髭櫓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2020年1月23日 (木) 06:14; Ncameno (会話 | 投稿記録) による版(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

髭櫓(ひげやぐら)は狂言の演目。をたくわえた男がそれを巡って女房連合軍と戦うという奇抜な話。

登場人物[編集]

  • シテ:男
  • アド:妻
  • 立衆:女

あらすじ[編集]

大髭が自慢の男が、大嘗会で犀の鉾を持つ役に選ばれたと言って喜んでいる。だが、新しい装束を仕立てるという話に妻は「うちは貧乏でそんな余裕は無い」と役を断るように迫り、さらに「その髭があるのが悪い」と自慢の髭を剃り落としてしまえと言ったため、怒った男は妻を打擲する。これに対して妻は近所の女たちと示し合わせ、熊手長刀などを持った女たちを引き連れ攻めてくる。男は髭の上に櫓()を組んで立ち向かうが多勢に無勢、ついに巨大な毛抜きで髭を引き抜かれてしまう[1][2]。流派によっては男が最後に「くっさめ」と大きなくしゃみをして終わる。

脚注[編集]

  1. ^ 髭櫓”. 文化デジタルライブラリー (2012年5月30日). 2013年3月23日閲覧。
  2. ^ 髭櫓”. コトバンク. 2013年3月20日閲覧。

関連項目[編集]