電子移動反応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2013年3月30日 (土) 00:04; Addbot (会話 | 投稿記録) による版 (ボット: 言語間リンク 7 件をウィキデータ上の d:q902898 に転記)(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

電子移動反応(でんしいどうはんのう)とは、狭義には一電子の移動が起こる反応であり、素反応の一つ。広義には、狭義の電子移動反応を鍵反応とするもの全てを指すことが多い。一般に、電子を与えるものを電子供与体(電子ドナー)と呼び、電子を受け取るものを電子受容体(電子アクセプター)と呼称する。酸化還元反応は、必然的に素反応として電子移動反応を含む。電子移動反応速度については基本的にマーカス・ハッシュ理論で説明され、ルドルフ・マーカスはこの業績により1992年度ノーベル化学賞を受賞している。

電子移動反応のうち、基底状態から進行する電子移動反応を熱電子移動、光励起状態から進行する電子移動反応を光電子移動という。