A型貨物船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
A型貨物船
NYK Asaka Maru1937.JPG
浅香丸。1937年撮影。
基本情報
船種 貨客船
船籍 東京市/東京都
所有者 日本郵船
運用者 Flag of Japan.svg 日本郵船
 大日本帝国海軍
建造所 三菱重工業長崎造船所
航行区域 遠洋
建造期間 1935年 - 1938年
就航期間 1936年 - 1944年
計画数 5隻
建造数 5隻
前級 N型貨物船
次級 S型貨物船
要目
総トン数 7,389トン
純トン数 9,600トン
排水量 不明
全長 160.8m
垂線間長 141.02m
19.0m
型深さ 10.50m
12.30m(吾妻丸)
高さ 27.43m(水面から1・4番マスト最上端まで)
9.14m(水面から船橋最上端まで)
12.80m(水面から煙突最上端まで)
機関方式 三菱MS型2DAディーゼル機関1基
三菱MS型複動8MSDディーゼル機関1基(吾妻丸)
推進器 1軸
定格出力 8,000BHP
最大速力 19.0ノット
航続距離 15ノットで36,000海里
積載能力 2,500トン
高さは米海軍識別表[1]より(フィート表記)
テンプレートを表示

A型貨物船とは、日本郵船が運航した貨物船のクラスの一つで、1935年(昭和10年)から1938年(昭和13年)の間に三菱長崎造船所で5隻が建造された。日本郵船における本格的なディーゼル貨物船のクラスの第二陣であり、おもに欧州航路に就航した。太平洋戦争では全船が日本海軍に徴傭され、すべて戦没した。

本項では、主に建造までの背景や特徴、技術的な面などについて説明する。単独項目として作成されている船に関しては、そちらも参照されたい。

建造までの背景[編集]

日本郵船の貨物船隊の主力であったT型貨物船は、1930年代に入ると陳腐化して速力の面では全く勝負にならず、横浜積み出しの生糸輸送は1932年(昭和7年)度の時点で大阪商船国際汽船などのディーゼル船に9割9分[注釈 1]持っていかれる有様であった[2]。それでも日本郵船は、1920年代後半から1930年代前半にかけて命令航路就航の貨客船を「浅間丸」(16,947トン)や「氷川丸」(11,622トン)、「照国丸」(11,931トン)などの新鋭船に置き換えたあと、貨物船部門の改善に取りかかった。第一次船舶改善助成施設ニューヨーク航路向けのN型貨物船を建造し[3]、次いで欧州航路、特に1917年(大正6年)開設のリヴァプール線でブルー・ファンネル・ライン英語版との激しい競争に対応するための貨物船の建造を計画した[4]。これがA型貨物船である。船名の頭文字は、すべて「あ(A)」で始まる。

A型貨物船5隻のうち、「赤城丸」と「浅香丸」の2隻については船舶改善助成施設の適用を受けることとなり、「赤城丸」(第二次船舶改善助成施設適用)の見合い解体船として日本郵船は自社船の中から日本最初の1万トン超貨客船の一隻である「春洋丸」(13,377トン)を、「浅香丸」(第三次船舶改善助成施設適用)のそれには日本最初の7,000トン超貨客船の一隻である「丹後丸」(7,463トン)[5]をそれぞれ充当したが、「丹後丸」の解体はのちに取り消された[6]

一覧[編集]

船名 起工 進水 竣工 備考・出典
赤城丸 1935年12月2日 1936年6月6日 1936年9月10日 [7] 第二次船舶改善助成施設適用船
有馬丸 1936年3月18日 1936年9月18日 1936年11月30日 [7]
浅香丸 1937年2月18日 1937年7月7日 1937年11月30日 [8] 第三次船舶改善助成施設適用船
粟田丸 1937年3月2日 1937年8月5日 1937年12月23日 [8]
吾妻丸 1937年5月3日 1937年10月23日 1938年3月10日 [8]

特徴[編集]

大阪商船の畿内丸型貨物船とくらべて性能が若干下回っていたと評された前級のN型貨物船[9]からは幾分かは改善された。最たる特徴はディーゼル機関であり、「希少種」の機関を搭載していた。

従前のディーゼル機関は単働式であり、馬力を得るために複働式の機関が開発されるようになった。三菱長崎造船所でも提携先のスルザー社からライセンスを得て「7DSD型」と呼ばれる複働式ディーゼル機関を6,700馬力のものと7,600馬力のものの2種類を合計5台製作し、長崎建造分のN型貨物船3隻[注釈 2]と国際汽船の貨物船2隻[注釈 3]に搭載した[10]。ところが、そのうちの「鹿野丸」(国際汽船、6,940トン)がピストン棒を折損する事故を起こし、その他燃焼不良などの故障や整備が面倒なことなど悪評が先行して、スルザー型の複働式ディーゼル機関を採用する船主が続かなかった[10]。そこで三菱長崎造船所では、独自開発のMS型ディーゼル機関を複働式に改造したものを設計し、「MSD型」として開発した[10]。MSD型はすべてA型貨物船に搭載されてその性能をいかんなく発揮したものの[注釈 4]、やはり整備に手間がかかること、それにディーゼル機関の技術革新で単働式2サイクル過給機関が登場するに及んで複働式ディーゼル機関はほとんど廃れ、三菱長崎造船所が製作した複働式ディーゼル機関は、戦前製作分に限って言えば「7DSD型」5台と「MSD型」5台の計10台にとどまった[11]

また、最終船の「吾妻丸」は他の姉妹船とは異なって船首楼付の平甲板型の船型となり、トン数など諸要目も若干異なる[12]

就役[編集]

「赤城丸」と「有馬丸」は竣工後、予定どおりにリヴァプール線に就航するが、ブルー・ファンネル・ラインとの力関係は日本郵船と言えども差を縮めるには至らず、北部ヨーロッパ諸港やハンブルクを結ぶ航路に活路を見出すこととなった[13]1937年(昭和12年)7月からは、パナマ運河経由の東回り世界一周線を開設し、A型貨物船は後級のS型貨物船や国際汽船の貨物船ととも配船された[13]1939年(昭和14年)9月の第二次世界大戦勃発後は、往路が地中海経由ではなく保険料が安かったこともあって好評だったが[14]、間もなく、日米関係の悪化などによって遠洋航路は縮小して優秀船は引き揚げられ、1941年(昭和16年)半ばには定期の遠洋航路は事実上途絶した。「吾妻丸」は昭和16年4月13日に神戸港を出港し6月8日にニューヨーク着、6月24日に出港して8月1日に横浜港に帰着し、戦前最後のニューヨーク線就航船となった[15]

A型貨物船5隻は太平洋戦争開戦前に、時期はまちまちながらすべてが日本海軍に徴傭され、「赤城丸」と「粟田丸」は特設巡洋艦に、「浅香丸」は特設運送艦を経て特設巡洋艦に就いた。また、「有馬丸」は船舶運営会使用船を[16]、「吾妻丸」は特設運送船をそれぞれ経て、タンカー不足を補うため応急タンカー(特設運送船(給油))に改造された[17][18]1943年(昭和18年)に「有馬丸」、「吾妻丸」と特設運送船に転籍した「粟田丸」が戦没し、1944年(昭和19年)には「赤城丸」が2月17日のトラック島空襲で戦没、特設運送船に転籍した「浅香丸」も馬公で空襲により戦没して、戦争終結後の残存船はなかった。

要目一覧[編集]

船名 総トン数/ (載貨重量トン数) 全長/垂線間長 型幅 型深 主機/馬力(最大) 最大速力 出典
赤城丸 7,389 トン
(9,612トン)
141.02 m Lpp 19.0 m 10.5 m 三菱MSD型 ディーゼル機関1基1軸
8,771 馬力
18.9 ノット [19]
有馬丸 7,389 トン
(9,614トン)
141.02 m Lpp 19.0 m 10.5 m 三菱MSD型 ディーゼル機関1基1軸
9,466 馬力
19.3 ノット [20]
浅香丸 7,398 トン
(9,596トン)
141.02 m Lpp 19.0 m 10.5 m 三菱MSD型 ディーゼル機関1基1軸
9,365 馬力
19.2 ノット [21]
粟田丸 7,397 トン
(9,567トン)
141.02 m Lpp 19.0 m 10.5 m 三菱MSD型 ディーゼル機関1基1軸
9,711 馬力
19.3 ノット [22]
吾妻丸 6,645 トン
(9,312トン)
140.70 m Lpp 19.6 m 9.6 m 三菱MSD型 ディーゼル機関1基1軸
9,380 馬力
19.1 ノット [23]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 328,389俵のうち、日本郵船取り扱い分はわずか930俵であった(#日本郵船株式会社百年史 p.276)。
  2. ^ 「能登丸」、「能代丸」、「野島丸」(#創業百年の長崎造船所 p.94)
  3. ^ 「鹿野丸」、「清澄丸」(#創業百年の長崎造船所 p.94)
  4. ^ 特設運送艦時代の「浅香丸」がリスボン発、アフリカ大陸南方経由日本に帰着する40日間の無寄港航海を行って整備をした際、掃除手入れを行わなくても相当日数の航海が可能な状態であった(#創業百年の長崎造船所 p.94)。

出典[編集]

参考文献[編集]

  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • Ref.C08050081200 『昭和十七年版 日本汽船名簿 内地 朝鮮 台湾 関東州 其一(上)』、45頁。
    • Ref.C08050081200 『昭和十七年版 日本汽船名簿 内地 朝鮮 台湾 関東州 其一(上)』、46頁。
    • Ref.C08050081200 『昭和十七年版 日本汽船名簿 内地 朝鮮 台湾 関東州 其一(上)』、47頁。
    • Ref.C08050081200 『昭和十七年版 日本汽船名簿 内地 朝鮮 台湾 関東州 其一(上)』、48頁。
    • Ref.C08050081400 『昭和十七年版 日本汽船名簿 内地 朝鮮 台湾 関東州 其一(上)』、48頁。
  • 三菱造船(編) 『創業百年の長崎造船所』 三菱造船、1957年
  • 財団法人海上労働協会(編) 『復刻版 日本商船隊戦時遭難史』 財団法人海上労働協会/成山堂書店、2007年(原著1962年)。ISBN 978-4-425-30336-6
  • 日本郵船戦時船史編纂委員会 『日本郵船戦時船史』上、日本郵船、1971年
  • 山高五郎 『図説 日の丸船隊史話(図説日本海事史話叢書4)』 至誠堂、1981年
  • 木津重俊(編) 『世界の艦船別冊 日本郵船船舶100年史』 海人社、1984年ISBN 4-905551-19-6
  • 財団法人日本経営史研究所(編) 『日本郵船株式会社百年史』 日本郵船、1988年
  • 松井邦夫 『日本・油槽船列伝』 成山堂書店、1995年ISBN 4-425-31271-6
  • 正岡勝直「日本海軍特設艦船正史」、『戦前船舶』第104号、戦前船舶研究会、2004年、 6-91頁。
  • 林寛司(作表)、戦前船舶研究会(資料提供)「特設艦船原簿/日本海軍徴用船舶原簿」、『戦前船舶』第104号、戦前船舶研究会、2004年、 92-240頁。
  • 松井邦夫 『日本商船・船名考』 海文堂出版、2006年ISBN 4-303-12330-7

関連項目[編集]