閉性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2020年4月14日 (火) 13:39; 106.181.149.253 (会話) による版(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

数学において、与えられた集合がある演算あるいは特定の性質を満たす関係について閉じている (closed) あるいはその演算がその集合上で閉性(へいせい、: closure property; 包性)を持つとは、その集合の元に対して演算を施した結果がふたたびもとの集合に属することを言う。複数の演算からなる集まりが与えられた場合も、それら演算の族に関して閉じているとは、それが個々の演算すべてに関して閉じていることを言う。

閉包[編集]

集合上に必ずしも閉じていない演算あるいは関係および性質が与えられたとき、もとの集合を拡大して得られる適当な集合上で演算が閉じるようにすることができる。任意の性質 P二項関係 R が与えられたとき、性質 P を満たし R を含む最小の関係を RP-閉包あるいは P-包と呼ぶ。