飯塚一幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。118.21.29.223 (会話) による 2020年10月18日 (日) 13:57個人設定で未設定ならUTC)時点の版であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動

飯塚 一幸(いいづか かずゆき、1958年 - )は、日本歴史学者大阪大学大学院文学研究科教授。専門は日本近代史。

来歴・人物

長野県生まれ[1]。1982年に京都大学文学部を卒業し、1988年に京都大学大学院博士後期課程単位取得退学[1]舞鶴工業高等専門学校専任講師、佐賀大学助教授、大阪大学准教授を務める[2]。2010年1月に大阪大学教授に就任した[2]

近代日本の地域社会論や、士族反乱自由民権運動を研究している[2]

著書

  • 『明治期の地方制度と名望家』(吉川弘文館、2017年10月)
  • 『日本近代の歴史3 日清・日露戦争と帝国日本』(吉川弘文館、2016年12月)

共編著

出典

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 飯塚一幸”. 吉川弘文館. 2018年1月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月18日閲覧。
  2. ^ a b c 日本史学”. 大阪大学文学研究科・文学部. 2018年1月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月18日閲覧。