A-X-L/アクセル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
A-X-L/アクセル
A.X.L.
監督 オリヴァー・デイリー
脚本 オリヴァー・デイリー
原作 オリヴァー・デイリー『Miles
製作 デヴィッド・S・ゴイヤー
リチャード・S・ライト
トム・ローゼンバーグ
ケヴィン・チューレン
ゲイリー・ルチェッシ
製作総指揮 エリザベス・ゲサス
デヴィッド・カーン
アダム・P・シュナイダー
ジェームズ・マクウェイド
出演者 アレックス・ニューステッター
ベッキー・G
アレックス・マクニコル
ドミニク・レインズ
音楽 イアン・フルトクィスト
撮影 ティム・オアー
編集 ジェフ・マカヴォイ
製作会社 レイクショア・エンターテインメント
グローバル・ロード・エンターテインメント
ファントム・フォー・フィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗グローバル・ロード・エンターテインメント
日本の旗インターフィルム
公開 アメリカ合衆国の旗2018年8月24日
日本の旗2019年4月19日
上映時間 98分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 1000万ドル[2]
興行収入 世界の旗$6,501,381[3]
テンプレートを表示

A-X-L/アクセル』(原題:A.X.L.)は、2018年アメリカ合衆国で公開された冒険映画である。監督はオリヴァー・デイリー、主演はアレックス・ニューステッターが務めた。本作はデイリーが2014年に発表した短編映画『Miles』を長編映画化した作品である。また、本作はデイリーの長編映画監督デビュー作でもある。

概略[編集]

A-X-Lは軍が極秘に開発したロボット犬で、前線の兵士たちを援護する役割を担っていた。A-X-Lという名称はAttack(攻撃)、Exploration(探検)、Logistics(支援)の頭文字から取られたものであり、最先端の人工知能を搭載していた。実験中に誤作動を起こしたことが原因で、A-X-Lは砂漠に放置されることになったが、マイルズ・ヒルという青年に発見された。マイルズの手で再起動されたA-X-Lは彼をパートナーだと認識した。A-X-Lとの交流を深めていくうちに、マイルズは自分に自信を抱けるようになった。

その頃、A-X-Lが再起動したことを嗅ぎつけた軍の科学者たちは、血眼になってA-X-Lを奪還するための策を練っていた。彼らは最先端の兵器を取り戻すためならば何でもする気であった。親友となったA-X-Lを守るべく、マイルズはサラ・レイエスと協力して困難に対処していくのだった。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

製作[編集]

2014年、オリヴァー・デイリーはKickstarterで製作費を調達し、短編映画『Miles』を世に出した[4]2015年2月、デイリーはデヴィッド・S・ゴイヤーの出資を取り付け、『Miles』の長編映画化に乗り出した[5]。11月、レイクショア・エンターテインメントが本作の製作に参加すると報じられた[6]

2016年8月、ベッキー・Gが自身のTwitterで本作に出演することを明かした[7]。10月、アレックス・マクニコルがキャスト入りした[8]

興行収入[編集]

本作は『パペット大騒査線 追憶の紫影』と同じ週に封切られ、公開初週末に500万ドル前後を稼ぎ出すと予想されていたが[9]、実際の数字はそれを大きく下回るものとなった。2018年8月24日、本作は全米1710館で公開され、公開初週末に279万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場9位となった[10]

評価[編集]

本作に対する批評家からの評価は芳しいものではない。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには20件のレビューがあり、批評家支持率は25%、平均点は10点満点で3.7点となっている[11]。また、Metacriticには7件のレビューがあり、加重平均値は29/100となっている[12]。なお、本作のシネマスコアはB+となっている[13]

出典[編集]

  1. ^ A-X-L アクセル”. 2018年12月15日閲覧。
  2. ^ Why ‘Happytime Murders’ Reps A Solo Career B.O. Low For Melissa McCarthy In A ‘Crazy Rich’ Weekend – Update”. 2018年8月26日閲覧。
  3. ^ A.X.L.”. 2018年8月26日閲覧。
  4. ^ Miles”. 2018年8月26日閲覧。
  5. ^ David Goyer Tapped To Produce Feature Version Of Oliver Daly Short ‘Miles’”. 2018年8月26日閲覧。
  6. ^ Lakeshore Entertainment Partnering With David S. Goyer’s Phantom Four To Produce Oliver Daly’s ‘Miles’”. 2018年8月26日閲覧。
  7. ^ 5:15 - 2016年8月31日 by@iambeckyg”. 2018年8月26日閲覧。
  8. ^ ‘Transparent’s Alex MacNicoll Joins Oliver Daly’s Pic ‘Miles’”. 2018年8月26日閲覧。
  9. ^ Filthy puppet movie 'Happytime Murders' to battle 'Crazy Rich Asians' at the box office”. 2018年8月26日閲覧。
  10. ^ August 24-26, 2018”. 2018年12月15日閲覧。
  11. ^ A.X.L.”. 2018年12月15日閲覧。
  12. ^ A.X.L. (2018)”. 2018年12月15日閲覧。
  13. ^ 12:56 - 2018年8月25日 by@CinemaScore”. 2018年8月26日閲覧。

外部リンク[編集]