ABDA司令部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ABDACOM-Area.jpg

ABDA司令部(ABDAしれいぶ, Australian-British-Dutch-American (ABDA) Command, American-British-Dutch-Australian Command, ABDACOM)あるいは米英蘭豪司令部(べいえいらんごうしれいぶ)とは、太平洋戦争初期において、オーストラリアAustralia)・イギリスBritish)・オランダDutch)・アメリカ合衆国America)が東南アジアでの対日本軍事作戦指揮のため設置した多国籍コマンドである。兵力不足に加えて各国の戦略も統一できず、日本軍の進撃を有効に阻止できなかった。

設置の経緯[編集]

ABDA Japanese attacks.jpg

太平洋戦争緒戦における日本軍の蘭印作戦に対抗するために、アメリカ軍・イギリス軍・オランダ軍・オーストラリア軍はABDA司令部を設置し、ジャワやオーストラリアの防衛のため艦隊を再編した。トーマス・C・ハート(米海軍大将・アジア艦隊司令長官)はカレル・ドールマン少将を司令長官とするABDA艦隊を編成した[1]

組織と権限[編集]

作戦経過[編集]

以下の戦いに参加した。

脚注[編集]

参考文献[編集]