鉄道チャンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ACCESS (CS放送)から転送)
移動先: 案内検索
鉄道チャンネル
基本情報
運営(番組供給)事業者 株式会社エキスプレス
本社(本部) 〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満6-3-16
旧チャンネル名 ACCESS!( - 2001年6月30日
交通情報アクセス(2001年7月1日 - 2002年1月31日
交通情報アクセス plus 天気(2002年2月1日 - 2009年3月31日
ACCESS(2009年4月1日 - 2011年6月30日)
放送(配信)開始 1996年10月1日
HD放送(配信)開始 2012年10月1日
ジャンル 娯楽・趣味
放送内容 鉄道
視聴料金 月額1000円(税別)
スカパー!プレミアムサービス
放送事業者 株式会社スカパー・ブロードキャスティング
チャンネル番号 Ch.546
放送開始 2012年10月1日
スカパー!プレミアムサービス(標準画質)
放送事業者 株式会社スカパー・ブロードキャスティング
チャンネル番号 Ch.255
放送開始 1996年10月1日
放送終了 2014年5月31日
公式サイト

鉄道チャンネル(てつどうチャンネル)とは、スカパー!プレミアムサービスで放送しているCS専門チャンネルである。エキスプレスが運営する。

沿革[編集]

  • 1996年10月 - PerfecTV!(当時)サービス開始と同時に「ACCESS!」のチャンネル名で開局。委託放送事業者(当時)はシーアンドイー(エキスプレスの子会社)
  • 2001年7月 - チャンネル名を「交通情報アクセス」に変更
  • 2002年2月 - チャンネル名を「交通情報アクセス plus 天気」に変更
  • 2003年4月 - エキスプレスがシーアンドイーを吸収合併したのに伴い、電気通信役務利用放送事業者がエキスプレスに変更
  • 2006年4月 - エキスプレスが、「交通情報アクセス plus 天気」の番組制作部門をエキスプレス・コンテンツバンクに譲渡
  • 2009年4月 - チャンネル名を「ACCESS」に変更
  • 2010年
    • 5月 - 当チャンネルを含むCS3チャンネルの運営をスカイビジョンに譲渡[1]
    • 7月 - 電気通信役務利用放送事業者がスカイビジョンに変更される。
  • 2011年7月 - チャンネル名を「鉄道チャンネル」に変更[2]
  • 2012年10月 - ch.546でHD放送開始。月額視聴料金を1000円(税別)に変更[注 1]
  • 2013年1月 - スカパー!プレミアムサービス(標準画質)の放送事業者がスカパー・ブロードキャスティングに変更
  • 2014年
    • 5月 - スカパー!プレミアムサービス(標準画質)255chの放送を終了
    • 9月 - 運営事業者がエキスプレスに変更される[3]
  • 2016年

番組概要[編集]

鉄道番組[編集]

自社制作[編集]

レギュラー番組
  • 吉川ひとり旅→鉄道ひとり旅(2011年11月1日 - 2014年6月)[注 2][注 3]
    • 新・鉄道ひとり旅(2015年1月10日 - )
  • 鉄路の旅 始発駅から終着駅まで(2012年7月1日 - )[注 4]
    • 新・鉄路の旅(2014年11月5日 - )
  • 三宅智子の女子的☆駅弁紀行(2013年3月16日 - 2016年3月)
    • 三宅智子の駅弁女子ひとり旅(2015年11月11日 - )
  • 廃線鉄道 転換バスの旅(2013年7月19日 - 不明)
  • 地方鉄道 前面展望百選(2013年10月2日 - )
  • 町田忍の昭和鉄道レトロスペクティブ(2013年12月1日 - 不明、2016年10月 - 2017年3月)
  • 鉄道勉強旅(2014年2月1日 - )
  • 鉄道ニュース546(2014年11月7日 - 2017年3月30日)[注 5]
    • 鉄道記者会見(2017年1月19日 - 3月)
  • にっぽんケーブルカー探訪(2015年2月6日 - )
  • 鉄旅録(2015年3月2日 - 不明、2017年2月、3月)
    • 10分鉄(2015年8月8日 - 不明、2017年2月 - )
  • 銀河と鉄道の旅(2015年7月12日 - 2016年5月、10月 - 不明)
  • Train BOX(2015年11月2日 - 2017年1月31日、9月 - )[注 6]
  • 大人の鉄道美学(2016年1月10日 - )
  • 祈りの旅 鉄路巡礼(2016年6月1日 - 2017年7月、10月 - )
    • 新・頑張れ日本 鉄路巡礼(2017年10月3日 - )
  • もも×てつ(2016年6月15日 - )[注 7]
  • 盲腸線〜行き止まり駅の旅(2017年2月5日 - )
  • 鉄道模型の世界へようこそ(2017年3月14日 - )
  • 超特急と行く!食べ鉄の旅 台湾編(2017年4月 - )[注 8]
  • スイーツ娘「柏原美紀」のゆるっとふわ鉄の旅(2017年10月1日 - )
単発(特別)番組
  • 鉄道模型コンテスト2014 特集(2014年9月7日、14日、21日、28日)
  • lnno Trans 2014 特集(2014年10月5日、12日、19日、26日、11月2日)
  • 第21回 鉄道フェスティバル 生中継(2014年10月11日、12日)
    • 第21回 鉄道フェスティバル 総集編(2014年11月9日、16日、23日)
    • 第22回 鉄道フェスティバル(2015年10月10日、11日)
    • 第22回 鉄道フェスティバル 総集編(2015年11月7日、21日)
      • 鉄道の日記念SP '17(2017年10月14日)
  • (年末特番)朝まで生テツ(2014年12月26日・27日)
    • 朝まで生鉄〜ダイヤ改正前の緊急生放送!〜(2015年3月13日・14日)
    • 朝まで生鉄3(2015年7月31日・8月1日)
    • 朝まで生鉄4(2016年3月25日・26日)
  • 女子鉄紀行(全3回)(2015年2月13日 - 4月10日)[注 9]
  • 鉄道ニュース546 放送20回記念!アフタートーク集(2015年5月4日・6日)
    • 鉄道ニュース546 アフタートーク集(2015年9月19日・22日、2016年1月3日・17日、4月9日)
  • 富山東西鉄道巡り(2015年5月5日)
  • 絶品紀行(2015年5月5日)
  • のと鉄道前面展望(2015年7月4日)
  • ノルウェイ鉄道前面展望 夏(2015年8月9日)
    • ノルウェイ鉄道前面展望 秋(2015年8月16日)
    • ノルウェイ鉄道前面展望 冬(2015年11月15日)
  • 世界高速鉄道会議特集(2015年9月12日)
  • 南海電鉄 前面展望 総集編(2015年9月19日)
    • 南海電鉄 前面展望 高野線(2015年9月21日)
    • 南海電鉄 前面展望 南海線(2015年9月22日)
  • 近鉄 前面展望(2016年1月23日・30日、2月27日、3月19日、4月30日、5月7日)
  • 冬の弘南電車(2016年3月26日)
  • 鉄分補給! 俺の書泉グランデ(全6回)(2016年4月)
  • 弘南鉄道 前面展望(2016年5月1日)
  • 三陸鉄道 復興の記録(2016年7月14日)
  • ひたちなか海浜鉄道 前面展望(2016年8月15日、9月12日)
  • 前面展望 阪堺電車上町線(2016年8月18日)
  • 京急800形 車両・運転席(2016年9月15日)
  • 西武2000系 車両解説(2016年10月13日)
  • 運転席展望 大井川鉄道16000系(2016年11月10日)
  • 追憶 JR通勤型気動車(2016年11月24日)
  • 運転席展望 嵐山本線・北野線(2016年12月1日)
  • 女子鉄が勝手にリニアを想像します(2016年12月3日)
  • 運転席展望 上信電鉄7000形(2016年12月8日)
  • 運転席展望 京成電鉄 芝山鉄道(2016年12月15日)
  • 明知鉄道 夢と優しさを乗せて(2016年12月22日)
  • 運転席展望 紅葉のえんざん電鉄(2017年1月5日)
  • 運転席展望 ニューシャトル(2017年1月19日)
  • ドキュメント 大和西大寺(2017年2月6日)
  • 徹底解説! 水島臨海鉄道(2017年2月20日)
  • 運転席展望 空を駆ける列車大阪モノレール(2017年3月6日)
  • 運転席展望 スカイツリートレイン(2017年3月20日)
  • THE 伊勢中川(2017年4月3日)
  • 運転席展望 鹿児島市交通局(2017年4月17日)
  • 運転席展望 熊本電気鉄道(2017年5月8日)
  • 近藤智美の冬の網走流氷物語号の旅(2017年6月20日)
    • 「美女鉄」川越をゆく(2017年10月1日、11月5日)
  • デポ1形が語る 近鉄100周年の歴史(2017年7月6日)
  • しまかぜエクストラ(2017年7月13日)[注 10]
  • 近鉄特急オールスター(2017年8月3日)
  • 柏原美紀の会津鉄道の旅(2017年9月3日)
  • 鉄道車両を「診る」〜近鉄(2017年9月7日)
  • 前面展望 江の島電鉄(2017年10月12日)
  • 近鉄レール通信(2017年11月3日(9))

その他[編集]

ほか

放送を終了した番組[編集]

天気予報・交通情報[編集]

「ACCESS」時代は、地方競馬中継の時間帯を除いて、3大都市圏の交通情報を中心に放送した。通常時は画面を3分割し、以下のように放送した。

  • 左側:各地の天気予報やJR・航空機の空席情報
  • 下側:東京・大阪地区の高速道路・一般道路の渋滞情報
  • 残り部分:関東・関西・中部地区の高速道路・一般道路の渋滞情報を、地図型式で表示

また、毎時00分・15分・30分・45分には全国の天気予報とインフォメーションを、毎時30分には航空機の空席情報を放送した。

地方競馬中継[編集]

当チャンネルは有料放送だが、この地方競馬中継は無料で視聴できた。HDチャンネルCh.546では放送されなかった。
2014年3月で終了し、4月以降不定期で「地方競馬ナイン」で中継する。(園田・姫路の一部開催は寄席チャンネルで放送)

鉄道番組[編集]

自社制作
  • 情報特急255→情報特急546(2011年8月13日 - 2012年11月15日 2014年11月2日 - 現在)
  • 中川家礼二の鉄学の時間(2012年3月16日 - 2013年2月15日)[注 13]
  • この時刻表があればご飯何杯でもいける(2012年6月20日 - 2013年4月30日)#11はCh.255でのみ放送された
  • 鉄音アワーTV(2011年8月19日 - 2013年)
  • 鉄道ch大学(2011年12月2日 - 2013年6月)
  • 鉄道カワイイTV(2013年2月2日 - 2013年6月)
  • 駅中(ナカ)・駅前ぶらり旅(2012年9月21日 - 2013年6月)
  • それゆけ!中川電鉄(2013年3月22日 - 2013年6月)[注 14]
  • 水戸岡鋭治特集(2011年8月17日 - 2013年)[注 15]
  • ユーレイル ドイツの旅(2012年12月 - 2013年3月、2013年7月 -2014年6月)
  • 有野いく鉄分はいってますか?(2014年1月1日 - 2014年12月)
単発(特別)番組
  • ヨーロッパ鉄道 ロンドン - ローマ 1450KM走破(2011年9月1日)
  • 新番組プレゼン大会(2011年12月1日)
  • クラブツーリズム号 運行開始!(2012年1月1日)
  • 野月貴弘の鉄道ジオラマ帝国(2012年1月1日)
  • 吉川ひとり旅 番外編 鉄道技術展リポート(2012年2月1日)
  • 鉄音アワーTVスペシャル 鉄道紅白歌合戦(2012年3月2日、2013年2月3日)
  • (鉄道)なかよし討論会(2012年12月31日、2013年2月1日、3月1日)
  • 北条鉄道イベント列車(2013年1月4日、1月23日)
  • この時刻表があればご飯何杯でもいける ダイヤ改正1時間拡大号(2013年2月25日)
  • 三人衆の日本紀行 男の鉄学(2013年3月15日)
  • 女子夜行旅 ムーンライト久野(2013年4月4日)
  • ダイヤ改正情報TV!〜2014春〜(2014年2月3日)
その他

ほか

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2012年9月以前からの契約者がHD放送を視聴するにはCH契約変更が必要。
  2. ^ 2013年7月からの1年間は「吉川ひとり旅 #5」までの放送だった。
  3. ^ ビクトリーチャンネルでは2013年6月から放送されていた。TwellVでは2014年10月8日から放送されている。
  4. ^ TwellVでは2013年から、日経CNBCでも2014年1月から放送されていた。
  5. ^ 放送終了後は、鉄道チャンネルアプリに移行。
  6. ^ 2017年7月・8月は、番組終了後に流れていた。
  7. ^ LINE LIVEにて同年4月から放送。
  8. ^ テレビ埼玉千葉テレビ放送テレビ神奈川三重テレビKBS京都サンテレビジョン等との共同制作。
  9. ^ EXライブとのコラボ番組。両方のチャンネルで放送されていた。
  10. ^ 当初は2017年5月22日に初回放送予定だったが、変更になった。
  11. ^ CS初放送はfoodies TV。ただし一部の回のみ。
  12. ^ CS初放送はMONDO TV
  13. ^ TwellVで2013年4月から 、MONDO TVで2013年7月から放送されている。
  14. ^ #4からはTOKYO MXで2013年6月10日からと、10月28日から2014年1月13日まで放送されていた。MONDO TVでは2014年3月から放送されており、TwellVでも2014年4月9日から放送されている。
  15. ^ a b ビクトリーチャンネルで2013年6月から放送されていた。
  16. ^ ビクトリーチャンネルで2013年6月から東京モノレールと日田彦山線が放送されていた。
  17. ^ CS初放送はファミリー劇場。2013年9月2日からはビクトリーチャンネルで放送されていた。2014年10月6日からMONDO TVで放送されている。
  18. ^ CS初放送はテレ朝チャンネル
  19. ^ 2013年10月からは食と旅のフーディーズTVでも放送されている。
  20. ^ CS初放送はチャンネル銀河
  21. ^ 2015年5月現在、歌謡ポップスチャンネルで放送されている。
  22. ^ CS初放送はヒストリーチャンネル
  23. ^ CS初放送はフジテレビワンツーネクスト。2015年5月現在、BSスカパー!で放送されている。

出典[編集]

  1. ^ 文化通信.com - スカイビジョン、エキスプレスからCS放送事業等5月譲受、CS4ch運営に[リンク切れ]
  2. ^ 「鉄道チャンネル:スカパー!来月開局 多彩なコンテンツそろえ 国内唯一24時間放送」、毎日新聞2011年6月24日
  3. ^ プレスリリース|株式会社エキスプレス

関連項目[編集]

  • エキスプレスが運営する他の専門チャンネル
    • EXスポーツ(2012年11月1日、スカイビジョンから返還)
    • 鉄道チャンネル
  • 鉄道チャンネルの番組に協力している(いた)スポンサー

外部リンク[編集]