PAS染色

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。妖精書士 (会話 | 投稿記録) による 2015年7月29日 (水) 07:49個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (Category:染色を追加 (HotCat使用))であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動
印環細胞癌の病理組織像。PAS染色。
食道カンジダ症。PAS染色

PAS染色(: Periodic acid-Schiff stain)とは組織学病理学において使用される染色法の一つ。PAS染色は主に組織におけるグリコーゲンの証明のために使用される。過ヨウ素酸はグルコース残基を選択的に酸化してアルデヒドを生成し、シッフ試薬によって赤紫色に変色する。適当な染色剤が対比染色のために使用される。