ABBOT KINNEY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ABBOT KINNEY
LOVE PSYCHEDELICOスタジオ・アルバム
リリース
録音 Golden Grapefruit Recording Studio
amp' box Recording Studio
ジャンル ウェストコースト・ロックカントリー
時間
レーベル ビクターエンタテインメント
プロデュース LOVE PSYCHEDELICO
LOVE PSYCHEDELICO 年表
GOLDEN GRAPEFRUIT
(2007年)

This is LOVE PSYCHEDELICO
(2008年)
ABBOT KINNEY
(2010年)
IN THIS BEAUTIFUL WORLD
(2013年)
テンプレートを表示

ABBOT KINNEY』(アボット・キニー)は、日本の音楽グループ、LOVE PSYCHEDELICOの5枚目のオリジナル・アルバムである[1]

概要[編集]

約2年半ぶりとなるアルバム[2]。タイトルは、新たな活動拠点のロサンゼルスに実在するストリートAbbot Kinney Blvd.から付けられた[注 1][1][3]

2008年に長期間滞在したアメリカ西海岸での体験をもとに、ウェストコースト・ロックカントリーミュージックにインスパイアを受けて制作され、重厚だった前作から打って変わって肩の力の抜けた自然体のサウンドの、ある意味で原点回帰とも言える作品[2][3][4][5]アコースティックギターマンドリンペダルスティールなど数多くの楽器をKUMIとNAOKIの二人が演奏し、細かい音色にいたるまでじっくり時間をかけて作り上げたアコースティックな手作りのサウンドとなっている[2][3]

前作から引き続きプライベート・スタジオ「ゴールデン・グレープフルーツ・スタジオ」での制作となり、最後の歌録りとミックス以外の作業の8割はそこで自分たちだけで済ませた[3]。また本作からTOTOの仕事で有名なレニー・カストロがパーカッションで参加している[4]

収録曲[編集]

  1. Abbot Kinney
  2. Beautiful days
    映画『天使の恋』挿入歌
  3. Here I am
    映画『天使の恋』挿入歌
  4. Secret crush
  5. Shadow behind
  6. I'm done
  7. Hit the road
  8. Bring down the Orion
    中部日本放送『赤道大紀行』最終章テーマソング
  9. Happy birthday
  10. This way
    TBSテレビA-Studio』テーマソング
  11. Dr. Humpty Brownstone
  12. Have you ever seen the rain?
    1971年にリリースされた、クリーデンス・クリアウォーター・リバイバルの代表曲をカバー。

楽曲クレジット[編集]

CD
# タイトル 作詞・作曲 時間
1. 「Abbot Kinney」 LOVE PSYCHEDELICO
2. 「Beautiful days」 LOVE PSYCHEDELICO
3. 「Here I am」 LOVE PSYCHEDELICO
4. 「Secret crush」 LOVE PSYCHEDELICO
5. 「Shadow behind」 LOVE PSYCHEDELICO
6. 「I'm done」 LOVE PSYCHEDELICO
7. 「Hit the road」 LOVE PSYCHEDELICO
8. 「Bring down the Orion」 LOVE PSYCHEDELICO
9. 「Happy birthday」 LOVE PSYCHEDELICO
10. 「This way」 LOVE PSYCHEDELICO
11. 「Dr.Humpty Brownstone」 LOVE PSYCHEDELICO
12. 「Have you ever seen the rain?」(カバー) John C.Fogerty

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ Abbot Kinneyとは過去にロサンゼルスにヴェネツィアをイメージしたリゾート地を作ったアメリカの大富豪の名前で、通りの名は彼の名前から付けられた。

出典[編集]