ACONCAGUA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ACONCAGUA』(アコンカグア)は、ソニーコンピュータエンタテインメント (SCE) が開発し、2000年6月1日に発売されたPlayStation用のサバイバルアドベンチャーゲーム

2000年後半にSCEの英語ウェブサイトにて公開され[1]、北米での発売が予定されていたが、結局は発売されずに日本だけの発売となった。また、本作はSCEがアルゼンチンのゲーム市場進出拡大を狙って開発したものでもある[2]

プレイヤーは5人のキャラクターを操作するが、キャラクターの移動などはカーソルをダブルクリックすることでキャラクターを移動させたり、調べさせたりする。

物語の舞台は、民主化運動が激化する南米アンデス山脈の最高峰アコンカグア付近に存在する架空の軍事国家「メルーザ」[3]。アコンカグア上空で謎の爆発事故により墜落した旅客機に乗っていた5人の乗客(日本人ジャーナリストのカトウ、エンジニアのスティーブ、アメリカ人女性ジャーナリストのジュリア、メルーザ人のパチャママロペス)は奇跡的に助かり、絶望的な状況を生きて下山することを決意するが、謎の武装集団に襲われ、メルーザの内政を巡る陰謀に巻き込まれてゆく。

脚注[編集]

  1. ^ Sony Offers Movie of Aconcagua
  2. ^ New Info and Unseen Screens of Aconcagua
  3. ^ 名称はアルゼンチンに実在するメンドーサ州にちなむ。