龍門村 (奈良県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。Ecchbz (会話 | 投稿記録) による 2021年1月25日 (月) 12:50個人設定で未設定ならUTC)時点の版であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動
龍門村
廃止日 1956年5月3日
廃止理由 新設合併
吉野町、上市町、中荘村、国樔村、中龍門村、龍門村 → 吉野町
現在の自治体 吉野町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 奈良県
吉野郡
面積 26.63km2.
総人口 3,442
国勢調査1955年
隣接自治体 奈良県:吉野郡吉野町上市町大淀町中龍門村中荘村国樔村宇陀郡大宇陀町
龍門村役場
所在地 奈良県吉野郡龍門村大字平尾
座標 北緯34度24分30秒 東経135度52分20秒 / 北緯34.40836度 東経135.87219度 / 34.40836; 135.87219座標: 北緯34度24分30秒 東経135度52分20秒 / 北緯34.40836度 東経135.87219度 / 34.40836; 135.87219
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

龍門村(りゅうもんむら)は奈良県中部、吉野郡に属していた。現在は吉野町の一部。

歴史

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、佐々羅村・峯寺村・河原屋村・千股村・志賀村・滝畑村・三津村・西谷村・平尾村・津風呂村・山口村・香束村・柳村・色生村・小名村・大熊村・北大野村・牧村・栗野村・田原村・東平尾村・上片岡村・下片岡村の区域をもって発足。
  • 1890年明治23年)9月23日 - 大字大熊・牧・栗野・田原・東平尾・上片岡・下片岡が分立して上龍門村が、大字香束・柳・色生・小名・北大野が分立して中龍門村がそれぞれ発足。
  • 1956年昭和31年)5月3日 - 吉野町・上市町中荘村国樔村・中龍門村と合併し、改めて吉野町が発足。同日龍門村廃止。

経済

産業

『大日本篤農家名鑑』によれば、龍門村の篤農家は「梅谷新人、今井丈三郎、小西楠太郎、小西卯吉、辻本文蔵、野木勘十郎、東輿作、野本熊次郎、阪本彌之助」などである[1]

脚注

  1. ^ 『大日本篤農家名鑑』大日本篤農家名鑑編纂所、1910年、p212(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年6月19日閲覧。

関連項目