鷺宮定跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。2001:268:c1c3:b8d6:ecad:5150:83f8:d6fc (会話) による 2020年12月2日 (水) 11:41個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (→‎概要)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動
987654321 
    
    
    
    
        
     
    
   
     
▲3八飛まで
鷺宮定跡基本図

鷺宮定跡(さぎのみやじょうせき)は将棋の戦法。昭和50年代(1975年 - 1985年)後半、プロ将棋棋士の青野照市が創案し、米長邦雄がタイトル戦で連採したことで広まった。

「鷺宮」の名称は青野と米長がともに東京都中野区鷺宮に住んでいたことに由来する[1]

背景

対四間飛車左銀急戦の一種である。四間飛車側の△3二銀型は居飛車急戦▲4五歩早仕掛けなどの手段を封じ、逆に△4五歩からの角交換などの手段をみて銀の位置を低く備えているが、第1-1図の居飛車舟囲い急戦基本図から△6四歩の高美濃を目指す指し方では▲3五歩と仕掛ける山田定跡が有力であった。

以下△同歩▲4六銀△3六歩▲3五銀△4五歩▲3三角成△同銀▲2四歩△同歩▲同銀△同銀▲同飛△3三角▲2一飛成△2二飛▲同竜△同角という変化で、先手がいったん角成を受けると△2八飛と先行され、△3六歩の効果で桂馬が逃げられず、桂香次々取られて不利を被る。

これに対して▲6八金上として、そこで△6三金または△7四歩ならば、前述の仕掛けを決行し、今度は△6三金型ならば▲5五桂、△7四歩型に対しては▲6六桂(第1-2図)と先手を取りながら角道を遮断できて飛車打ちを先行でき、先手が戦える形勢である。後手にも変化があるものの、飛車先が突破できれば、概ね先手互角以上に戦えていた。

このため、四間飛車側も飛車先突破を容易にしない指し方を工夫する。これが△6三金または△7四歩に変えて、△1四歩や△5四歩とする指し方であり、これなら前述の順からの▲5五桂や▲6六桂が利かない。このため、今度は居飛車側が基本図の△6四歩からすぐ▲3五歩と仕掛ける順に戻り、途中▲2四歩の前にいったん▲7七角(もしくは▲8八角)と自陣角を打ってから▲2四歩とする順を開発した。

四間飛車側も▲2四歩が来る前に△6五歩(△6四角を用意)や△5四角(飛車先遮断と2一の桂にひもをつける)などの工夫をしてしていたが、この手段の他に基本図で△6四歩に変えて先に△5四歩とする手段で対抗。これは▲7七角の際に△5三角を用意した手であり(第1-3図)、▲2四歩△同歩▲同銀に△2七歩~△2六歩の飛車先遮断を可能にした。

これに対しても山田定跡では△5四歩で▲6八金上と△6四歩の交換を入れず▲9七角と覗く手段を用意し、以下▲8六角 - ▲6八角 - ▲6六銀、または▲7九角 - ▲6六銀で引き角戦法にして飛車先突破を狙う手段を編み出す。但しこれも、森安流の左翼を軽く交わす方法が編み出され、居飛車側の勝率が芳しくなくなり、また第1-4図のように△6四歩と△5四歩を先手陣の攻撃陣形が整う前に指してしまえばどちらも防ぐことができる。これについてはそもそも四間飛車側が先手の場合、通常の駒組進行で両方の歩が突く状態になるため、山田流は後手番では指すことができない。

△持ち駒 なし
987654321 
    
    
  
      
        
     
    
    
    
▲持ち駒 なし
第1-1図 対四間飛車急戦基本図[2]
△持ち駒 飛銀歩二
987654321 
     
     
      
      
        
    
     
     
     
▲持ち駒 飛角銀歩
第1-2図 ▲6六桂まで
△持ち駒 歩
987654321 
    
     
  
       
      
     
    
     
    
▲持ち駒 なし
第1-3図 △5三角まで
△持ち駒 なし
987654321 
   
     
    
    
        
     
    
    
    
▲持ち駒 なし
第1-4図 △6四歩まで

このため、後手番での対振り飛車速攻作戦は第1-5図などのように棒銀が使われていたが、第1-6図のように森安流の▲6七金が指されるようになって、四間飛車側の対策が進んだ。

以前は▲6七金では▲6七銀と指し、以下△7五銀▲5五歩△同角▲5六銀~▲6五銀と指すことが多かった。第1-7図は第1-6図から数手進んだ局面で、四間飛車側は先手で▲3六歩が入っているので、第1-7図以下は▲7六銀△7五歩なら▲6五銀△同銀▲同桂△6四銀には▲6一銀があり、△6二飛であると▲5二銀△同金には▲2六角の活用がある。また、第1-7図で▲6六角もあり、以下△4四銀は▲5四銀~▲6六角~▲5五角の狙い、△6五銀には▲1一角成△2二銀▲1二馬△6六歩▲6八金△8九馬は▲6五桂から飛車交換後に飛車を打ち込まれる[3]

また第1-5図の▲3六歩にかえて先手は▲7五同歩もあり、以下△同銀▲7六歩△8六歩▲7五歩△8七歩成▲7六飛△8二飛▲7四歩△7二歩▲7五飛と、軽くさばかれる。

△持ち駒 なし
987654321 
     
    
     
    
       
   
     
   
     
▲持ち駒 なし
第1-5図 ▲3六歩まで
対四間飛車棒銀変化図1
△持ち駒 歩
987654321 
     
    
     
     
       
   
     
    
     
▲持ち駒 歩
第1-6図 ▲6七金まで
対四間飛車棒銀変化図2
△持ち駒 銀
987654321 
     
     
     
     
       
     
    
    
     
▲持ち駒 歩3
第1-7図 △7四銀まで
対四間飛車棒銀変化図3

また、△4二銀型にして早くに動いても▲4六歩を保留した状態で第1-8図のような▲5七角-6八金型にされる他、第1-9図のように△7五歩にすぐ▲6五歩と角交換する手順があり、先手には▲8三角や▲6一角、△8二飛には▲7一角など、角を打ち込むすきが多くある。

△持ち駒 なし
987654321 
    
    
      
    
       
     
  
    
     
▲持ち駒 なし
第1-8図 ▲6八金まで
対四間飛車棒銀変化図4
△持ち駒 なし
987654321 
    
    
      
    
      
     
   
    
     
▲持ち駒 なし
第1-9図 ▲6五歩まで
対四間飛車棒銀変化図5

以上のことから、居飛車は△3二銀-△5四歩待機型に対して、さらに後手番でも指せる、新たな対策が必要となっていた。

概要

この定跡の居飛車側は、左銀待機型(△3二銀または▲7八銀)に対して袖飛車から▲3五歩(△7五歩)と歩の突き捨てから左銀を繰り出して角頭を狙い、角交換から有利な態勢を作って攻めるのが直接の狙いとなる。

先手・後手いずれの四間飛車に対しても使用できる。左銀を5七に構えて繰り出す5七銀左型定跡のひとつであり、先に左銀が4三に上がって角頭に備えている形での4六銀左戦法などと組み合わせて1つの定跡体系となっていて、鷺宮定跡・山田定跡・4六銀左戦法・4五歩早仕掛けは、振飛車側の待機方法によって使い分けることができる。これは先手四間飛車であれば▲5六歩と▲4六歩が指せれてから居飛車側は△4二金とするので、相手にもう1手指させることになり、▲3六歩や▲6七金であると後々△4四桂や△3五桂が利く山田定跡に、▲6七銀ならば4六銀左(△6四銀左)戦法や4五歩(△6五歩)もしくは3五歩(△7五歩)早仕掛けに移行されるからである。広義に鷺宮定跡というと、このことを示している。

狭義の鷺宮定跡は、まず第1-1図もしくは第1-4図で、△5四歩もしくは△5二金には▲6八金と指して△6四歩とさせてから、飛車を3筋に配置して仕掛ける。以下先手は▲3五歩△同歩▲4六銀などという手順で角頭を攻めていく。

先手の▲3五歩に単に△3ニ飛と回り、▲3四歩 △2二角 (△5一角なら▲4六銀)で、手順に▲4六銀と出させないようにするのは、▲2四歩 △同歩 ▲2八飛と戻して、居飛車側が良くなり、以下△3四銀なら、▲2四飛 △2三歩 ▲2八飛で後手は動きがとれず、△3四飛なら▲3五歩 △同飛 ▲2四飛 △3三角 ▲2一飛成 △3八飛成の時に、強く▲3七桂(▲3九歩でも良いが)と跳ねる。▲3五銀と出た形は、棒銀(2六銀)が▲3五歩 △同歩 ▲同銀と捌けたのと同じである。

第2-1図で先手▲3八飛と寄った次の後手の指し手は、三通り考えられる。7四歩とほおっておいて居直る手、△4三銀と角頭を守る手、△4五歩と角交換を挑む手がある。

△7四歩に先手は▲3五歩△同歩と突き捨ててから▲4六銀と出る。この4六銀で平凡に△3五同飛と走るのは、△4三銀▲3六飛に△3二飛と回り、次に(1)△4五歩の决戦と、(2)△2二角で飛交換を迫る手段がある。

(2)△2二角では以下▲4六歩に△2二角▲3五歩で一局。

(1)△4五歩には、▲3三角成に△同銀は▲3五銀とするが、△2七角 ▲3七飛 △4九角成の手順がある。△4九角成は、次に△3六歩 ▲同飛 △2七馬で、先手の飛車をいじめる狙いであるが、これには▲3四歩 △2二銀に▲4四銀 △同銀 ▲同飛 △2二角と引かせ、▲1八角が△3六歩を防ぐと同時に、▲5九金で馬を殺す手が残る。

△3八歩と垂らすなら、▲6九金と引いて手厚く馬を取りにいくことになる。

△4五歩 ▲3三角成に△同桂と取り、▲3五銀△2七角▲3七飛△4九角成と成るのは、▲3四銀と進む手があり、△3六歩 ▲同飛 △2七馬 ▲3九飛 △2八馬 ▲3五飛で、次の▲3三銀成がきびしい。

後手の△7四歩型は、玉が広くなる反面、このような変化で桂を渡す順になると、▲8六桂がピッタリの攻めとなってしまう。

ゆえに後手は△3六歩の手筋で、同飛と取らせて2八の地点にスキをつくり、角の打ち込みに期待する。

△2八角以下の指手は、▲3七角 △同角成 ▲同桂 △2八角である。

△4三銀ならば第2-2図のような進行になる。

△ なし
987654321 
    
    
    
    
        
     
    
   
     
▲ なし
第2-1図 ▲3八飛まで
△歩
987654321 
    
     
   
     
       
     
     
   
     
▲ なし
第2-2図 ▲4六銀まで
△ 角歩二
987654321 
     
     
    
     
      
      
     
    
     
▲ 角
第2-3図 ▲3八飛まで

第2-2図以下は、△3二飛▲3五銀△1五角。▲3五銀に△5一角では、▲3四歩で押え込まれるので、結果△1五角とするが、先手はすぐに▲1六歩と催促することがある。▲4八に銀がいるので、通常の右銀3八飛戦法と違って▲1六歩とでき、以下△3七歩は▲同銀から▲3六銀~▲1五歩。1六歩以下の指手は、△4八角成▲同金△5九銀▲6八銀成△同金▲3六步△同銀▲4一銀。▲4六歩に対して△3七歩と打っても、銀がいるために▲同銀と取られ、▲1五歩で攻めにならない。そこで△4八角成から▲5九銀は、先手は素直に▲5八金右と応じる。以下△3一飛と引き、▲5ニ銀成 △同金 ▲2二角(▲4四銀でもよい)△3ニ飛 ▲3四銀成 △2二飛 ▲4四角で、飛取りと▲7一銀を見せる。

但し△1五角▲1六歩△4八角成▲同金に△2七銀▲3七飛△2八銀不成▲3六飛△1九銀成▲4一角△2九成銀もある。この手順を避けるには△3二飛に▲5七銀上であらかじめ角切りに備えておく手もある。以下△4二角▲3五銀△3四歩▲4六銀引△3三桂には▲3七桂とし、△2五桂▲同桂△2四歩には▲2三歩で飛車を回らせないようにする。以下△2五歩▲2八飛△3五歩▲2五飛△2四歩▲2九飛などの進行で一局となる。

こうして先手が4六銀と出た時に、すぐに△3二飛として居飛車側にやや押え込まれる順よりも、振り飛車側が角交換を挑む手が考えられる。

▲3五歩と突き捨てて▲4六銀と出た時に、△4五歩と突いて角交換を挑む手である。

▲4六銀に△4五歩▲3三角成△同桂▲3五銀△2五桂▲3四歩△3二飛(第2-3図)が主要な定跡である。途中先手から▲3三角成△同桂と角交換してから▲3五銀と進める形で、桂を捌かれるのはイヤと単に▲3五銀と出るのは、△8八角成 ▲同玉 △3二飛 ▲3四歩 △4九角がある。

この時、四間飛車側には、常に2七角と打つ手や、3四歩、3七歩等の手があって、居飛車側は細心の注意を払わないと大変である。

△2五桂に▲3四歩△3二飛と回るこの手で△3二歩とうけるのは、▲2八飛△2四歩▲同銀。以下△3四銀▲3五歩△2三歩の時▲3三銀成の成り捨てが好手で、△同歩に▲3四歩と銀を取れば、歩成りと桂取りがあるので、後手はこの順を避けている。

後手の3ニ飛以下△1一香型を突いて▲3三角△1二香▲1五角成と指すのが主要な変化。△3二飛以下▲3三角に △2七角は ▲2八飛 △3六角成 ▲2六銀の手順が知られた。

その一方で△1二香型だった場合は▲3三角よりも▲6六角または▲3六飛が有力。後手番での鷺宮定跡では振飛車が▲9八香型になっていることが多く、むしろ△4四角または△7四飛が有力となる。振飛車側の△6四角(▲4六角)の反撃が有力手段であるため、できれば振飛車側が△6四歩(▲4六歩)型であることが望ましい。

▲6六角または▲7七角と自陣から遠見の角を打つのは、△3四銀と歩を払い▲同銀 △3七歩 ▲2八飛 △3四飛 ▲2五飛 △3八歩成の変化となる。

△3二飛に▲3六飛と浮いている手について、以下△2七角 ▲2六飛 △4九角成 ▲2五飛 △3四銀 ▲同銀 △同飛 ▲2三飛成 △3八飛成の変化が考えられるが、ここから、▲1六角 △2七歩 ▲2一竜 △3四歩 ▲3九歩もしくは △3八飛成にすぐに▲3九歩と打ち、△4八竜 ▲同金 △同馬 ▲3五角の変化でも、きわどいながら先手が残っているが、この順は後手がたくさん駒を持つ分手陣が薄くなる。△3二飛に、重い手になるが▲3三角と打ち込んで、後手の飛車の捌きを押えるのも、この角は質駒ともなるが、飛車で取ると▲同歩成が銀に当たるために、ほとんど取れない角になってはいる。途中△2七角に変えて△3七歩と打つのは、▲同桂と取り、▲2六銀と引けば前述の順と同じことになる。

△3六角成▲2六銀となると、以下後手が△3四銀か△2四歩なら▲1一角成と香を取っておいて、次の▲3九香と打つ手がある。△3七歩は▲同桂 △同桂成 ▲同銀上で、成角の行き場がなくなる。

△ 角
987654321 
   
     
    
     
       
     
    
    
     
▲ なし
第2-4図 ▲3一角まで
△ なし
987654321 
     
   
   
     
        
     
    
   
     
▲ なし
第2-5図 ▲3八飛まで

また、第2-1図から△4五歩もよく指されていた。これには▲同角成に△同銀(もしくは△同桂に▲3一角又は▲2八飛)で▲3一角が多くみられ(第2-4図、飛車が動くと▲6四角成)、後手が△4四角や△6五歩とすると、先手は▲7七桂から▲3九飛-▲3七桂とし、居飛車側は地下鉄飛車にして陣形がほぼ崩れることなく主導権を握って有利に指すことができる。このため第2-4図で四間飛車側は△4四銀として△3三角打ちを狙いつつ△5五歩▲同歩△同銀と6四の歩にひもをつけてから△4一飛を狙う指し方がある。

この他▲3八飛に▲3一角を事前に防ぐ△4一飛や△4三金、△6五歩などが指されていた。△4一飛や△4三金には今度こそ▲3七銀と棒銀に出ると出足が早く振り飛車の陣形が整いにくく主導権を居飛車側が握れ、△6五歩には▲3五歩△同歩▲同飛から▲3六飛-▲3七桂-▲4五歩の狙いと、素直に▲6六歩△同歩▲同銀から▲6五歩と位取りにする指し方とが生じる。

なお、米長によればこの戦法はプロ棋士にとっても難解・複雑な戦法であり、(アマチュア)初段以下には勧められないものである。勝つ時は苦労し、負ける時はひどいもの。どのような変化になってもやはり玉は振り飛車側が固く、これを指しこなせたら立派な有段者、といったものであると言う[1]

『イメージと読みの将棋観2』(2010年)によると1982年の出現以降、基本図の類似局面の△6三歩-△1二香型(第2-5図)が2010年まで34局指されており、その戦型では先手が13勝21敗となっているという。こうして振り飛車側は、△3二銀型四間飛車に対して先手居飛車側が5七銀左の構えをみせたばあい、△6三歩-△1二香型で対応していた。

同書で藤井猛は鷺宮定跡は棋書ではうまくいかないとして紹介されているとしているが、実際は後手が勝ちにくいとしている。羽生善治は結構複雑でどっちをもってもいい勝負になる、谷川浩司も山田定跡と比べ先手が変化できそうなところがあるとしている。

その後、振り飛車が後手番の場合、先手の▲5七銀左に△5四歩や△6四歩を省略し、先に△1二香や△1四香として待機するさし方もするが、これには▲6八金を省略して▲3八飛という指し方がなされた(新鷺宮流)。

△ なし
987654321 
     
   
  
      
        
     
    
    
    
▲ なし
第2-6図 ▲3八飛まで
△ なし
987654321 
    
    
   
     
        
     
    
    
    
▲ なし
第2-7図 ▲3八飛まで

振り飛車先手でならば▲9八香と▲5六歩が入っているので振り飛車側も対処が可能であるが、△5三歩型で△4三銀は▲3五歩△同歩▲4六銀以下、先手の攻めが続く。よって後手は△4三銀を上げずに△5四歩か△6四歩で待機する事になる。

△5四歩には先手は▲6六歩とし、以下△6四歩(▲6六歩は▲6五歩を狙っている)▲3五歩△同歩▲4六銀△4五歩▲3五銀△6五歩▲5七銀△6六歩▲同銀△3四歩▲同銀などの順が予想される。以降同銀に△6六角なら ▲同角 △3三歩 ▲5七金 △6五銀 ▲8八角 △3四歩 ▲6八飛 △7六銀 ▲2二角成 △3三桂 ▲7七歩、一方で同銀に△4六歩ならば ▲3三銀成 △同桂 ▲9七角 △4七歩成 ▲4二角成 △5八と ▲6二歩 △同金上 ▲5二馬 △同金 ▲5八飛 △4七角 ▲2八飛 △6七銀 ▲同玉 △6九角成 ▲3五角などとなる。

△6四歩の場合は、▲3五歩ならば△同歩 ▲4六銀 △4五歩 ▲3三角成 △同銀 ▲3五銀 △4六歩 ▲同歩 △2七角 ▲3七飛 △5四角成など。このほか、居飛車は▲6八金上と一手待つこともある。以下△7四歩ならば、 ▲3五歩 △同歩 ▲同飛 △4三銀 ▲4六歩 △3二飛 ▲4五歩 △同歩 ▲4四歩 △2二角 ▲3二飛成 △同銀 ▲3七桂 △4六歩 ▲5五角 △2九飛 ▲6六歩で、次に▲4三歩成 △5五角 ▲5二との狙いが生じる。△7四歩に変えて△1四歩ならば、これを▲1六歩と受けると、以下△4三銀 ▲3五歩 △同歩 ▲4六銀 △4五歩 ▲3三角成 △同桂 ▲3五銀 △2五桂 ▲3四歩 △3二飛 ▲3六飛 △4九角の進行で、このとき端の付き合いがあるので▲1八角がない。従って△1四歩ならば先手は▲5五歩とし、以下は△4三銀 ▲3五歩で、△3二飛ならば▲3四歩 △4二角 ▲4六歩 △3四飛 ▲同飛 △同銀 ▲3二飛という進行が知られている。途中△3二飛では△同歩もあり、以下は▲4六銀 △4五歩 ▲3五銀 △3四歩 ▲同銀 △同銀 ▲同飛 △4六歩 ▲5七銀打 △4七歩成 ▲同銀 △4五銀 ▲3五飛 △4六歩 ▲3八銀で、次の▲3七桂をみる指し方である。この▲3二飛があるので、最初にもどっと後手△1二香のところでは△1四歩として▲3八飛(第2-7図)に、△6四歩▲6八金△1五歩と、藤井猛によって端を突き越す指し方もなされた。△1二香の時同様に▲5五歩ならば以下振り飛車側は△4三銀 ▲3五歩 △3二飛 ▲3四歩 △4二角 ▲4六歩 △3四飛 ▲同飛 △同銀 と進んだ時に、▲3二飛の打ち込みでは今度は飛車が狭くなっている。したがって、△1五歩には居飛車側も▲3五歩△同歩を先にしてから▲5五歩とし、以下△4五歩には▲3五飛で、次の▲3七桂の活用、△4三銀ならば▲4六銀 △4五歩 ▲3五銀 △3四歩 ▲同銀 △同銀 ▲同飛 △4六歩 ▲5七銀打などと進めている。

関連項目

脚注

  1. ^ a b 『日本将棋用語事典』
  2. ^ 藤井 2004, p.9.
  3. ^ 週刊将棋編『定跡外伝2』(2002年)では居飛車側が同順で難しいとしているが、『イメージと読みの将棋観』(2010年)では居飛車側先手番で△7三歩、▲2一馬△4ニ飛型で、トッププロのうち渡辺明は「▲2一馬△4ニ飛の交換を入れず、単に▲3六銀ならさらに良し。この局面は先手が勝てないとおかしい」とし、唯一の振り飛車党の藤井猛は「(後手は)馬を作られたうえに、飛車の頭に金がいる。この構えが棒銀に対する最善の受けとは到底思えない」と疑問を呈している。

参考書籍

  • 青野照市、2005、『鷺宮定跡 歴史と最先端』、毎日コミュニケーションズ ISBN 978-4839916985 pp. pp.83-86
  • 原田泰夫 (監修)、荒木一郎 (プロデュース)、森内俊之ら(編)、2004、『日本将棋用語事典』、東京堂出版 ISBN 4-490-10660-2