AB'S

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
AB'S(エイビーズ)
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
ポップス
AOR
活動期間 1982年
メンバー 芳野藤丸ギターボーカル
松下誠ギターボーカル
山田秀俊 (キーボードボーカル
渡辺直樹ベースボーカル
岡本郭男ドラムスボーカル
旧メンバー 安藤芳彦作詞キーボード

AB'S (エイビーズ)は、日本のバンド

1982年SHOGUN芳野藤丸(G,VO),スタジオワークとソロ活動中心の松下誠(VO,G)、元PARACHUTE安藤芳彦(Key)、元スペクトラムのリズム隊、渡辺直樹(B)、岡本郭男(Dr)で結成。全員が卓越した演奏力と音楽センスを持ち合わせたテクニック指向のスーパーバンド。[要出典]

ツインギターのバトルや安定したリズム隊のノリとともに絶妙のコーラスワークも魅力の一つ。芳野藤丸の完璧な英語発音による渋いボーカルに、松下誠のクールな歌声、渡辺直樹のファルセットボイスが絶妙に交じり合い、安定した演奏に乗った心地よいサウンドを生み出している。[要出典]

2005年からは、キーボードが安藤芳彦から山田秀俊に交替。

略歴[編集]

1982年、芳野藤丸のファースト・ソロ・アルバム「YOSHINO FUJIMAL」レコーディング参加メンバーで集まって結成。芳野、松下、渡辺がAB型、安藤、岡本がA型だったこと[1]、アルファベット順に表記した際上位に来ること、等から、バンド名をAB'Sと決定。その後このメンバーを中心に、桑名晴子の「MOONLIGHT ISLAND」をレコーディング・サポートしている。

1982年12月にシングル「GIRL」を発表、翌年1983年1月にファースト・アルバム「AB'S」をリリース。

1984年にはロンドンでレコーディングしたセカンド・アルバム「AB'S-2」をリリース。なお、このロンドンでのレコーディングがきっかけとなり、ファースト・アルバムに収録されていた「DEJA VU」がイギリスで12インチ・シングルとして発売され、UKアルバムチャート100位以内にランクインしている[2]

その後、松下誠が脱退。

1985年、同じくロンドン録音したサード・アルバム「AB'S-3」をリリースしたが、間もなく活動休止となる。

1988年、芳野藤丸が、新たに、長谷部徹松原秀樹小島良喜を迎えて「AB'S-4」を発表。しかし、これを最後に、暫くAB'Sは活動が途絶える。

2003年、突如オリジナル・メンバーにて活動を再開。2004年には、サイトとライブ会場のみでミニアルバム「A5B3S」が販売された。

2005年、安藤芳彦に代わり、山田秀俊がキーボーディストとして加入。Crossover Japan '05でこの二人が競演を果たしたのを最後に、安藤は作詞家としてのみAB'Sに協力する形となった。

その後、全メンバーがスタジオやライブ・サポート、プロデュースなどの仕事を抱えながら合間を縫って2枚のフルアルバム「NEW」、「BLUE」を発表、ライブハウス・ツアーも敢行した。

2013年、アルファ・ムーン時代のアルバム4枚(「AB'S」, 「AB'S-2」, 「AB'S-3」, 「AB'S-4」) が金澤寿和監修・解説のもとSHD-CD化され、紙ジャケット仕様で限定販売、ライナーノーツには金澤による芳野と松下へのインタビューが紹介されている。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

7インチシングル[編集]

  1. Girl
    1. (A面) Girl (作詞:安藤芳彦/ 作曲: 芳野藤丸)
    2. (B面)Django (作詞:安藤芳彦/ 作曲: 松下誠) ※TBSラジオ番組『サウンドストームDJANGO』テーマソング
  2. Japanese Punkish Girl
    1. (A面)Japanese Punkish Girl(作詞:安藤芳彦/作曲:松下誠)
    2. (B面)One Night in Moscow (作詞: 安藤芳彦/ 作曲:渡辺直樹)
  3. Cry Baby Blues
    1. (A面)Cry Baby Blues(作詞: 安藤芳彦/ 作曲: 芳野藤丸)
    2. (B面)C.I.A. (作詞: Gregory Starr/作曲:芳野藤丸) ※フジカセット GT-1 CMソング

12インチシングル[編集]

  1. Deja Vu ※海外発売のみ (A.B.'s名義)[3]
    1. (A面)Deja Vu(作詞: 安藤芳彦/曲:渡辺直樹)
    2. (B面)Asian Moon (作詞:Jeff Keeling/作曲:渡辺直樹)
  2. C.I.A.
    1. (A面)C.I.A.[Extended Dub Mix]
    2. (B面)C.I.A. [Extended Club Mix]

マキシシングル[編集]

  1. Single (2005)
    1. I My Me
      (作詞: 安藤芳彦/作曲:渡辺直樹)
    2. Dead or Alive
      (作詞: 安藤芳彦/作曲:芳野藤丸) ※OVA『ゴルゴ13〜QUEEN BEE〜』主題歌「Turquoise Blue」リアレンジバージョン(歌詞は異なっている)
    3. Light the Night
      (作詞・作曲:松下 誠)

オリジナルアルバム[編集]

  1. AB'S(1983)
    1. Deja Vu
      (作詞: 安藤芳彦/作曲:渡辺直樹)
    2. Dee-Dee-Phone
      (作詞: 安藤芳彦/作曲:松下誠)
    3. Django
      (作詞:安藤芳彦/作曲:松下誠)
    4. Fill the Sail
      (作詞:安藤芳彦/作曲:芳野藤丸)
    5. Asian Moon
      (作詞:Jeff Keeling/作曲:渡辺直樹)
    6. In the City Night
      (作詞:安藤芳彦/作曲:岡本郭男)
    7. Girl
      (作詞:安藤芳彦/作曲:芳野藤丸)
    8. Just You
      (作詞:Jeff Keeling /作曲:松下誠)
    9. Girl (Single Version) [bonus tracks]  ※2013年発売の生産限定盤SHM-CD紙ジャケット仕様のみ
      (作詞:安藤芳彦/作曲:芳野藤丸)
    10. Django (Single Version) [bonus tracks] ※2013年発売の生産限定盤SHM-CD紙ジャケット仕様のみ
      (作詞:安藤芳彦/作曲:松下誠)
  2. AB'S-2(1984)
    1. Destination
      (作詞: 安藤芳彦/作曲:芳野藤丸)
    2. Japanese Punkish Girl
      (作詞: 安藤芳彦/作曲:松下誠)
    3. Morning Dew
      (作詞:安藤芳彦/作曲:渡辺直樹)
    4. Just a Rainy Blues
      (作詞:安藤芳彦/作曲:芳野藤丸)
    5. Flight 007
      (作詞:安藤芳彦/作曲:岡本郭男)
    6. One Night in Moscow
      (作詞:安藤芳彦/作曲:渡辺直樹)
    7. Correspondence
      (作詞:安藤芳彦/作曲:松下誠)
    8. Do You Remember Me? ※フジカセット GT-1 CMソング 
      (作詞:安藤芳彦/作曲:芳野藤丸) 
  3. AB'S-3(1985)
    1. By the End of the Century
      (作詞: 安藤芳彦/作曲:芳野藤丸)
    2. Heavy Mental Rock
      (作詞: 安藤芳彦/作曲:芳野藤丸)
    3. Far East Express
      (作詞:安藤芳彦/作曲:渡辺直樹)
    4. Ethnic Cosmic
      (作詞:安藤芳彦/作曲:岡本郭男)
    5. Cry Baby Blues
      (作詞:安藤芳彦/作曲:芳野藤丸)
    6. C.I.A.
      (作詞: Gregory Starr/作曲:芳野藤丸)
    7. Borderline
      (作詞:Gregory Starr/作曲:渡辺直樹)
    8. Sequence Life
      (作詞:Jeff Keeling/作曲:渡辺直樹)
    9. Cry Baby Blues (Single Version) [bonus tracks] ※2013年発売の生産限定盤SHM-CD紙ジャケット仕様のみ
      (作詞:安藤芳彦/作曲:芳野藤丸)
    10. C.I.A.(Extended Dub Mix) [bonus tracks] ※2001年発売のCDおよび2013年発売の生産限定盤SHM-CD紙ジャケット仕様のみ
      (作詞:Gregory Starr/作曲:芳野藤丸)
    11. C.I.A.(Extended Club Mix) [bonus tracks] ※2001年発売のCDおよび2013年発売の生産限定盤SHM-CD紙ジャケット仕様のみ
      (作詞:Gregory Starr/作曲:芳野藤丸)
  4. AB'S-4 (1988)
    1. Let Me Go ~
      (作詞: Allan Denis Rich & Dorothy Sea Gazeley/作曲:芳野藤丸)
    2. We Just Missed Each Other 
      (作詞: Michael Himelstein/作曲:松原秀樹)
    3. All You Ever Know  
      (作詞:Michael Himelstein/作曲:小島良喜)
    4. Can't Get Enough of You
      (作詞:Kevin Gorman/作曲:長谷部徹)
    5. Across the Park
      (作詞:Craig Fleishman/作曲:松原秀樹)
    6. You Just Gotta Forget about Time  
      (作詞:Brian Yamakoshi/作曲:小島良喜)
    7. Things Being What They Are  
      (作詞:Michael Himelstein/作曲:芳野藤丸)
    8. Give Back My Heart  
      (作詞:Michael Himelstein/作曲:長谷部徹)
    9. Take A Chance On Me  
      (作詞:Allan Denis Rich & Dorothy Sea Gazeley/ 作曲:芳野藤丸)
    10. I'm Falling  
      (作詞:Susanne M. Edgren & Barbara Hain/ 作曲:小島良喜)
    11. ~Let Me Go(Instrumental)  
      (作曲:芳野藤丸)
  5. New (2005)
    1. Music Crusade
      (作詞: 松下 誠/作曲:岡本郭男)
    2. The Planet in our Hands
      (作詞: 安藤芳彦/作曲:山田秀俊)
    3. Day After Tomorrow
      (作詞:安藤芳彦/作曲:渡辺直樹)
    4. She's Like Falling Rain
      (作詞:安藤芳彦/作曲:芳野藤丸)
    5. Tonight
      (作詞:松下 誠/作曲:山田秀俊)
    6. Round About Midnight
      (作詞:安藤芳彦/作曲:芳野藤丸)
    7. Walking in the Rain
      (作詞・作曲:松下 誠)
    8. Can You Keep It Up!?
      (作詞:安藤芳彦/作曲:岡本郭男)
    9. Always
      (作詞・作曲:松下 誠)
    10. Dream on Dreamer 
      (作詞:安藤芳彦/作曲:渡辺直樹)
  6. Blue (2007)
    1. Ooh Baby
      (作詞: Kane Tominaga/作曲:芳野藤丸)
    2. Night View  
      (作詞: 松下誠/作曲:岡本郭男)
    3. Until the End of Time  
      (作詞:Kane Tominaga/作曲:山田秀俊)
    4. 君がいる奇跡
      (作詞:上新功祐/作曲:渡辺直樹)
    5. Only One
      (作詞:Kane Tominaga/作曲:芳野藤丸)
    6. Summer Wave
      (作詞・作曲:松下 誠)
    7. Un-til the Break of Dawn  
      (作詞:Kane Tominaga/作曲:山田秀俊)
    8. Rhythm of Universe  
      (作詞・作曲:渡辺直樹)
    9. Back to Paradise
      (作詞:安藤芳彦/作曲:岡本郭男)
    10. Into the Light
      (作詞・作曲:松下 誠)

ミニアルバム[編集]

  1. A5B3S (2004) ※公式サイトおよびライブ会場でのみ販売の限定盤ミニアルバム
    1. Last Horizon
      (作詞: 安藤芳彦/作曲:岡本郭男)
    2. The Shadow of the Night
      (作詞: 安藤芳彦/作曲:芳野藤丸)
    3. End of May
      (作詞・作曲:松下 誠)
    4. Catalog Life
      (作詞・作曲:安藤芳彦)
    5. Long Goodbye
      (作詞:安藤芳彦/作曲:渡辺直樹)

ベストアルバム[編集]

  1. AB'S Best Collection ~Moon Years~(2002)
    1. Girl
    2. Cry Baby Blues
    3. Fill the Sail
    4. Deja Vu
    5. Do You Remember Me?
    6. By the End of Century
    7. Destination
    8. Correspondence
    9. In the City Night
    10. C.I.A.
    11. Take a Chance on Me
    12. Things Being What They Are

コンピレーションアルバム(日本国内)[編集]

  1. Light Mellow-City Breeze from East-WARNER Edition (2001)
    1. 風になれるなら [伊藤銀次]
    2. Be With You [村田和人]
    3. Pacific [芳野藤丸]
    4. S-O-O-N [岡崎友紀]
    5. One Hot Love [松下誠]
    6. Fill the Sail [AB'S]
    7. Tropical Fish [濱田金吾]
    8. Photograph~思い出のフォトグラフ~ [PIPER]
    9. 割れた夏 [黒住憲五]
    10. Catarina Island [岡崎友紀]
    11. Straight Ballet [PIPER]
    12. So Long, Mrs. [村田和人]
    13. Who Are You? [芳野藤丸]
    14. Gatsby Woman [濱田金吾]
    15. Cry Baby Blues [AB'S]
    16. Sunset [松下誠]
  2. Crossover Japan '05 (2005) Disc 1 (Disc 2は省略)
    1. 時空 [Rin']
    2. Believin' [NANIWA EXP]
    3. One Damn Groove [NANIWA EXP]
    4. Correspondence [AB'S]
    5. Dead or Alive [AB'S]
    6. ANIMAL MARKET [NATIVE SON]
    7. SUPER SAFARI [NATIVE SON]
    8. Tracing [Non Chords]
    9. tide [Non Chords]

コンピレーションアルバム (海外)[編集]

  1. Street Sounds Edition 9 (1984) (Label: Street Sounds)
    1. (A-1) Someday [The Gap Band]
    2. (A-2) Don't Make Me Wait [Carl Anderson]
    3. (A-3) Night Stalkers [Ingram]
    4. (A-4) Steppin' Out [George Howard]
    5. (A-5) Deja Vu [A.B.'s]
    6. (B-1) Heaven Sent You [Stanley Clarke]
    7. (B-2) Love Me Like This [Reel To Reel]
    8. (B-3) Keep It Comin' [The Jones Girls]
    9. (B-4) This Time [Funk Deluxe]
  2. Classic Jazz-Funk 6: The Definitive Jap-Jazz Mastercuts (1996) (Label: Mastercuts)
    1. Friends And Strangers [Dave Grusin]
    2. Deja Vu [A.B.'s]
    3. Mi Mi Africa [Nobuo Yagi]
    4. Nice Shot [Sadao Watanabe]
    5. Trinkets And Things [Ryo Kawasaki]
    6. Send Me Your Feelings [Terumasa Hino]
    7. Antes De Mais Nada [Pacific Jam]
    8. Hunt Up Wind [Hiroshi Fukamura & Sadao Watanabe]
    9. The Music Inside You [Kazu Matsui Project]
    10. Lament [Toshiyuki Honda]
    11. Rio Funk [Lee Ritenour]
    12. Cadillac Kid [Katsuhiro Morizono]

DVD[編集]

  1. Crossover Japan '05 (Live: Omnibus) Disc 1 (2005)
    1. Will [Rin']
    2. Believin' [NANIWA EXP]
    3. Oriental Makin' Love [NANIWA EXP]
    4. One Damn Groove [NANIWA EXP]
    5. Correspondence [AB'S]
    6. Dead or Alive [AB'S]
    7. Light the Night [AB'S]
    8. SAVANNA HOT LINE [NATIVE SON]
    9. COOL EYES [NATIVE SON]
    10. ANIMAL MARKET [NATIVE SON]
    11. Tracing [Non Chords]
    12. 禁じられた遊び [Non Chords]
    13. BOB [KILLING TIME]
    14. Invitations [シャカタク]
    15. Night Birds [シャカタク]
    16. Billie's Bounce [竹田和夫 CREATION2005]
    17. A Night In Tunisia [竹田和夫 CREATION2005]
    18. 暗闇のレオ [竹田和夫 CREATION2005]
    19. Lester Leaps In [竹田和夫 CREATION2005]
    20. ロンリー・ハート [竹田和夫 CREATION2005]
    21. Spinning Toe Hold [竹田和夫 CREATION2005]
  2. AB'S M.V.C.--Music Video Clips-- (2007) *公式サイトおよびライブ会場のみで販売された200枚限定盤)
    1. I My Me
      (作詞: 安藤芳彦/作曲:渡辺直樹)
    2. Dead or Alive
      (作詞: 安藤芳彦/作曲:芳野藤丸)
    3. Light the Night
      (作詞・作曲:松下 誠)
    4. Music Crusade
      (作詞: 松下 誠/作曲:岡本郭男)
    5. Summer Wave
      (作詞・作曲:松下 誠)
    6. Night View
      (作詞: 松下 誠/作曲:岡本郭男)

エピソード[編集]

  • 芳野藤丸ソロアルバム(2013年発売版)ライナーノーツで紹介されているインタビューによると、新田一郎がスペクトラム結成にあたりメンバーを探していた際、渡辺直樹と岡本郭男を紹介したのが芳野藤丸であったと述べている。(2015年12月13日の「岡本敦男還暦祭」ライブにおいて、「スペクトラムにドラムスとして岡本を紹介したのは自分である」と、芳野本人から言及があった。)
  • 同インタビューで芳野は、松下誠のファーストアルバム「First Light」の収録楽曲「 Love Was Really Gone」のような音楽をやりたいとディレクター小杉理宇造に言い、小杉に勧められたことがきっかけで、ソロアルバムを制作することになったとしている。
  • NEWのライブツアー会場で配布されたフライヤーには、8曲目の「Can You Keep It Up?!」はレコーディングの際、クリックがあるとノリきれないという岡本の希望でクリックなしでレコーディングしたが、冒頭の岡本のカウントが通常より相当長いのでイントロが始まる直前は全員でずっこけた、とある。

脚注[編集]

  1. ^ 2013年、芳野藤丸はfacebookで、自身の血液型をずっとAB型だと思っていたが、この年に行った血液検査でB型であると判明した、と書いている。
  2. ^ 英語版Wikipediaの項参照。
  3. ^ 英国ではAB'Sは「A.B.'s」というバンド表記で発売された。

外部リンク[編集]