高尾甚造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2020年10月9日 (金) 02:33; Fukupow (会話 | 投稿記録) による版 (没年月日追加)(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

高尾 甚造(たかお じんぞう、1898年明治31年)9月5日[1] - 1958年昭和33年)10月6日[2])は、昭和時代前期の朝鮮総督府官僚。江原道知事、慶尚北道知事。

経歴[編集]

高尾武造の三男として熊本県葦北郡日奈久村(日奈久町を経て現八代市)に生まれる[1]1921年(大正10年)高等試験に合格し、翌年、東京帝国大学法学部政治科を卒業する[3]。同年、朝鮮総督府に出仕し、江原道属として学務課長、官房主事、地方課長などを歴任したのち黄海道に転じ、同地方課長、警務局勤務、外務事務官を務めた[3]。ついで忠清南道咸鏡北道、慶尚北道各警察部長、新京出張所長、駐満大使館朝鮮課長などを経て、1940年(昭和15年)9月、江原道知事を拝命し、1941年(昭和16年)11月に慶尚北道知事となった[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 帝国秘密探偵社 1943, 朝鮮61頁.
  2. ^ 「高尾 甚造氏(東京家裁調停委員)」『朝日新聞』、1958年10月8日、10面。
  3. ^ a b c 日本官界情報社 1942, タ21頁.

参考文献[編集]