a2network

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
a2network株式会社
a2network Corporation
Casa Hanajima 2012-02-11.JPG
本社が入居するカーサ・ハナジマ
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
東京都港区(東京都)港区芝大門1-6-10 4階
設立 2005年11月9日
業種 情報・通信業
事業内容 仮想移動体通信事業 (MVNO)
仮想移動体通信事業者支援事業 (MVNE)
アプリケーションサービス供給事業 (ASP)
代表者 門田 朗人(代表取締役社長)
資本金 238,259,100円
外部リンク http://www.a2network.jp/ http://www.berrymobile.jp/
テンプレートを表示

a2network株式会社(エーツーネットワーク)は、ドイツイギリスベルギータイにおいてベリーモバイルというブランドで仮想移動体通信事業者(MVNO)として携帯電話通信事業を展開している企業である。日本においては仮想移動体通信事業者支援事業(MVNE)のほか、海外出張者や海外渡航者向けのデータ通信サービス事業を展開している。

概要[編集]

携帯電話サービスブランドであるベリーモバイル事業において 海外に住む日本人向け携帯電話サービス事業のMVNOとして現在ドイツベルギーイギリスタイの4カ国に展開。 主に海外在住日本人向けのMVNO事業として日本発のコンテンツや携帯電話サービスなどを提供している。

2010年3月には主に日本から海外への出張者や渡航者をターゲットとした海外データ通信サービス("ベリーデータ グローバル"、"ベリーデータ定額 中国")の提供も開始している。

モバイル支援事業MVNE事業ASP事業も行っており、 ベリーモバイル事業の実運用により培われたシステムとノウハウを基に、業務システム〜端末開発〜回線の調達まで、トータルソリューションをワンストップで提供している。また、顧客管理、契約管理、在庫・物流管理、オンライン販売、プロビジョニング、デバイス管理、顧客サポート、などの多様な業務系機能を低価格なASP形式でのバックエンドシステム(サーバフリー)で提供している。

ベリーモバイル[編集]

海外在住の日本人向けに、現地通信回線の提供および日本語対応または完全日本語可ができる携帯電話(主にスマートフォン)の販売を行なっている。 日本人スタッフが常駐・日本語サポートを行なっており、日本と同じ感覚で携帯電話サービスを利用することが可能。 イギリス・ドイツなどで通常の携帯電話の国際ローミング料金よりも格安な料金で通話、SMSやEメールが利用できる。またメール、SMSも日本語で利用することができる。

通話
ほぼ現地の通信キャリアと同額の料金で通話、データ通信を行うことができる。通話料金、通信料金は状況に応じて細かい設定がされている。
データ通信
国内でのEメール・インターネットなどのデータ通信が無制限で行えるベリーモバイルのオプション(データUnlimited)等がある。2011年9月よりタイでは2段階データ定額プラン(ダブルデータ定額プラン)の提供が開始された。現在はドイツ、イギリス、タイ国内でサービスが行われている。
E-メール
ベリーeメールといわれるメールアドレスをひとつ付与されるほか、その他POPIMAPメールのアカウントを利用してメールをすることができる。ベリーeメール着信通知サービスを利用することでの着信通知を受けるだけでなくiモードメールのように、同時にメールの内容を自動で取得することができる。
SMS
日本語表記でベリーモバイル同士だけでなく、その他のSMS対応機種とやりとりをすることができる。
iチャネル
NTTドコモヨーロッパと共同で英国でのベリーモバイルユーザーは、プッシュ型RSSライクな本サービスが利用可能。

ベリーデータ通信サービス[編集]

USBモデムまたはWi-Fiルーターと、下記のSIMカードとの組み合わせによるデータ通信サービスを利用することができる。 現在、下記のプランが提供されている。

"ベリーデータ グローバル"
世界中どこでも同額ローミング(1KBあたり0.39円、ミニマム300KB課金)となる最大7.2Mbpsのデータ通信プラン。
月額基本料は1,980円。専用のUSBスティックでの利用可能。
契約期間は12ヵ月
"ベリーデータ グローバルⅡ"
世界中どこでも同額ローミング(1KBあたり0.39円、ミニマム300KB課金)となる最大7.2Mbpsのデータ通信プラン。
月額基本料は980円。MiFi2372で利用可能。
契約期間は12ヵ月
モバイルWiFiルータ、MiFi2372
"ベリーデータ定額 日本ミニ"
NTTドコモのFOMAネットワークで利用可能なデータ定額プランとなる下り最大300Kbps超、上り300Kbps超のデータ通信プラン。
月額基本料は2,980円。MiFi2372で利用可能。
契約期間は3ヵ月~
※利用開始日(=出荷日=契約開始日)が11日以降の場合、初月の月額基本料が半額の1,490円になる。
※利用開始日(=出荷日=契約開始日)が21日以降の場合、初月の月額基本料がタダになる。
"ベリーデータ定額 日本"
NTTドコモのFOMAネットワークで利用可能な法人向けデータ定額プランとなる下り最大7.2Mbps、上り5.7Mbpsのデータ通信プラン。
月額基本料は5,980円。MiFi2372で利用可能。
契約期間は24ヵ月
"ベリーデータ定額 中国"
中国(本土のみ)で利用可能なデータ定額プラン。2.5G対応。
月額基本料は6,480円。USBスティックおよびMiFi2372で利用可能。
契約期間は12ヵ月

ドコモサポートデスク[編集]

"海外ドコモサポートデスク"
NTTドコモから委託を受けてのドコモの海外サポートデスクを開設し、短期渡航、海外赴任、留学などをする邦人へのサポートを提供している。
現在はタイ(バンコク)、シンガポールのサポートデスクを運営している。
"ドコモのケータイ電話新規契約の事前受付"
海外に赴任していた人が帰国後すぐに利用することができるドコモのケータイ電話新規契約の事前受付および、現地居住の日本人のお客様向け携帯電話サービスの契約取次サービスを行なっている。
"ローミングサポート"
国際ローミングの利用方法・操作説明、無料充電サービス、盗難・紛失対応などに関するサポートなどを取り扱っている。

沿革[編集]

  • 2005年11月9日 - a2network株式会社設立
  • 2007年5月 - NHKニュース配信を実施
  • 2007年6月 - ベリーeメール着信通知サービス開始
  • 2008年5月 - ベルギー(ブリュッセル)でベリーモバイル開始
  • 2008年9月 - タイ(バンコク)でベリーモバイル開始(翌年4月にBTSプロンポン駅付近にベリーモバイルショップをOPEN)
  • 2008年11月 - ドコモ・ヨーロッパと提携、翌月ベリーモバイルをイギリス(ロンドン)で開始
  • 2009年6月 - ドイツで携帯コミックサービスの試験配信を実施
  • 2009年11月2日 - イギリスでiチャネルサービス開始
  • 2010年2月17日 - 世界各国で展開されているベリーモバイル向けに"+J for S60"の進化系ソフトである"a2j"の提供を開始
  • 2010年3月2日 - ドイツ(デュッセルドルフ)にベリーモバイルショップをOPEN
  • 2010年3月3日 - 日本(東京)でベリーデータ通信サービス("ベリーデータ グローバル"、"ベリーデータ定額 中国")開始
  • 2010年3月31日 - ベリーモバイルポイントプログラム(帰国時にドコモのケータイ購入割引に使うことができる)開始
  • 2010年4月10日 - ベリーモバイルストア(Amazon.co.jp)でモバイルホットスポット「MiFi2372」を販売開始
  • 2010年6月4日 - 日本(東京)で法人向けベリーデータ通信サービス("ベリーデータ定額 日本")開始
  • 2010年7月13日 - 日本(東京)でベリーデータ通信サービス("ベリーデータ定額 日本ミニ")開始
  • 2010年9月30日 - タイ(バンコク)でドコモ サポートデスク バンコクをベリーモバイル店内に併設、サービスを開始
  • 2010年11月11日 - シンガポール(リャンコート)でドコモ サポートデスク シンガポールを開設、サービスを開始
  • 2011年9月1日 - タイ(バンコク)でダブルデータ定額プランサービスを開始

外部リンク[編集]