防黴剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2016年9月9日 (金) 08:15; 106.185.89.207 (会話) による版 (*防黴剤)(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

防黴剤(ぼうばいざい/ぼうかびざい)とは、カビの発生または増殖を防ぎ、あるいは除去するための薬剤。普通は工業用途、食品用途(食品添加物ポストハーベスト農薬も含む)あるいは飼料添加物に用いるものを指す。工業用途では「ぼうばいざい」、食品用途では「防かび剤」「かび防止剤」などと呼ぶ場合が多いが、特に決まりはない。

カビ以外の真菌、または細菌藻類にも効く物質を含み、分野によっては広い意味の防腐剤抗菌剤などに含める場合もある。

[編集]

その他[編集]

農薬ではカビ・細菌を標的とするものを併せて殺菌剤という。また医薬品でカビ(あるいは真菌)による感染症の治療に用いるものは抗真菌薬という。これらは防黴剤とは呼ばないが、互いに一部共通の化合物(群)も用いられる。