ソ連時代に開発されたAPS水中銃の後継モデルで、本格的な水陸両用銃の "ADS" が 2007 年にKBPトゥーラ器械製造設計局で開発を終えた。第二次大戦を契機に、各国の海軍では水中作戦における携行火器の開発に関する取り組みがおこなわれた。その中、世界で唯一の軍用水中自動小銃の開発に成功したソ連では、海軍特殊偵察部隊において SPP-14.5mm ピストルとAPS水中銃の運用を実施。ただしこれらは、陸上での有効な活用がおこなえず、水中でも至近距離のみ有効で、164 フィート以上での精確な射撃がおこなえず、急速にストッピング・パワーが低下することが確認されていた。新たに開発された ADS は、A-91アサルトライフルを髣髴させる外観、それもそのはずA-91をベースにしているからだ。グリップとトリガーより後方に弾倉や機関部が位置するブルパップ方式を採用。動作メカニズムはA-91と基本的に同じで前方排莢のシステムを採用している。そして、弾薬が5.45 x 39 mm弾を使用し小さくなったことからAK74の弾倉に収めることが出来き、APS水中銃のような巨大な弾倉で無くなった。さらに水中だけでなく陸上での効果的な運用も可能である。

外部リンク[編集]

Modern Firearms