ABAステーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ABAステーション』(エービーエーステーション)は、青森朝日放送で開局以来放送された平日夕方ローカルワイドニュース番組第1号である(=ステーションEYEの青森ローカルパート)。

番組概要[編集]

  • 1991年10月1日の開局から5年半にわたって放送した同局最初のローカルワイドニュース番組。
  • 開局前のサービス放送期間中(1991年9月24日-9月30日)は「ABAニュース&天気予報」として放送していた(当番組初期とフォーマットは同様)。
    当初は15分での放送だったが、1年半後の1993年春に10分拡大した。また、八戸本社(当時)のスタジオから県南の話題を伝えるコーナーもあった。
  • テレビ朝日発の全国ニュース「ステーションEYE」の後で県内ニュース(当番組)・天気予報お天気パレット)をそれぞれ放映している。
  • 週末はABAからのタイトル表記はなかったが、『ANN 530ステーション[1]』→『ステーションEYE ANN』の後半をローカルニュースに当てていた。
    • 題名はテレビ朝日系の夕方・間のニュースワイド「ステーションシリーズ」(当時・夕方の「ステーションEYE」と、プライムタイムの「ニュースステーション」)にちなむ。
  • 1997年3月31日、『スーパーJチャンネル』の開始を期に現在の「スーパーJチャンネルABA」となる。

放送時間[編集]

(「お天気パレット」放送後の18:50-19:00を、アニメの放送に充てていた。『ガタピシ』→『おじゃまんが山田くん』を短縮して放送。)

歴代キャスター[編集]

男性[編集]

女性[編集]

歴代女性キャスターは、後続の「お天気パレット」も兼務していた。

脚注[編集]

  1. ^ 600ステーションは開局前に終了。

関連項目[編集]

青森朝日放送 平日夕方ABAニュース
前番組 番組名 次番組
(開局前)
ABAステーション
青森朝日放送 平日18時45分枠
ABAステーション
ANNスーパーJチャンネルABA
青森朝日放送 平日18時50分枠
アニメ枠
ABAステーション
ANNスーパーJチャンネルABA