鶸色

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2019年2月24日 (日) 19:08; お祭りだァ (会話 | 投稿記録) による版 (Yqm (会話) による ID:63468806 の版を取り消し)(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
鶸色
ひわいろ
 
16進表記 #CBC547
RGB  
表示されている色は一例です

鶸色(ひわいろ)とは、マヒワの体色を模した明るいがちの黄緑色のこと。

概要[編集]

鎌倉時代武士礼服に用いた狩衣をまとめた『布衣記』(布衣は狩衣の別名)に、狩衣の色として登場する。

この鶸色のやや緑が強いものを鶸萌黄(ひわもえぎ)といい、江戸時代に刊行された染色指南書の『染物早指南』には「かや こくにつめて 表裏二へんずつ あいけし」と、カリヤスを濃く煮詰めた液でやや濃い黄色に染めた上から、うっすらと藍を重ね染めしていたことがうかがわれる。鶸色もほぼ同じ手法で染めたものと思われる。

池谷信三郎の『橋』には女性の羽織、中里介山の『大菩薩峠』には女性の帯の色として登場するが、江戸時代の流行色で鶸色に茶色がかった鶸茶(ひわちゃ)は、『守貞謾稿』には男性向けの色として紹介されている。

参考文献[編集]